メンタル

コードボールは、決してラッキーや偶然なんかじゃない

テニスボールは、とても正直。

私は、また最近そう感じています。

自分が試合をしていても、試合を観ていても。

ボールには打ったその人の意志や魂が宿る。

それは、とても科学的なモノだと私は考えています。

 

コードボールは、決してラッキーや偶然なんかじゃない

 


 

1.コードボール、みなさん何勝何敗?

恐らく、あまり考えたことありませんよね。

私も、正確には思い出せません。

でも、これだけは言えます。

大事な試合で、強気に出たショットは、大抵入る。

しっかりラケットを振ったショットは、コードボールになっても入る。

全部ではないにせよ、入る可能性が高いように感じています。

自分のコードボールが、入らないということ。

それは、偶然ではなくどこかにアナタ自身の意志の弱さ、が出ているんじゃないでしょうか。

 

2.コードボールは、実力そのもの

しっかり打ったショットが、ネットに当たってポトリと相手コートに入る。

もちろん、その時は相手に謝るし、手を上げて示すのがマナーです。

でも、心の中はどうでしょう。

私なら、「今のはラッキーじゃない、しっかり振ったからこの結果になったんだ」と考えるようにしています。

軌道は低いので、修正はする。

でも、そのプレーの結果自体は、自分の意志の結果であると。

コードボールに対して真摯に向き合うこと、こそテニス選手の強さだと私は思います。

 

3.コードボールになってから、が勝負

実際の試合では、前衛が拾ったり、コードボールの後もラリーがつながるケースが多い。

ここで、どうプレー出来るのか。

アナタ自身の真の意欲、が問われていると思って良いでしょう。

コードボールになると、急に足が止まったり諦めるような人、いるじゃないですか。

そういう人は、ずっと試合で勝てないまま。

コードボールをラッキー、アンラッキーとしか捉えられない選手のまま終わる。

テニスの試合、コードボールのポイントをどっちが取るのかって、すごく流れを変える要素になる。

その怖さがあるからこそ、しっかり練習から走っておきたいポイントです。

 

4.全ては練習から、でしか鍛えられない

試合でいきなり走る、反応する、というのは無理。

練習から、ネットに当たって入る、コードボールに意識を強く持つ必要があります。

そうじゃないと、どんな時に自分のコードボールは入るのか、入らないのか。

ネットを越えるのか、越えないのかも分からない。

ネットに当たっただけで、「あーなんか、ダメだな」くらいしか無い。

全ては、練習でしか養えない。

練習で走る、確認する。

これが出来ている人は、自然と試合の中でも自然と足が動くでしょう。

 

コードボールで乱れる人、乱れない人。

落ち込む人、落ち込まない人。

小さいようで、実はかなり大きな差になっていること、気付いていない人が多い。

たかが1試合で1回、あるかないかのような場面。

でも、だからこそ意識が希薄になりやすいのがコードボール。

そのスタンスって、テニス選手の姿勢そのもの、だと私は思いますよ。

 

↓まだ若干の空きが御座いますので、ご興味がある方はぜひ!

■第2回読者ミーティングを11月15日(木)に開催します!

今回のテーマは、試合に勝てる「リターン術」について です。

参加のお申込みは、コチラからお願いします。

ピックアップ記事

  1. テニスの試合に持参するジャグボトルは、「サーモス スポーツジャグ 1.9L」くら…
  2. 何度でも消して使える、ウェアラブルメモはテニスでも使えそう
  3. テニス選手に必要なトレーニングは、「重り付き」縄跳びでしっかり身に付く
  4. あらゆる場面で活躍できる「万能タイプスポーツサプリメント」凌駕BCAA+
  5. 寒くなっても清潔感は保ちたい、テニスプレイヤーのみなさんに

関連記事

  1. メンタル

    強くなるテニス選手は、「これくらいで良いか・・・」の「これくらい」が、ものすごく高い

    意識が低い、高いという話、よく聞きますよね。テニスに対して意識…

  2. テニス ダブルス

    メンタル

    「ミスが怖くて粘ってる相手」は全然怖くない

    皆さん、粘り強い相手は試合で嫌ですよね。でも、よく見極めて欲し…

  3. テニス メンタル

    メンタル

    チェンジコートで集中する、方法はアレしかない

    シングルスの試合で、チェンジコートの場面。この時、みなさんどん…

  4. テニス メンタル

    メンタル

    「失敗して作戦を止める」ことを、テニスでは失敗と言います

    「メンタルが弱い人って、どういう人でしょう?」「私はメンタルが…

  5. テニス メンタル

    メンタル

    取れそうで失ったゲーム、を試合で引きずってはいけない

    客観的に試合を見直してみて、アナタが気付いて欲しい点。それは、…

  6. テニス ボレー

    メンタル

    テニスの試合で「粘るプレイヤー」に対しては、緩急の「緩」の返球を狙いポイントを獲ること!

    テニスの試合、特に団体戦では「粘り」が得意な選手が力を発揮することが多…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス 名著

    その他

    テニス部内の練習試合にて「必ず記録して、お互いにコメントを残す」ことで、テニスノ…
  2. シングルス

    テニスのシングルスの試合の中で、「苦しいときほど、相手とラリーをしよう」と考えら…
  3. テニス プロテイン

    テニス知識

    テニス選手の筋肉に必要なプロテインは、ささみプロテインバーでの補給が最適
  4. テニス 読書

    その他

    その瞬間、瞬間を必死に戦えば、同じような場面でいずれ余裕が出てくるはず
  5. テニス シングルス

    メンタル

    試合でどうにもミスが続くときには、ミスという言葉を使わないこと
PAGE TOP