テニス ダブルス

ダブルス

テニスのダブルスの試合で「試合中に雰囲気がすぐ悪くなるペア」の特徴4つ

ダブルスの醍醐味はコンビネーション。

長くペアを組んでいるペアはもちろん、即席のペアでも優れたコンビネーションを発揮してトーナメントを勝ち抜いていくペアもいますよね。

反対に、いつまで経っても良いコンビネーションが築けずにすぐに雰囲気が悪くなってしまうペアも、テニスの試合会場ではちらほら・・・。

そんなペアに共通するのは、どんな部分でしょうか?

 

テニスのダブルスの試合で「試合中に雰囲気がすぐ悪くなるペア」の特徴4つ

 

1.とにかく会話が少ない

試合前、試合中、試合後、全てにおいて会話が少ないペアは、試合で勝つのは難しい。

特に学生のペアでシングルスが得意な選手が組んだペア、プライドが高い同士の選手だとこういった現象に陥りやすくなります。

試合中は、少しの会話と手でタッチする動作は必ず入れましょう。

恥ずかしい、と感じる男子選手もいるようですが、はっきり言って幼い。

試合に勝ちたいのであれば、最優先に考えるべきは「強いペアが実践している」ことを真似ること。

どんな細かいことでも良い、とにかくペアと会話することから始めてみると、思わぬ成果が得られることでしょう。

 

2.良いプレーが単発で終わり、波がある

良いプレーを続けていくこと、70点のプレーを継続して実施できるかどうかが、ダブルスの試合でも鍵となります。

ポイントは、単発の良いプレーで終わらずに、繋げていくこと。

単発で終わってしまうペアは、どこか人任せ。

片方のペアが攻撃していても、片方のペアは休んでいる。

ボールを打っていない自分が仕留めようという意識があれば、隙の無いペアになりますが、良いプレーで押し込んでいるのに片方のペアがチャンスをミスしてしまうような感じになると・・・もう、お分かりですね。

「せっかく俺が作ったチャンスを・・・」という感じで、責任のなすりつけ合いになってしまうのです。

 

3.自分たちのことで、手一杯

テニスの実力、試合経験が不足していると、自分のことで頭がいっぱいになる。

もはや試合どころでは無くなり、ペアにも対戦相手にも申し訳無いような、情けない気持ちになってしまう・・・ことは、ありませんか?

こういった選手は、ペアとしても組み辛い。

厳しいですが、もっと練習から意識を高く持って自分を鍛え、どんどん試合経験を積んでいく必要があります。

「自分は弱い」と考えるのではなく、「今の自分に何ができるのか、ペアでどう戦えば少しでも勝てる芽が出て来るのか」という考え方が大事。

後ろ向きで自信が無いような表情、しぐさは、まずペアとしての雰囲気を悪くしていくことを覚えておきましょう。

 

4.目の前の試合に、勝ちたいという意志が足りない

どんなにぶつかって、迷いながらでも、前に進んでいくペアには光明があります。

目の前の試合に対して、いかに全力で真摯に向き合えるか。

ペアとして、問われているのはその部分です。

「何となく試合をして、何となく終われば良い」と考えている選手、実際に多いんじゃないでしょうか?

「だって実力差だから、しょうがない」と考える人は、まずコート上で良い雰囲気は醸し出していない。

一度ペアを組んでいる選手と、真剣に話し合ってみて下さい

本当に勝つのであれば、何が必要なのか・・・について。

 

テニスコート上で、雰囲気の悪い選手はすぐに目立ちます。

そう、シード選手もノーシードの選手も関係ありません。

ダブルスのペアに対して前向きで試合に勝ちたいという前向きな気持ちを維持し、且つ客観的で冷静な目線を持っていること。

そしてその想いを、行動で現せているかどうかを改めて確認してみて下さい。

「人にどう、見られているのか」を考えてみることは、アナタのテニスの上達において意外な近道になるかも知れません。

ピックアップ記事

  1. Zatous(ザータス)の大容量バッグインバッグは、ラケットバッグと相性ピッタリ…
  2. 高音質で防水仕様のワイヤレスイヤホンは、テニストレーニングに最適
  3. iphoneでテニス動画を撮影するなら、三脚ホルダーのスマホスタンドを使おう!
  4. テニスのニューボールの状態を維持出来る、「ボールキーパー」って?
  5. フットワークを磨きたい!なら、足指トレーニングは欠かせない

関連記事

  1. テニス ドロップショット

    ダブルス

    ダブルスの試合では、積極的に自分が「オトリになる」意識を持ってパートナーを活かそう!

    他の競技を観ていると、「オトリ」になるような作戦は結構ありますよね。…

  2. テニス 練習

    ダブルス

    シングルスが得意な選手同士が組んだダブルス、を崩していくレシピ5つ

    ダブルスの試合、シングルスが強い選手同士が組むとどうなるか。私…

  3. テニス サーブ

    ダブルス

    ダブルスの試合、「とにかく速くて深いサーブ」は迷わずロブでの応戦に徹しよう

    試合でのロブの重要性について、何度か書いてきました。しかし実際…

  4. テニス ボレー

    ダブルス

    並行陣にもっていきたい!なら必要な、この基本ショット出来てる?

    ダブルスで並行陣、前に2人の陣形にチャレンジしたい・・・でも・・・。…

  5. テニス ボレー

    ダブルス

    ダブルスの試合で、「2発連続でストレートアタック」を実践して、相手のメンタルを折っていこう

    対戦相手の、心を折ること。これは、試合の中で絶対に意識したい。…

  6. テニス ダブルス

    ダブルス

    雁行陣でも並行陣でも、「後衛を信じてポーチに飛び込んでいく」勇気が前衛には必要です

    よく、「良いダブルスとは、どんなダブルスですか?」と聞かれます。…

特集記事

  1. ストローク

    「肘は伸ばし過ぎず曲げ過ぎず・・・」肩支点のスライスをテニスの試合で使っていこう…
  2. テニス サーブ

    サーブ

    テニスの試合でのサーブ、ファーストもセカンドも、「スウィングスピードは同じ」だか…
  3. テニス ロブ

    サーブ

    サーブを打つときの体重移動は、トスアップと合わせるとリズムを取りやすい
  4. ストローク

    「すぐにでも試合で勝てるようになりたい!」人は、ストロークで回り込みフォアハンド…
  5. テニス ストローク

    ストローク

    打ち込みながらもシコってくる、ストローカータイプの強者はどう料理する?
PAGE TOP