リターン

「何だ、このサーブ楽勝じゃん」と思った試合ほど、危ない

気が付かないうちに、油断してしまう。

これは、テニスの試合でよくあること。

特に試合の序盤で、相手のサーブについて「いける!」という感触を持つのは怖い。

本当に怖いこと、なんです。

 

「何だ、このサーブ楽勝じゃん」と思った試合ほど、危ない

 


 

1.「楽勝」なサーブなんて無い

みなさんも、経験あるはず。

「なんだ、このサーブなら余裕じゃないか」と思った試合ほど、勝てない。

サーブって、一番最初に相手の武器の中で警戒する部分、ですよね。

そのサーブが、そんなに速くない、回転も少ないと、つい安心してしまう。

まだ試合が始まったばかりなのに、ブレイクは余裕とか考えてしまう。

これが、アナタ自身の弱さでもあります。

 

2.緩いサーブは、リターンが難しい

そもそも、ここが結構誤解されてます。

緩いサーブって、自分から打っていかないといけない。

でも、リターンは普段基本的には合わせる、感じでの返球が多いじゃないですか。

ここで違うショット、という感じになってしまって面食らって、思ったような攻撃が出来なくなるんです。

打つのか、合わせるのか。

この迷いが消えないままに、いつの間にかキープされてブレイク出来ない、ミスばかり増えていく。

これでは、試合に勝てないでしょう。

 

3.緩いサーブはハッキリと前に入って、ネットプレーにつなげる

私が意識しているのは、これです。

もう何度も書いて来ましたが、緩いサーブは前に入って打つ。

だって、自分の方向に伸びて来ない訳ですから、待っていたらどんどん打点が下がるだけ。

自分から前にポジションを変えて、しっかりライジング気味に高い打点で打つこと、が大事。

そこからネットプレーに移行することで、相手へもプレッシャーをかけることが出来る。

緩いサーブを打って来る相手は、まず「入れること」で精いっぱいははず。

入れた後に相手がいきなり前、みたいなシチュエーションは慌てると思うんですよね。

ですので、ネットプレー、リターンダッシュと組み合わせることが一番お勧めです。

 

4.リターンで決めようとしない、ブレイクが目的

あくまで試合で大事なのは、相手のサービスゲームをブレイクすること。

これが一番、大事なことです。

どんなに緩いサーブでも、一発で決めようとしないこと。

そんなに甘いものじゃないですよ、テニスって。

どんなにリターンで攻撃しても、相手も慣れて来ますから。

大事なのは、そのゲームをいかにブレイクするか、ということです。

バリエーションを増やして、リターンから確実に優位に立つこと、主導権を渡さないこと。

これを何より意識してみて下さい。

 

サーブにホッとする、そんな試合は危ない。

緩いサーブの相手は、それだけ攻撃されることも慣れているし、カウンターも上手い。

アナタ自身の心の隙を、見逃してはくれないでしょう。

本当の闘いは、長く険しい。

緩いサーブは、じっくり料理していきましょう。

ピックアップ記事

  1. 水で濡らして絞って振れば、何度でも冷たくなるタオルが使える
  2. プロテニス選手を目指したいなら、英語は必須!実用的なテキスト5つ
  3. 学生さんや社会人プレイヤーにもお勧め!「タッチ系テニス」に適したガット3選
  4. 「HEADのボールって、実際どうなの?」の質問にお答えします
  5. 「プリンス キャスター付きボールカゴ」が、やっぱり一番使いやすい

関連記事

  1. テニス リターン

    リターン

    「上級者限定!」ダブルスの試合でリターンするのときに、前衛を足止めする裏ワザ

    今回は、私が実際にトッププロとして活躍する選手に聞いた、ダブルスリター…

  2. テニス リターン

    リターン

    リターンゲームからリズムを作れると、サービスゲームも楽

    私が審判をしていた10年以上前は、男性の選手はほぼ8割、トスに勝ったら…

  3. テニス メンタル

    リターン

    サーブを打つときに「リターンの名手、はテニスの大会で厄介な相手」事前の準備で対応策を!

    サーブは苦手だけどリターンは得意!という方、たまにいらっしゃいます。…

  4. リターン

    相手がクイックサーブで、リターンに苦労するときには?

    相手がクイックサーブで、リターンがやり辛い。これ、結構多いと思…

  5. テニス 練習

    リターン

    「セカンドサーブを叩ける」相手には、ペアで息を合わせて!

    ちょっとしたコツですが、ダブルスの試合での声の掛け合い方について。…

  6. テニス リターン

    リターン

    ビッグサーバーを崩すには、まず「ブレイクポイントを作る」ことから

    サーブが強力な相手に、どう戦うのか。なかなかチャンスを作れない…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス 調子

    ダブルス

    「ダブルスペアとのポイント間の話し合い」って、テニスの試合で実際どうやってる?
  2. テニス ストローク

    ストローク

    ラケットヘッドを立てれば「高い打点のストロークも回転をかけやすい」から女性にもお…
  3. テニス サーブ

    サーブ

    テニスの試合で力んでサーブが入らないときは、ほとんどが「上から押さえ込み」過ぎて…
  4. ボレー

    バックバンドハイボレーは、「振り幅を小さくする」だけでパワーと安定感の両方がアッ…
  5. その他

    試合で相手に「打ち込まれる」態勢、取れてる?
PAGE TOP