ストローク

現代テニスのストロークでは、「テイクバックは身体のターン」で充分完了です

ストロークで打点が一定しない、いつも違うフォームで打っている感じがする・・・と、悩んでいる方は多い。

準備を速くすれば解決する問題、とも単純には言えないので今回はこのテーマで書いてみたいと思います。

現代テニスでは、ストロークはターンで準備完了!くらいのシンプルな意識で良いでしょう。

 

現代テニスのストロークでは、「テイクバックは身体のターン」で充分完了です

 


 

■上半身をターンさせることで、準備完了!

ストロークで準備を速く、というのは何度も書いてきました。

しかしテイクバックしながら移動もしないといけないし、下半身も打つ前には固定しないといけない。

そう考えると、「やることいっぱいで、分かんない!」となりそうですよね。

上半身は、顔を残してターンする。

右利きの方のフォアハンドであれば、左肩を前、右肩を後ろ、という形を素早く作ること。

まずはこのスピードを意識しましょう。

 

■ターンした瞬間は、スロートに手が添えられていて良い!

ターン=テイクバックですね!と思った方、少しだけニュアンスが違います。

例えば私のフォアハンドであれば、ターンした瞬間はまだ両手でラケットを持っている。

ラケットのスロート部分に左手を添えて、しっかり両手でラケットを支えている状態です。

そこから上方向に上げてラケットダウン、打点に入っていくようなイメージです。

バックハンドでも、同じですね。

片手バックハンドの人は、利き腕と逆の腕でターンした瞬間はラケットのスロート部分を支えるようにしておくとバランスが良いでしょう。

 

■ターンの速さが、ストロークの精度を決める!

このターンが速く出来ると、何が良いのか。

とにかく準備がまず、速くなりますよね。

それから打点に合わせて高さも調整しやすい。

ターンさえ速く出来るようになれば、低い打点に対しては低く、高い打点に対しては高く準備が出来るようになります。

ターンした後でも、自分で調整出来ますしね。

とにかくこの癖を早く、速く、身に付けましょう!

 

ターンはするけど、顔は残す。

顔を残していると、しっかりボールを観れるはずです。

テニスの試合では、「ターンして顔だけ残っている形」で過ごす時間が多い。

ということは・・・そう、首周りの筋肉を柔らかくしておく必要がありますね。

試合前後でしっかり、ストレッチはしておきましょう!

ピックアップ記事

  1. テニスに必要な筋力トレーニング、リストウェイトが効果的です
  2. 寒くなる季節の変わり目に、テニスの試合で折り畳み式ブランケットは欠かせない
  3. 冬のテニスのマストアイテム、手袋選びは勝利への近道
  4. 読者ミーティング用にプロジェクターを買ったら、コスパ最高だった
  5. 多動力こそ、これからの時代のテニス選手に必要だと思う

関連記事

  1. テニス ストローク

    ストローク

    並行陣相手でも怖がらずに、ショートクロスのときこそラケットを振り切っていこう

    ダブルスの試合で、相手が並行陣になると急に手詰まり、になってしまう方。…

  2. テニス フットワーク

    ストローク

    「ストロークのスピードコントロールは、回転量で」出来るようになるとミスが減って安定します

    テニスは回転量を操るスポーツ。特に試合では、ボールスピードをコ…

  3. テニス フットワーク
  4. テニス メンタル
  5. ストローク

    勝負どころで、1球多く返すのに必要な意識とは?

    試合に強い人は、最後までしぶとい。本当に粘り強い人って、トーナ…

  6. テニス コントロール

    ストローク

    相手のストロークに押されやすい人は、「漠然と待たずに、適度な予測」が出来るようにしていきましょう

    ストロークラリーはただ繋げるだけ・・・という方も、試合に出れば相手を攻…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

特集記事

  1. テニス メンタル

    シングルス

    シングルスの試合で有効な、ドロップショットの使い方5つ
  2. テニス メンタル

    メンタル

    アナタは一人で走っている?だったらここまで辿り着いていますか?
  3. テニス ボレー

    リターン

    ダブルフォルトは、「積極的にもらいに」いかないと!
  4. テニス データ

    戦術

    テニスの試合の中で、「感覚とデータを迷える」ようになったら一人前
  5. テニス ボレー

    ダブルス

    テニスのダブルスにおいて「ポーチからのアングルボレー」が打てない前衛は怖くない
PAGE TOP