テニス ストローク

ストローク

リラックスしたテイクバックには、「スロートに添えた手のひらで、ラケットをフワッと」持ち上げてみよう

ストロークのテイクバック、いかにリラックスした状態でラケットをセット出来るか・・・。

これって本当に、大事なポイントなんですよ。

みなさん、何気なくラケットを後ろに引いている、感じだとストロークは遅れますよ。

そしてつい、力んでしまう。

これを解消するには、こういうコツ、試してみて下さい。

 

リラックスしたテイクバックには、「スロートに添えた手のひらで、ラケットをフワッと」持ち上げてみよう

 

1.テイクバックは、後ろではなく「上」に

ストロークのテイクバック、基本を確認しましょう。

構えた状態は、しっかり利き手と逆の手のひらでラケットのスロート、を支える。

握るというよりは添える感じ、ですね。

この添えた手で、ラケットを「上方向にフワッと」上げる感覚、で準備してみて下さい。

後ろに引く、感じじゃなくて上にラケットをほおり投げる感覚。

それで顔の横、くらいをラケットが通過して、後ろにいく・・・のが、ストロークの良いテイクバック。

リラックスしていれば、自然とそう動いてくれると思いますよ。

 

2.ラケットは一旦上にいって、その後下から前に出ていく

ラケットは一旦、上方向にいく。

その後に、後ろにいくような感覚で良いでしょう。

実際には、骨盤から身体をひねっていく動作が入りますので、ラケットを「後ろに引く」というような感覚は無くて良い。

リラックスして、上にフワッとほおってみる。

これくらいの感覚で良いんですよ。

 

3.ラケットの先、を意識してみよう

出来るだけ、ラケットの先端を意識する。

上方向を向いて、後ろを指して、その後遅れて前に出ていく。

ストロークって、どうしてもグリップあたりに意識がいきませんか?

ラケットの先端、に神経が通っていると思って下さい。

その先端、にまで神経をとがらせて、しっかりボールを打っていく。

身体に近いポイントを意識すると、力が入りますからね。

リラックスするのに、一番はラケットの先端に意識を置くことです。

 

4.フワッとほおるのは、相手のボールがネットを越える前

相当速い、ですよ。

このフワッと上にほおるタイミングは。

相手が打って、ネットを越える前、ボールが放たれて0.2秒以内には反応したいですね。

実際に、速いテイクバックの肝は、これですよ。

上方向、だと思えば楽ですよね。

後ろに引くっていう言葉、だと重たいし遅れそう。

上にフワッとラケットをセットする。

ストロークのコツは、これだけで完結です。

 

5.ラケットが高い位置にあると、相手は怖い

威圧感のある構え、に自然になると思います。

ストロークのテイクバック、ラケットを高い位置にセット。

これは、相手からするとすごく嫌、どこにでも打たれそうに感じるはず。

特に、試合に強い、相手をよく見る相手ほど効きます。

アナタ自身、嫌じゃないですか?こんな構えされたら・・・しかも、速く、正確に。

ぜひ、鏡の前で試してみて下さい。

 

自分の構え、どんどん鏡で確認しましょうね。

多少、ナルシストな精神は大事ですよ、テニス選手にとって。

「今日の俺も、強そうだな・・・」と、思える構え、テイクバックになっているかどうか。

自分自身で、確認してみましょう!

ピックアップ記事

  1. 会社にも持っていける、社会人にオススメのラケットバッグ
  2. 「寒暖差が激しい時期」のテニスにお勧めなアームカバー
  3. ベイビーステップ 46巻 は、シングルスの試合の駆け引きの描写が秀逸
  4. リアクションボールを使って、イレギュラーバウンドへの対応力を磨こう!
  5. スピンサーブ習得の秘密兵器に、「スピンサーブマスター」を使ってみない?

関連記事

  1. テニス ガスケ

    ストローク

    攻撃的なフラットショットを打ちたいなら、ラケットの振り幅は小さい方が良い

    フラットショット、私はどちらかと言えばほとんど使わない。と言い…

  2. テニス ストローク

    ストローク

    深いボールに振り遅れる人は、「ターンの速さ」の改善で強くなれる!

    試合に強い選手は、ストロークが安定している。安定感があるように…

  3. テニス リターン

    ストローク

    スライスのフォロースルー、実は「長過ぎる」人が多い

    ストロークやボレーでもよく使う、スライスという技術。みなさんは…

  4. テニス 楽天

    ストローク

    テニスの試合に勝てる選手は、「ラリーの中で、プレーとプレーを繋げる攻撃」が上手いから勝てる!

    試合に勝てる選手は、「ポイントを作るのが上手い」とよく言われます。…

  5. テニス ボレー

    ストローク

    ストロークがビビって入らないときは、〇〇が多いことに気付こう!

    試合中に、まず皆さん経験したことがあるでしょう。ストロークが、…

  6. テニス スライス

    ストローク

    クロス方向にしっかりストロークをスライスで打ちたい人は、「ボールの外側にラケットを入れる」ことで安定…

    試合の中で、スライスのストロークを使う機会、どれくらいあるでしょうか?…

特集記事

  1. テニス ストローク

    ロブ

    「取らせるロブ」を身に付けることで、ネットプレイヤーに対してショットの幅が拡がる…
  2. テニス テニスボール

    その他

    オリンピック開幕直前!今振り返りたいテニス競技の名勝負動画
  3. テニス メンタル

    練習メニュー

    「練習中、新しい事にトライしてる?」練習環境を見直すとテニスはもっと強くなる!
  4. テニス ボレー

    ボレー

    V字型の動きが出来れば、ネットプレーは劇的に上手くなる
  5. テニス サーブ

    サーブ

    周りが苦手なことを、「自分も苦手」に決め付けていないか?
PAGE TOP