テニス 練習

シングルス

シングルスの試合で求められるパッシングショットは、速いストレートとショートクロスが基本です

シングルスの試合、基本はストロークラリーの勝負が8割くらい。

今のテニス界では、ベースラインからのプレーが得意な選手が多い・・・と思っていると、たまに対戦するサーブ&ボレーヤー、ネットプレイヤーに面食らってしまう。

しっかりと、パッシングショット、準備しておきましょう。

シングルスの試合で求められる基本を身に付けておけば、ダブルスにも活かせるのでお勧めです。

 

シングルスの試合で求められるパッシングショットは、速いストレートとショートクロスが基本です

 


 

■相手ネットプレイヤーの実力は、ポジショニングで分かる!

相手のネットプレーのレベル、それはボレーする前からある程度分かる。

まずはポジショニング。

しっかりと自分が打ったボール、つまりアナタのポジションに合わせて調整が出来ているかどうか、が大事です。

ネットプレイヤーからすると、ストレートをパッシングで抜かれるコースを、まずは塞ぎたい。

一番最短距離ですので、抜かれやすいですからね。

クロスは逆に少し空けておいてもOK、くらいの待ち方が出来る相手は手強い。

しっかりネットに出て来た相手のポジション、把握しておきましょう。

 

 

ストレートのコースは速め、ショートクロスのコースは遅め、でOK。

クロス方向に速いショットは、一番ネットプレイヤーにとっては対応しやすい。

ストレートのコースはネットも高いし、速いパッシングショットは難易度が高い。

でもこのコースにしっかり打てないと、シングルスの選手としては未熟。

この覚悟で、頑張りましょう!

 

■ストレートには速く、クロスには遅く沈めるくらいのショットで

パッシングショットは、コースによって球種を変えたい。

ストレート側には速いボール、そしてクロスにはショートクロス気味に打てると有効。

ベースラインからのストロークをそのまま、パッシングショットにしようとしたら無理がある。

まず、クロス方向への普通のストロークは、パッシングショットに向かない。

相手が前にいる中で起動が高いストローク、一番危険です。

しっかり相手がネットにいる状態でのパッシングショット、ストロークと分けて考えましょう。

 

■基本はこの2コース、+ロブで完璧!

まずはこの2つのコースを、しっかり練習する。

その後に、前にど詰めされると辛いので、ロブを準備する。

最初からロブ・・・だと、相手にも読まれてしまいますし、消極的なプレーにしかならない。

だからこそ、まず鍛えたいのはパッシングショット。

2種類をしっかり出来るようになって、シングルスの試合でも積極的に使っていきましょう。

ロブだけに頼るようなプレー、にはならないように・・・。

 

今回、初めて手書きのイラスト、入れてみました。

文章だけだと分かり辛い・・・という声をたくさん頂きましたので、少しずつ変えていきたいと思います。

汚い図で申し訳御座いませんが、お付き合い頂ければと思います!

ピックアップ記事

  1. これからの冬のテニスに最適な、ネックウォーマー4選
  2. 男子シングルスの試合を戦い抜くなら、大量発汗にも耐えうるタオルチョイスを
  3. テニスのニューボールの状態を維持出来る、「ボールキーパー」って?
  4. 高音質で防水仕様のワイヤレスイヤホンは、テニストレーニングに最適
  5. ストローク練習機「ピコチーノ」は、素振りの質を高めてくれるはず

関連記事

  1. テニス ダブルス

    シングルス

    シングルスの試合で、ここぞの場面で役立つカウンターショットの使い方10選

    シングルスの試合、でぜひみなさんに身に付けて欲しい技術。相手の…

  2. テニス 戦術

    シングルス

    シングルスの試合でミスが早い人は、オープンコートを意識し過ぎかも

    シングルスの試合は1対1で戦う分、オープンスペースが広く感じてしまう。…

  3. テニス フットワーク

    シングルス

    レベルの高いシングルスの試合では試してみたい、「ドロップボレー誘導作戦」とは?

    ネットに出て行ってドロップボレーをよく使う。どういう時にドロッ…

  4. テニス サーブ

    シングルス

    シングルスの試合で、使えるネットプレーの考え方7つ

    シングルスの試合、みなさんも出たり観たり、たくさんして来たと思います。…

  5. テニス ボレー

    シングルス

    シングルスの試合で、「リズム良くサーブを打ってくる、調子が良さそうな相手」には、深いリターンで正面を…

    昔のアガシ選手がそうでしたが、サーブをリズム良くポンポン打ってくる相手…

  6. テニス シングルス

    シングルス

    テニスのシングルスの試合、「簡単なミスをしない為」に必要な意識5つ

    シングルスの試合、プロ選手の試合であれば「エース」で決まるポイントは多…

特集記事

  1. テニス メンタル

    サーブ

    「左利きはサーブに有利?」その発想は、右利きのアナタをも使える戦略です
  2. テニス メンタル

    フットワーク

    テニスにおける予測とは、「相手がどこに打つか?」だけだと足りない
  3. テニス ストローク

    ボレー

    ボレーで身体が開く人は、ラケットを持たない手のひらを使おう!
  4. テニス メンタル

    ボレー

    テニスの試合で、「ファーストボレーのアウトが多い」ときは、アンダースピンのかかり…
  5. テニス ボレー

    ボレー

    ダブルスの試合で必須な技術、「相手リターンでのストレートアタックに備えるブロック…
PAGE TOP