テニス 練習

練習メニュー

テニスが上達するに従って、「テニスの練習自体」も上達しているだろうか?

テニスが上手い人、上達が早い人は「練習」も上手い。

「練習に上手い、下手・・・なんてあるの?」と思った方も多いと思いますが、強豪校や試合に強いサークルの練習は実に効率的。

皆さんは、練習をすること、それ自体の能力は上がってますか?

 

テニスが上達するに従って、「テニスの練習自体」も上達しているだろうか?

 


 

1.「練習」は「試合」から逆算していく

試合で求められること、を練習する。

言ってみれば当たり前のことですが、これがなかなか難しい。

練習が下手な人は、練習すること自体で満足しているので、試合では練習とかけ離れたプレーになってしまう。

要は自分次第、ですが、練習を上手く実施していくという意識は大事。

試合から逆算して、必要なものを優先して練習していく。

この工夫と実践力が、練習力、です。

 

2.練習が上手くなるということは、自分から「提案出来る」ということ

テニススクールのように、コーチが仕切ってくれる場所もある。

ですが、仲間内で練習したり、部活でも今ではほとんどの学校が「生徒主体」で練習を考え、実施しているはず。

ここで、練習が上手い人は「提案力」がある。

「今日はこういう練習をしよう。なぜなら・・・」

この、「なぜなら」がポイントです。

自分とチームを客観的に観て、必要な練習を常に考えておく。

そして、勇気を持って周りに提案していく。

こういう行動力こそ、練習力に直結していくと私は考えています。

 

3.練習メニュー、自分で考えよう!

個人練習でも、チーム練習でもそうです。

提案する勇気がない、という人はまず自分で考えてみましょう。

「毎日、ショートラリーからストレートラリー、ボレー球出し、ゲーム形式・・・同じことばっかりだな。。」と、疑問を持つことから始まる。

きっと、アナタやアナタのチームが出来る練習はもっと無限にある。

自分で練習を考えることによって、人が考えたメニューにも自分の意見が持てるようになる。

そうなると、自然に練習する力も上がってくる。

練習力の向上は、自分から考えて動く以外に道は無いのです。

 

普段は、同じことの繰り返し。

繰り返し同じことを練習するということは・・・正直、マイナスな要素もあります。

「それ以外のこと」が苦手になります、からね。

試合に不向き、だとは思いませんか?

ピックアップ記事

  1. 「第1回 読者ミーティング」を開催します
  2. ベイビーステップ 46巻 は、シングルスの試合の駆け引きの描写が秀逸
  3. テニス選手に必要なトレーニングは、「重り付き」縄跳びでしっかり身に付く
  4. 晴雨兼用のビッグパラソルは、テニス選手なら欠かせないアイテム
  5. 準備しておいて絶対に損は無い、試合会場でのトイレ事情について

関連記事

  1. 練習メニュー

    練習が締まるかどうか、を人任せにしてはいけない

    良い練習が出来るときと、あまり出来ないとき。この差って、みなさ…

  2. テニス 練習

    練習メニュー

    テニスの練習では、「何を身に付けていつ使うのか?」を常にイメージしよう

    テニスの練習、皆さんどんなことを「意識」出来ているでしょうか?…

  3. 練習メニュー

    「動く練習と緊張する練習」テニスの試合で活きる緊張感が練習では大切!

    練習メニューってどうやって決めている?ストロークラリーなんか盛…

  4. テニス スマッシュ

    練習メニュー

    「センターセオリー」を体感したければ、一度センターストラップを外してみると良い

    普段、楽させてもらっている部分。これを外してみると、「やっぱり…

  5. テニス メンタル

    練習メニュー

    試合の現場で絶対に欲しいポイント、をイメージしながら練習しないと

    みなさん、記憶にありませんか?試合で絶対に取りたかった、あの1…

  6. テニス 構え

    練習メニュー

    「最高のラリー練習方法って?」テニスの試合で使える練習法はシンプルイズベスト

    効果的な練習方法ってないですか?よくそういう質問を受けるんだけ…

特集記事

  1. テニス メンタル
  1. テニス メンタル

    ストローク

    深い山なりなスピンボールは、「下がらずにライジングショットで打つ」為に必要なポイ…
  2. テニス テニスノート

    戦術

    相手のナイスポイント、の後に間を空けて考えることは・・・?
  3. テニス マナー

    練習メニュー

    部活の練習で、「試合に近い環境で勝負勘を養う」為には、ポイントシチュエーションを…
  4. テニス サークル

    練習メニュー

    大学生からサークルでテニスを初めても、どんどん上達していく人の特徴4つ
  5. テニス メンタル

    ストローク

    片手バックハンドストロークは、何を武器に戦っていこうか?
PAGE TOP