メンタル

努力に必要なのは、勝算

「テニスを頑張りたいけど、どうも続かない」

「モチベ―ションが落ちると、上がるのが難しい・・・」

というみなさん、悩んでいる方も多いと思います。

努力できない、そんな自分を責めるのはもう止めませんか?

それはきっと、アナタ自身がダメだからとか、そういう話では無いと思うんです。

 

努力に必要なのは、勝算

 


 

1.努力している人は、ある意味伸びない

逆説的ですが・・・私は、こう思っています。

努める力、つまりは自分の中でずっと何かを、努めている感覚。

テニスを頑張るんだ、頑張るんだ、と鼓舞している姿勢はすごく良いと思いますが、それが「辛い」ことになってはいないか。

努力=辛い、は続きません。

特に私たちのような社会人、シニアのみなさんは、努力の概念を変えていく必要があるでしょう。

自分を責めても、結果的に強くはなれない。

努力を続けている、同時にモチベーションに波がある人は、何かを変えないと厳しいです。

 

2.勝算は、あるか?

努力が、しっかり勝ちにつながる。

これが感じられるうようになると、テニスは楽しくなる。

努力改革、とでも言いましょうか・・・何か、自分で感じられるようになること、が大事なんです。

例えば、私はこのサイトを運営しながら、「こうすればもっと、みなさんが読んでくれるかな・・・?」というのを考えて、色々トライしています。

それが、実際のページビュー数やアンケートの回答数、等に反映されると、嬉しい。

勝算があること、を続けていく自信も生まれる。

だから、ある意味努力ではないんですよね。

無理せず、自然にやっていること、になっていく。

勝算があれば、辛いことなんてなくなっていくんです。

 

3.勝算は、自分で逆算していこう

テニスでは、逆算力が大事。

「こうすれば、ポイントが取れるんだな」

「こうすれば、勝てるんだな」

というのをイメージしながら、逆算していく。

だったら、最初のショットはどういう風なもの、が良いのか。

それを打つ為には、何が必要なのか。

早い準備、フットワーク、予測、色々ありますよね。

こういうものを整理して練習すれば、自分の中で勝算が立っていく。

強い人がやっていることって、ただこれだけ、ですから。

 

4.「努力」とは、結果論

T-PRESSを更新していると、たくさんのお便りを頂きます。

「こんなに更新出来るなんて、すごく努力家なんですね」と、頂くケースも多いです。

ですが、私は全くそんな感覚、ではないんですよね。

他の方がスマフォでゲームをしたり、YOUTUBEを観ているのと同じ感覚で、この記事を書いています。

そっちの方が楽しいし、自分の中ではある意味、勝算があるんです。

だから、努力って結果論。

毎日、このサイトを見て頂いている方も、すごい努力だと思いますよ。

それが辛くなくなっているなら、間違いなくテニスは強くなっているはず。

とは言え、私自身まだまだ勉強不足ですので、これからも精進し続けていきます。

 

勝算をイメージしながら、整理する。

これが、結果的に努力につながっていくんじゃないかなと。

テニスだけじゃないと思います。

どこかで辛いと感じていることは続かないし、試合にも強くなれない。

努力家のみなさんだからこそ、客観性を意識してみて下さい。

ピックアップ記事

  1. YouTubeチャンネル登録200人、ありがとう御座います
  2. バランスクッションを使って、テニス選手に必要なバランス感覚を養おう
  3. 冬のテニスのマストアイテム、手袋選びは勝利への近道
  4. ストローク練習機「ピコチーノ」は、素振りの質を高めてくれるはず
  5. 【学生限定 先着順!東京都練馬区開催】1,000円で3試合できる T-PRESS…

関連記事

  1. メンタル

    技術の前に、攻撃のメンタルが足りない

    テニスにおいて、技術は大事。でも、その技術を身に付けるベース…

  2. メンタル

    負けること以上に、勝つことから逃げてはいけない

    テニスの試合は、必ず勝敗が付く。当然勝ちたいし、その為に頑張…

  3. テニス メンタル

    メンタル

    「自分を盛り上げてくれるのは自分しかいない」のです

    セルフコントロール、出来る人は試合で強い。特に、自分で自分を鼓…

  4. テニス メンタル

    メンタル

    テニスの試合で、「綺麗に美しく勝ちたい」と誰もが思いながら、負けていくという事実

    皆さん、今年はどんなテニスで一年を戦いましたか?色々チャレンジ…

  5. テニス ボレー

    メンタル

    ネット際に落ちるボールは、チャンスボールでは無い

    テニスというスポーツの中で、ネット際に落ちるボール。それは、チ…

  6. テニス メンタル

    メンタル

    0-6というスコア、テニスは恥を知る機会が絶対的に少ない

    テニスの試合、ほとんどの試合は1セットマッチ。早ければ30分く…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス リターン

    ストローク

    スライスのフォロースルー、実は「長過ぎる」人が多い
  2. テニス スマッシュ

    戦術

    テニスの試合に勝つためには、「スタートダッシュが大原則」である
  3. テニス 練習

    ストローク

    「自分のストロークに相手が慣れてきたな…」と感じたら実践したい5つのチェンジオブ…
  4. テニス ストローク

    シングルス

    シングルスの試合で有効なのは、フォアハンド側への連続攻撃
  5. テニス メンタル

    ダブルス

    相手の前衛に触られても、とにかく慌てないことが一番
PAGE TOP