テニス 団体戦

メンタル

試合になると、相手が気になり過ぎる方へ

試合って、ほとんど初対面の人と打ち合いますよね。

相手が気になる、それが当然。

でも、必要以上に恐れる必要はありません。

今回は、試合に挑む時に必要なちょっとした意識、について書いてみます。

相手が気になってしょうがない、という方は必見です!

 

試合になると、相手が気になり過ぎる方へ

 


 

1.実力に、大きな差はない

まず、大前提としてこれです。

対戦相手と自分、そんなに違いはないんだと。

果てしなく強ければ、別な大会のカテゴリに出場しているはず。

だから、多少打ち込まれることはあっても、気にしない。

実力に大差は無い、だから恐れる必要は無いんだと。

この意識を持って入れば、客観的に観察出来るようになるでしょう。

これも慣れ、が大事ですが、試合に出続けて負け続けてしまうと、周りのみんなが強く見えてしまうこともありますよね。

自分を信じるというよりも、相手を信じる。

「自分とそんなに、変わらないですよね」と問いかけながら、試合をしてみましょう。

 

2.良いショットを打てば、動かれてもOK!

ダブルスでよくあるケースですが、前衛を避けようとしないこと。

良いボールを打てば、良いんです。

ポーチに出られても、何をされても怖く無い。

しっかり振り切ったショットであれば、相手もそう簡単に決めることは出来ない。

だから、自分は良いショットを打つことに集中する。

相手が気になっても、「触らせてあげようかな」くらいの感じで良い。

相手が触っても、そこからミスしてくれるかも知れないですしね。

テニスは、触っただけでは得点にならない。

何も、焦る必要は無いですよ。

 

3.「どう思われるか?」を、気にしても無意味

あとは、対戦相手に「自分はどう思われているんだろう・・・」と、気になる方も多いですよね。

これは、もう「敵」としか思われていない、と。

私はそう割り切っています。

敵として、どう思われているのかを考えましょう。

ボレーが上手いと思われているのか、サーブは大したことない、と思われているのか。

気にするなら、そこですよ。

人間としてどうとか、そういうのは一切考える必要はありません。

それに、そこまで相手に興味を持っている選手も少ないですよ、実際。

 

4.全てはアナタ自身の考え過ぎ

な可能性、大です。

相手はそこまで、何も考えていませんし、気にする必要は無い。

相手は自分にとって敵、だから倒す為に何が必要かを考える。

恐れる必要も無いし、試合が終わった後のことを考える必要もありません。

堂々と、良いボールを打って勝負する。

ダブルスなら、前衛は気にしない。

これで良いんじゃないですかね。

 

ダブルスでリターン、私はよくこの言葉をかけます。

「相手の前衛、気にしないで良いよ」と。

励ましでもなく、本当にそう思っているんです。

しっかり踏み込んだリターンなら、絶対に大丈夫。

このひと声があると、だいぶ違いませんか?

ぜひ、次の試合からパ―トナーに一言、声かけてみて下さい。

ピックアップ記事

  1. テニスの試合で「足裏の皮膚が荒れてしまう方」にオススメな、皮膚保護専用クリーム「…
  2. テニスコーチ時代に、最高に憂鬱だったこと
  3. Zatous(ザータス)の大容量バッグインバッグは、ラケットバッグと相性ピッタリ…
  4. iphoneでテニス動画を撮影するなら、三脚ホルダーのスマホスタンドを使おう!
  5. これからの暑い時期にあると便利な、「高速製氷機」とは?

関連記事

  1. テニス ダブルス

    メンタル

    自分を「上手く見せよう」というテニスは、もう止めにしませんか?

    私は、カミングアウトさせてもらうと非常に見栄っ張りです。いつも…

  2. テニス サーブ
  3. メンタル

    「全部取ろう」、「全部入れよう」とするから、試合で自分を苦しめてしまう

    テニスの試合、みなさんはどんなポイントの獲得意識で入ってますか?…

  4. テニス メンタル

    メンタル

    テニスの試合で、「勝負所で攻撃的にプレーする」為に準備したい4つのこと

    テニスの試合、勝負の分かれ目は試合中盤の「ある1ポイント」だったりする…

  5. テニス 試合

    メンタル

    「なぜ、アナタは見た目だけでテニス選手の実力」を判断してしまうのか?という問題は深刻です

    試合会場に着いて、自分の名前が呼ばれる、または控えの試合に入る。…

  6. テニス メンタル

    メンタル

    際どい判定でリズムやメンタルが崩れるテニス選手は、上に勝ち上がれない典型例

    試合でこういう場面、から崩れていく人多いですよね。プロの試合で…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス ボレー

    ボレー

    ローボレーが苦手で浅くなる人は、「もう一度踏み込む足」を意識して下半身から打とう…
  2. テニス ロブ

    ストローク

    ロブがいつも甘くなる人は、「軌道の頂点をどこに置くか?」をまず考えて打てば攻撃的…
  3. テニス メンタル

    メンタル

    テニスの試合では、「ゲームポイントの1つ前のポイントに、全精力を注ぎたい」その理…
  4. テニス ルール

    メンタル

    アナタはこの動画を観て、何を感じるだろうか?
  5. テニス メンタル

    ストローク

    ネットミス、アウトミスを減らすストロークの大原則
PAGE TOP