テニス 準備

ストローク

高く弾むチャンスのようなボール、はどの高さでストロークするのが良い?

高くバウンドしたボール、これをストロークで打ち返す。

グランドスマッシュを打つほどのバウンドではないけど・・・どうしよう・・・と、悩んでしまう時。

みなさん、打点の高さ、どうでしょうか?

ハッキリ言えることは、フォアハンドで打てる打点の高さ、まだまだ低いということです。

今回は、改めて高いバウンドの攻撃出来るとき、のストロークの打点の高さについて書いてみたいと思います。

 

高く弾むチャンスのようなボール、はどの高さでストロークするのが良い?

 

1.高いバウンドでも、腰の高さが打ちやすい?

よく見る光景は、この打点。

高いバウンドでも、打点を落として腰くらいの高さで打っている方、が多いということ。

これ、確かに打ちやすいしコントロールしやすいのかも知れませんが、私はあまり良い選択だとは思いません。

やはり、肩の高さ、くらいで打ちたいんですよ。

高いバウンドで打てるなら、まずフォアハンドで回り込む、そして肩の高さでボールを打つ。

この意識があれば、きっとスピード感のある攻撃が出来るはず。

高い打点、からの攻撃は本当に現代テニスの要になる部分。

腰の高さ、まで落とすというのは安全策なようで、実は危険なんです。

 

2.それだけ、相手に時間を与えているということ

きっと、アナタ自身のチャンスということは相手は追い込まれている。

やっと触って返球して、慌てて戻らないといけないような場面でしょう。

そこで、アナタ自身が1バウンドして、2バウンドしないように腰の高さ、で打つことって、どうでしょう。

結果的に、相手を助けていること、になります。

僅かな差と思うかも知れませんが、肩の高さで打つのと、腰の高さで打つのとでは時間に差がある。

それに、相手への威圧感も違う。

やっぱり試合をしていて、腰の高さまで落としてストロークを打つ相手って、怖く無いんですよ。

時間も与えてくれるし、プレッシャーに感じない。

もしかしたら、アナタ自身が相手にそう思われているかも知れませんよ。

 

3.「でも、高い打点は力が入らない・・・」という方には

まずしっかり、ラケットの先を立てましょう。

空に向けて、グリップの位置よりもラケットの先が上にあるような状態で、肩の位置で打てるように。

ボールの内側、自分の身体に近い側をつぶしてスピンをかけるようなイメージ、で振り抜いてみて下さい。

意外と、力は伝わりやすいですし、良いボール打てると思います。

腰の高さのスウィング、でそのまま肩の高さを打とうと思うと、脇が空き過ぎて辛いですから。

脇は、軽く空けるくらいで良い。

肘の位置も、上げ過ぎないで良い。

自然体でスウィングして、ボールの横をつぶすくらいの感覚で十分です。

 

4.基本はどんどん、フォアハンドに回り込むこと

この打ち方、でどんどん周り込んでいきましょう。

特に女性のベテラン、シニアのみなさんですね。

両手バックハンドの方が、何となく安定して返りそうですけど、それでは進歩が無い。

もっとしっかり、フォアハンドで攻撃していく意識、で肩の打点でボールを捕らえること。

この意識、だけできっと最初の反応が違うはず。

こういうテニスをやられると、相手は嫌ですよ。

ただ粘る、高い軌道で返球するだけだとやられてしまいますからね。

プレッシャーを与える、肩の高さでの打点、練習していきましょう!

 

「それは若い人のテニスでしょ」という声、私は異を唱えたい。

今のラケット、ガットなら、みなさんでも出来ます。

やってみて難しければ、一緒に考えましょう。

自分でやらないで判断する、のはもったいない。

腰の高さまで落として打つ、くらいもったいないと私は思いますよ。

ピックアップ記事

  1. iphoneでテニス動画を撮影するなら、三脚ホルダーのスマホスタンドを使おう!
  2. いつからヨネックスのシューズは、こんなにカッコ良くなったんだろう
  3. 体幹の筋力アップに、意外とリーズナブルな「シットアップベンチ」を1台どうですか?…
  4. 塗り直し不要で、男性にもお勧めの日焼け止め 「ビオレUV アクアリッチ」
  5. 都内でラケットバッグを持ち歩くのは辛い!人は、「ecbo cloak」でラケバを…

関連記事

  1. テニス メンタル

    ストローク

    「苦手ショットに陥る人たち」を改善する為の、有効な打点と対策法

    毎日毎日色んな人にレッスンをしてるんだけど、当然レッスンを受けてくれる…

  2. テニス ボレー
  3. ストローク

    「腰が引けてるよ!」テニスの試合でストロークが安定しない人の共通点とは?

    シングルスの中の繋ぎのショットってかなり重要である。ダブルスだった…

  4. テニス 調子

    ストローク

    テニスのストロークにおける、「攻守の切り替え」とは、即ちグリップチェンジです

    テニスのストロークで、攻守の切り替えが曖昧になっている人、いませんか?…

  5. テニス ストローク

    ストローク

    ドライブボレーは実は、並行陣を崩す最終兵器になる

    手堅い並行陣、をどう崩していくのか。ベテランプレイヤー、は本当…

  6. ストローク

    「たかがショートラリー、されどショートラリー」は、テニスの試合で使える大事な要素が詰まっている!

    「さぁ、今からテニスをやろう!!」ってコートに立った時、最初に何を…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. その他

    「テニスの数え方」試合の中でどう戦うかをスコアの中で考えてみる
  2. テニス 言葉

    ボレー

    自分の感覚が鋭いエリアは、どこだと思う?
  3. テニス ストローク

    メンタル

    テニスの試合は、残酷ですが「勝敗を分けるのは、ほんの僅かだけど大きい差」であるこ…
  4. テニス ストローク

    フットワーク

    「コート上だと、足が遅い!?」、テニス選手に必要なボールを追いかける走り方につい…
  5. その他

    試合に勝てる選手になりたいなら、「同じシチュエーションで自分が取ったポイントパタ…
PAGE TOP