テニス メンタル

テニス知識

「これが意外と使える!」テニスの試合会場で役立つモノ

テニスの大会では、会場での待ち時間も長くなってしまいがちですよね。

そこで今回は、持っておくと便利なグッズを、お馴染みのものも含めていくつかご紹介します。

 

「これが意外と使える!」テニスの試合会場で役立つモノ

 


 

1.屋外で万能な「レジャーシート」

特に屋外のコートで、1つ持っていると周りの人も助かる。

普段は室内に置くラケットバッグ、屋外でも地面にそのまま置くのは抵抗ありますよね。

風で飛ばないように、四隅からバッグを置いて中央のスペースに座ると便利。

なので大き目のサイズで準備できると良いですね。

 

2.持っていると安心な「モバイルバッテリー」

試合会場ではペアやチームと連絡を取り合ったり、待ち時間に触ったりと、いつも以上にスマートフォンの電池を消耗しがち。

予めモバイルバッテリーを充電して持参すると、重宝しますし精神的にも安定します。

それでも試合中に着信音は鳴らさないように、注意しましょうね。

 

3.書いては消せて、便利な「フリクションボールペン」

書くものは必要ない・・・と思っていても、意外と必要になるのがテニスの試合。

結果をメモしたり、大会によっては自分たちでボードにスコアを記入する形式も有ります。

本部を頼らない為にも1本は書いて消せる、フリクションボールペンを持参しておきましょう。

 



 

4.天候には万全の備えを「折り畳み傘」

雨が降らない日でも、日よけやちょっとしたバッグ周りを隠すのに、傘があると便利です。

折り畳み傘であればスペースも取らないので、常にテニス用にバッグに入れておくと良いでしょう。

 

5.多機能に使える「ナイロン素材のシューズケース」

テニスシューズだけでなく、濡れたものや細かい景品など、試合当日に出るあらゆるものに対応してくれるのがナイロンのシューズケース。

もし無ければ、少し大きめのショップで買ったときの袋でも良いでしょう。

普通のビニール袋でも良いのですが、破れやすいものもあるのであまりオススメできません。

 

6.スマートな人は持ってる「ウェットティッシュ」

テニスの試合は丸1日かかることもあり、そうなるとランチも屋外で・・・。

となるとやはり気になるのが衛生面。

試合会場で手洗い場やトイレが近くにあるとは限りませんし、もし試合が長引いた際にはチェンジコートでも何か食べる可能性があります。

腹痛持ちの方は万全を期すためにも、自分の手は自分で清潔に保つように持参しましょう。

 

7.何があるか分からないので備える「最低限の医療キット」

絆創膏、ハサミ、常備薬、ティッシュなど、かさばらない程度にまとめてバッグに入れておきましょう。

テニスの試合では急なケガにも自分で対処するのが基本。

慌てない為にも、事前の準備をしっかりとするようにしましょう。

 

まだまだ挙げていけばまだたくさんありそうですが、以上の7つ、まずは揃えられるものから実践してみて下さい。

自分の持ちものをカスタマイズできれば、きっと試合にも安心して挑めると思いますので、必ずや良い結果も出ることと思います。

試合前の準備も実力のうち、ですね!

ピックアップ記事

  1. テニス部・テニスサークルとして勝てる集団になりたいなら、「スコアシート」は欠かせ…
  2. ストローク練習機「ピコチーノ」は、素振りの質を高めてくれるはず
  3. ヨネックスの新作ラケット、Vコアのハイスピンテクノロジーによる超高弾道は本物だっ…
  4. その練習を、疑おう
  5. リアクションボールを使って、イレギュラーバウンドへの対応力を磨こう!

関連記事

  1. テニス 水分補給

    テニス知識

    真夏のテニスの試合に必要な、熱中症対策のマストアイテム5つ

    今年も、暑い夏の時期がやって来ました。毎年のように書かせて頂い…

  2. テニス 練習

    テニス知識

    「プリンス キャスター付きボールカゴ」が、やっぱり一番使いやすい

    個人でも部活の練習でも、「ボールカゴ」で何を使うか・・・は皆さん悩みの…

  3. テニス 多動力

    テニス知識

    多動力こそ、これからの時代のテニス選手に必要だと思う

    私が中学生、高校生でテニスをやっていた頃。その頃の話題の中心、…

  4. テニス 戦術

    テニス知識

    【保存版】知らない選手が意外と多い、「テニスラケットのメンテナンス方法」について

    テニスラケットのメンテナンス、と聞くと、アナタは何をイメージしますか?…

  5. テニス ダブルス

    テニス知識

    テニスの試合でありがちな、「デュース有りとノーアドバンテージ形式を間違えた」ときには?

    草トーナメントの試合では、進行を速くする為に「ノーアドバンテージ形式」…

  6. テニス知識

    雨でコートが濡れていてもテニスがしたい!方にお勧めの「ウォーターバキューマー」

    テニスの練習にとって、天敵の一つが雨。これからの季節、悩ましい…

特集記事

  1. テニス ストローク

    戦術

    アプローチショットに必要なのは、絶対にコレ
  2. メンタル

    テニスの試合中、「緊張した場面では口角を上げて」、意図的に自信を取り戻そう
  3. ダブルス

    後衛は前衛の動き出しを、こっそりと採点しよう
  4. テニス スライス

    戦術

    相手をしっかり崩しているのに、「決められない」のはなぜ?
  5. テニス知識

    HEADラケットのスタンダードモデルを使い続けて、気付いたことまとめ
PAGE TOP