テニス メンタル

戦術

知っておいて損は無い、「全員から負けにくくなるテニス」はある

年末年始に、たくさんご質問を頂きました。

「どうしても勝ちたい相手がいて・・・」という熱い想いを持った方、何とか力になってあげたいのですが、私も皆さんのテニスを観たことが無い。

その対戦相手も知らないので、全て想定でしかアドバイス出来ません。

でも、こういう話は出来ると思っています。

全員に勝つ、ことは出来なくても、「負けにくくなる」選手にはなれるのです。

 

知っておいて損は無い、「全員から負けにくくなるテニス」はある

 


 

■どんなに強い相手からでも、2~3ゲームは獲れる選手になろう

試合前から、格上相手と諦めている人に未来は無い。

「でも・・・どうしたら勝てるのか・・・」と考えている人、まずポイントでありゲームを獲っていくことを考えましょう。

そのベースになるのは、アナタ自身「自分を知り、自分が出来ることで勝負していく」ことが大事。

相手のナイスショットは仕方ない、ですが、相手の特徴をしっかり観察して「明らかな得意ショット」はふさいでいく。

負けにくいテニス選手になるのに、やることはシンプルでこれだけです。

 

■相手の得意ショットをケアして、自分は確実なテニスに徹する

特に自分と実力が近い、少し上、くらいの選手を相手にするときに大事なこと。

先ほども書きましたが、意識するのはこの2つです。

なるべく相手の得意ショットだけ、打たせない。

回り込みフォアハンドの逆クロスが得意なのであれば、思い切って自分もポジションをバックハンド側に寄せて待っておく。

ここで逆を突かれても仕方ない、ここはミス待ちな部分もある。

待っているというより、ミスを誘っている。

なるべく相手に得意でないことをやらせて、自分は確実にテニスをする。

これだけで、誰でも負けにくい選手になれるはずです。

 

■負けにくいテニスは、つまらないテニス?

「なんだ結局は、粘ってしこるだけか・・・」と思った方、ちょっと違います。

この作戦のベースは、しっかりと相手を観察して自分を変えていくこと。

相手が粘るタイプの選手だったら、実はアナタから攻撃を仕掛けていくことが「確実なテニス」になる可能性も高い。

負けにくい選手って、相手をよく観ているし自分の引き出しも多い。

飛びぬけた技術が無くても、ストロークもボレーも、サーブも球種を複数打ち分けられる。

でも・・・こういう技術って、なかなか意識しないと練習では身に付かない。

大事なのは、アナタの意志と危機感です。

 

負けられない、負けたくない試合は絶対にある。

団体戦、個人戦、限られた公式戦で簡単に負けていく選手には、なりたくないですよね。

相手を観察して武器をふさぎ、自分を知り確実なテニスをする。

言葉で書くのは簡単ですが、難しい。

私も今年、胸に刻んで頑張ります。

ピックアップ記事

  1. メルマガ配信、登録を開始します!
  2. 準備しておいて絶対に損は無い、試合会場でのトイレ事情について
  3. 寒くなる季節の変わり目に、テニスの試合で折り畳み式ブランケットは欠かせない
  4. テニスの試合に持参するジャグボトルは、「サーモス スポーツジャグ 1.9L」くら…
  5. 試合で勝ちたいテニスプレイヤーなら、マイランニングシューズは欠かせないアイテム

関連記事

  1. テニス シングルス

    戦術

    大事なテニスの試合の中で、「やって良いミス、悪いミス」を分けて考えよう

    試合の中で、失点は避けられない。どんな名選手でもミスはするし、…

  2. 戦術

    テニスの試合で勝つには、「数的センス」が必要

    スポーツに数字は付き物。だからこそ競争できるし、ルールも決ま…

  3. テニス メンタル

    戦術

    守備をしながら攻撃、攻撃をしながら守備

    テニスの試合は、当然ですが攻守全て自分一人でやらないといけない。…

  4. テニス ボレー

    戦術

    堅実なダブルスペアほど、攻撃はセンターにしか来ない

    ダブルスの試合、守備力を上げたいならこの戦術。本当、だまされた…

  5. 戦術

    テニスでも「ボールをキープする」という感覚が大事

    テニスは、相手から来たボールを打ち返す競技。サッカーやバスケ…

  6. テニス メンタル

    戦術

    2回連続で勝ってこそ、実力で凌駕出来たと言える

    みなさんも、「忘れられない勝利」の試合ってあると思います。勝ち…

特集記事

  1. テニス Q&A

    戦術

    テニスの試合での「いやらしいプレー」は、ボールを打っていない間に起きている
  2. テニス メンタル

    ストローク

    テニスで「ストロークの打点が低くなる」と発生するデメリット5つ
  3. ストローク

    「意外と難しい、高い打点のストローク」をテニスの試合で克服するために
  4. リターン

    リターンで反応速度を上げたいなら、ユラユラスタイルでいこう!
  5. テニス 体力

    練習メニュー

    「テニスの練習って、ギターの練習に似てるかも知れない」と思った話
PAGE TOP