リターン

確実にクロスに返球する、リターンに必要な身体の向きについて

リターンを確実にクロスに返す。

この意識、よりダブルスで必要になりますよね。

クロスに良いリターンがあるから、前衛も攻撃に参加出来る、ストレートにも展開出来る。

身体の向きの使い方、より実戦的に変えていきましょう!

 

確実にクロスに返球する、リターンに必要な身体の向きについて

 

1.普通に正面向き、で待つのは危険

最初は、どうしても正面向き、に待ってしまうと思います。

ベースラインに並行、に足を並べたくなりますからね。

赤側の選手がアナタ自身、リターンだと思って見て下さい。

実際に相手が強くなると、サーブもコースを狙われる。

そうなると、身体の向きをより相手側に向ける、斜めに待つような意識が大事になります。

こういう風に、壁を作るようなイメージ、でしょう。

「え?こんなに斜め?」と思う方も多いと思います。

でも、逆にこの壁を作らないと、厳しいコースはクロスへ返球出来ないでしょう。

ワイドへのスライスサーブ、センターへのキックサーブ、両方に対応しないといけない。

それから、甘いリターンではなくしっかりクロスに返球しないと、ダブルスの試合ではそれでポイントが終わってしまいます。

このショートクロスリターンが打てないと、ダブルス↓では辛いんですよ。

サーブが厳しければ、何かを変えないとクロスに安定させることは出来ない。

この危機感、がまずは大事です。

 

2.肝はセンターに入ったサーブの打点

今回の大きなポイント、はセンターへのサーブへの対応。

リターンは打点を前!という意識、強い方も多いと思います。

でも私は、↓のように少し打点を後ろ、にしてあげることが大事だと思っています。

逆クロス方向へのリターン、ですからね。

振り遅れる、のではなく、あえて引き付けて打点の位置を調整する。

ことで良いクロスへのリターンになる。

逆にワイド、外側のボールはハッキリ打点を前、にしないと↓クロスに運べない。

このメリハリ、を付けて待てれば強いですよ。

言い方を変えれば、センターは少し振り遅れても良い、ということになりますからね。

ワイドへは振り遅れない、優先して待てる。

これって本当に、リターンでは大きいんです。

 

3.自分で壁を作って、しっかりと狙うコースを決める

まとめると、こんな感じですね。

クロスにリターン、と決めたらフォアハンド、バックハンドのリターンの打点をイメージする。

確実にクロス、に打てると自信が出来ると、リターンダッシュ、なんかも楽に出来ます。

相手の前衛も、「まずいな・・・」と思ってポーチに出て来る、だからストレートへの展開も活きる。

どうでしょう、イメージ湧きますか?

↓こうやって普通に待つこと、がもう怖くなりますよね。

守備的なようで、実はこの待ち方はリターンに向いていない。

ミスの温床、にしかならないですから。

↑良いことは一つも無い、です。

レベルが高い、サーブのコントロールが良い相手には、通用しません。

リターンをどう待つか、は本当に試合結果に直結しますから。

 

身体の向き、を少し変えるだけ。

それから、前に入ること。

リターンの安定感は、これで絶対に見違えます。

騙された、と思ってトライしてみて下さいね。

ピックアップ記事

  1. 「テニスラケット専用ウェイトボール」を使えば、素振りでのパワーアップも可能に!
  2. 都内でラケットバッグを持ち歩くのは辛い!人は、「ecbo cloak」でラケバを…
  3. 準備しておいて絶対に損は無い、試合会場でのトイレ事情について
  4. 飲んだらコンパクトに!パックアップボトルを持って試合に出かけよう
  5. テニスシューズの中で、自分の足が滑る・・・ような人は、5本指ソックスに変えてみよ…

関連記事

  1. テニス リターン
  2. テニス リターン

    リターン

    ダブルスの試合で有効な「ドロップショット気味のリターン」は、置きにいくとネットを越えないので注意

    リターンからのドロップショット、とまでいかなくても浅めにリターン出来る…

  3. テニス メンタル

    リターン

    「テニスのシングルスの試合」で有効なリターンからの攻撃パターン4つ

    シングルスの試合では、コートが広い分打てるコースが色々あって選ぶ楽しさ…

  4. テニス ロブ

    リターン

    強烈なサーブも無効化に出来る、「ブロックリターン」はしっかり身体を寄せて打とう

    相手サーブが強力で、自分のサーブが入らない。そこで策が無いと、…

  5. テニス メンタル

    リターン

    思い切りの良いリターンでは、「フォアかバックかを決めて待つ」くらいの気持ちが大事

    錦織選手の活躍のニュースが続く全仏オープン。何と言っても、リタ…

  6. リターン

    「ウルトラミラクルスーパーダブルスストレートアタックレシーブ」って、テニスのダブルスで有り得る?

    ダブルスのレシーブの時に、ストレートを抜くというのはそう気軽に出来るも…

特集記事

  1. テニス ボレー

    テニス知識

    ボールが飛ばない冬の寒い試合、「ガットのテンションを5ポンド落としたラケット」を…
  2. テニス ダブルス

    ダブルス

    守備力の高いダブルスペアが実践している「ピンチでロブを上げてしっかり守る」為に必…
  3. ボレー

    テニスの試合で使える実践的なボレーボレー、「ルーマニアンボレー」の練習効果はすご…
  4. テニス 環境

    その他

    「チャレンジした上でのミス」が許されない環境の中で、学生テニスプレイヤーは画一化…
  5. テニス 気付き

    その他

    テニスの試合で、「ボールをよく見て、コースをしっかり打ち分ける」が出来るようにな…
PAGE TOP