テニス 準備

その他

自分のテニスが好調なときは、しっかり気を付けたい5つのポイント

今までは、自分のテニスが「不調なとき」にスポットを当てる機会が多かった。

ですが、実際に試合で「調子が良い!」と感じることもあるはず。

ですが・・・テニスの試合、そんなに甘くない。

むしろそんな出だしの試合ほど、結果的に負けてしまうこと、多くないですか?

 

自分のテニスが好調なときは、しっかり気を付けたい5つのポイント

 

1.サーブのスピードを上げ過ぎない

サーブの調子が良い=試合の調子が良い。

そんな錯覚に陥りやすいのが、テニス選手の悲しい性。

少し打感が良い、サーブでガンガンファーストが入る・・・くらいで、調子に乗らないこと。

スピードアップさせようとする自分に、しっかり歯止めをかけることが大事です。

あくまでサーブは、確率とコントロール重視。

これを忘れないようにしましょう。

 

2.相手を観察することを忘れる

調子が良いと、つい自分にばかり興味関心がいってしまう。

「自分、最高!」なんて考えだしてしまうと、もう試合は黄色信号です。

中盤以降、相手がどんなプレーをしてくるのか・・・という観察ポイント、序盤で見逃してしまう可能性大。

相手を観察する力は、自分が好調だと落ちてしまう可能性が高いので要注意。

テニスは対戦相手あっての競技。

この基本を、忘れてはいけません。

 

3.淡泊なポイントが増える

好調なときって、良いポイントと悪いポイントの差がハッキリしている。

たまたま、その中で良いポイント、取っているポイントが多いだけ。

これってすごく、危険な状態だということに気付けるかどうか。

一歩間違えば、悪いポイントばかりになってしまう・・・のですから。

 

4.単調なテニスに対応される

自分のテニスが調子が良い、ときは「単調なテニスになっている」可能性が高い。

この自覚が無い選手は、相手が対応してきたときに自分は何も出来ない。

「ある一つの武器」が効いているだけで調子が良いと判断している選手は、危ない。

単純なテニスにならないように、というのは常に意識しておきましょう。

 

5.「好調な波」はいつか終わると自覚する

テニスの試合、短いようで長い。

好調な出だしでも、いつかその波は終わってしまうことを自覚しましょう。

好調なペースで入れたのは、すごく良いこと。

でも、すぐに別れを告げること。

別れを告げて、好調な波が過ぎてからのテニスをイメージしているかどうか。

試合に強い選手は、好調でなくなったときにどうするかの準備がしっかり出来ています。

 

調子良く入れる、というのはすごく良い準備が出来たということ。

ここまでは、アナタのシナリオ通り。

そう、シナリオ通り・・・な訳ですから、別に調子が良いという訳でも無いのかも知れません。

それくらい、準備のレベル、上げてみませんか?

実践出来るようになれば、きっとアナタも立派なテニスのトーナメント上位プレイヤーになっているはずです。

ピックアップ記事

  1. テニスシューズの中で、自分の足が滑る・・・ような人は、5本指ソックスに変えてみよ…
  2. 【読者の皆さまへ】アンケートのお願いです
  3. テニスの試合、急な怪我でも安心!準備しておきたい応急処置グッズ5つ
  4. 水で濡らして絞って振れば、何度でも冷たくなるタオルが使える
  5. 試合で勝ちたいテニスプレイヤーなら、マイランニングシューズは欠かせないアイテム

関連記事

  1. テニス メモ

    その他

    テニスやスポーツにおいて、自分の成長は「数字でしか測れない」という覚悟を持ちましょう

    スポーツ選手の実力、成果、実績といったものは、学生からプロ選手まで様々…

  2. テニス ルール

    その他

    Q&A「テニスの試合で、タイブレークの勝率が悪いのですが、何か良い作戦はありますか?」

    プロ選手の間でも、しばしば議論になるこの話題。「タイブレになっ…

  3. その他

    周りの後輩みんなの態度が悪いなら、チーム全体の仕組みや工夫の部分で何かが足りない

    「後輩の態度が悪いので、何とかしたいのですが・・・」こういったご相…

  4. テニス ボレー

    その他

    チャンスをしっかり「浅い場所に角度を付けて打てる」、ようになればテニス上級者

    テニスの試合での決定力、の差はどこから生まれるのか。相手が打っ…

  5. その他

    「テニスコートで花粉症抑制!?」試合で勝つ為に普段から必要なトレーニング

    花粉症のシーズン・・・。辛いと感じる人も、多いんじゃないだろうか。…

  6. テニス 目

    その他

    「何でもテニス目線」を養えば、アナタの試合力は必ず上がります

    普段何気なく見ているテレビや、他のスポーツ、受けている授業・・・。…

特集記事

  1. テニス ストローク

    ストローク

    両手バックハンドストロークの弱点である、「低く短いボール」への対処法は基本を徹底…
  2. テニス メンタル

    ストローク

    ラケットは常に、「利き腕でない方の腕」を意識すると、利き腕をコントロール出来る
  3. テニス フットワーク

    その他

    テニスの試合では、「体力が低下すると思考能力も著しく低下する」ことを覚えておこう…
  4. テニス ミス

    ストローク

    テニスの試合で、「相手をストロークで左右に振り回したい!」にこだわっていると、結…
  5. テニス

    メンタル

    「嘘情報を流してみよう」テニスに必要な相手との駆け引きとは?
PAGE TOP