テニス 準備

ストローク

高く弾むチャンスのようなボール、はどの高さでストロークするのが良い?

高くバウンドしたボール、これをストロークで打ち返す。

グランドスマッシュを打つほどのバウンドではないけど・・・どうしよう・・・と、悩んでしまう時。

みなさん、打点の高さ、どうでしょうか?

ハッキリ言えることは、フォアハンドで打てる打点の高さ、まだまだ低いということです。

今回は、改めて高いバウンドの攻撃出来るとき、のストロークの打点の高さについて書いてみたいと思います。

 

高く弾むチャンスのようなボール、はどの高さでストロークするのが良い?

 

1.高いバウンドでも、腰の高さが打ちやすい?

よく見る光景は、この打点。

高いバウンドでも、打点を落として腰くらいの高さで打っている方、が多いということ。

これ、確かに打ちやすいしコントロールしやすいのかも知れませんが、私はあまり良い選択だとは思いません。

やはり、肩の高さ、くらいで打ちたいんですよ。

高いバウンドで打てるなら、まずフォアハンドで回り込む、そして肩の高さでボールを打つ。

この意識があれば、きっとスピード感のある攻撃が出来るはず。

高い打点、からの攻撃は本当に現代テニスの要になる部分。

腰の高さ、まで落とすというのは安全策なようで、実は危険なんです。

 

2.それだけ、相手に時間を与えているということ

きっと、アナタ自身のチャンスということは相手は追い込まれている。

やっと触って返球して、慌てて戻らないといけないような場面でしょう。

そこで、アナタ自身が1バウンドして、2バウンドしないように腰の高さ、で打つことって、どうでしょう。

結果的に、相手を助けていること、になります。

僅かな差と思うかも知れませんが、肩の高さで打つのと、腰の高さで打つのとでは時間に差がある。

それに、相手への威圧感も違う。

やっぱり試合をしていて、腰の高さまで落としてストロークを打つ相手って、怖く無いんですよ。

時間も与えてくれるし、プレッシャーに感じない。

もしかしたら、アナタ自身が相手にそう思われているかも知れませんよ。

 

3.「でも、高い打点は力が入らない・・・」という方には

まずしっかり、ラケットの先を立てましょう。

空に向けて、グリップの位置よりもラケットの先が上にあるような状態で、肩の位置で打てるように。

ボールの内側、自分の身体に近い側をつぶしてスピンをかけるようなイメージ、で振り抜いてみて下さい。

意外と、力は伝わりやすいですし、良いボール打てると思います。

腰の高さのスウィング、でそのまま肩の高さを打とうと思うと、脇が空き過ぎて辛いですから。

脇は、軽く空けるくらいで良い。

肘の位置も、上げ過ぎないで良い。

自然体でスウィングして、ボールの横をつぶすくらいの感覚で十分です。

 

4.基本はどんどん、フォアハンドに回り込むこと

この打ち方、でどんどん周り込んでいきましょう。

特に女性のベテラン、シニアのみなさんですね。

両手バックハンドの方が、何となく安定して返りそうですけど、それでは進歩が無い。

もっとしっかり、フォアハンドで攻撃していく意識、で肩の打点でボールを捕らえること。

この意識、だけできっと最初の反応が違うはず。

こういうテニスをやられると、相手は嫌ですよ。

ただ粘る、高い軌道で返球するだけだとやられてしまいますからね。

プレッシャーを与える、肩の高さでの打点、練習していきましょう!

 

「それは若い人のテニスでしょ」という声、私は異を唱えたい。

今のラケット、ガットなら、みなさんでも出来ます。

やってみて難しければ、一緒に考えましょう。

自分でやらないで判断する、のはもったいない。

腰の高さまで落として打つ、くらいもったいないと私は思いますよ。

ピックアップ記事

  1. 「最近使い始めた、ホワイトボードみたいなのって何ですか?」のご質問
  2. 汗でグリップが滑りやすい人は、「Prince Grip Plus」がオススメ
  3. 大事なテニスウェアを汚したくないなら、シャープの超音波ウォッシャーを持ち歩こう
  4. 暑くも寒くも無い時期には、「アームカバー」で体温調整を
  5. 準備しておいて絶対に損は無い、試合会場でのトイレ事情について

関連記事

  1. ストローク

    テニスの試合でバックハンドを振りきれない、「スライス依存症候群」に陥ってはいないか?

    試合中、精神的に苦しくなることはよくあること。自分もビビってい…

  2. テニス ストローク

    ストローク

    当たり前だけど、「ネットに近ければ近いほど」ドロップ系のショットは打ちやすくなる

    ドロップ系ショット、皆さんちょっと誤解しているかも。プロ選手の…

  3. テニス ストローク

    ストローク

    ライジングショットを打つのも大事、返せるようになるのも大事

    試合に出ていると、気付くはずです。ライジングショット、自分が打…

  4. テニス ストローク

    ストローク

    深い!と思ったら上にフォロースルー、で回転をかけていこう

    相手のストロークが深い、どうしても自分の足下にボールがバウンドしてしま…

  5. テニス ボレー
  6. テニス ストローク

    ストローク

    硬式テニスの試合では「薄いグリップで粘るスライス」を身に付けないと、守備範囲が拡がらない

    ATPファイナルの試合を観ていても、大きく相手に振られた際にはスライス…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス メンタル
  1. テニス フットワーク

    戦術

    ある程度攻めて来る相手の方が戦いやすい、だから・・・?
  2. テニス リターン

    その他

    テニスの試合中に、「ラケットを強く握り過ぎて握力が無くなる人」は、下3本の指で支…
  3. 戦術

    試合で使える「チップ&チャージ」の基本5つ
  4. テニス グッズ

    テニス知識

    最近のテニスで、私が役立っている&欲しいモノ5選
  5. テニス メンタル

    戦術

    アナタのナイスショットは、相手にとってどうなの?
PAGE TOP