リターン

確実にクロスに返球する、リターンに必要な身体の向きについて

リターンを確実にクロスに返す。

この意識、よりダブルスで必要になりますよね。

クロスに良いリターンがあるから、前衛も攻撃に参加出来る、ストレートにも展開出来る。

身体の向きの使い方、より実戦的に変えていきましょう!

 

確実にクロスに返球する、リターンに必要な身体の向きについて

 


 

1.普通に正面向き、で待つのは危険

最初は、どうしても正面向き、に待ってしまうと思います。

ベースラインに並行、に足を並べたくなりますからね。

赤側の選手がアナタ自身、リターンだと思って見て下さい。

実際に相手が強くなると、サーブもコースを狙われる。

そうなると、身体の向きをより相手側に向ける、斜めに待つような意識が大事になります。

こういう風に、壁を作るようなイメージ、でしょう。

「え?こんなに斜め?」と思う方も多いと思います。

でも、逆にこの壁を作らないと、厳しいコースはクロスへ返球出来ないでしょう。

ワイドへのスライスサーブ、センターへのキックサーブ、両方に対応しないといけない。

それから、甘いリターンではなくしっかりクロスに返球しないと、ダブルスの試合ではそれでポイントが終わってしまいます。

このショートクロスリターンが打てないと、ダブルス↓では辛いんですよ。

サーブが厳しければ、何かを変えないとクロスに安定させることは出来ない。

この危機感、がまずは大事です。

 

2.肝はセンターに入ったサーブの打点

今回の大きなポイント、はセンターへのサーブへの対応。

リターンは打点を前!という意識、強い方も多いと思います。

でも私は、↓のように少し打点を後ろ、にしてあげることが大事だと思っています。

逆クロス方向へのリターン、ですからね。

振り遅れる、のではなく、あえて引き付けて打点の位置を調整する。

ことで良いクロスへのリターンになる。

逆にワイド、外側のボールはハッキリ打点を前、にしないと↓クロスに運べない。

このメリハリ、を付けて待てれば強いですよ。

言い方を変えれば、センターは少し振り遅れても良い、ということになりますからね。

ワイドへは振り遅れない、優先して待てる。

これって本当に、リターンでは大きいんです。

 

3.自分で壁を作って、しっかりと狙うコースを決める

まとめると、こんな感じですね。

クロスにリターン、と決めたらフォアハンド、バックハンドのリターンの打点をイメージする。

確実にクロス、に打てると自信が出来ると、リターンダッシュ、なんかも楽に出来ます。

相手の前衛も、「まずいな・・・」と思ってポーチに出て来る、だからストレートへの展開も活きる。

どうでしょう、イメージ湧きますか?

↓こうやって普通に待つこと、がもう怖くなりますよね。

守備的なようで、実はこの待ち方はリターンに向いていない。

ミスの温床、にしかならないですから。

↑良いことは一つも無い、です。

レベルが高い、サーブのコントロールが良い相手には、通用しません。

リターンをどう待つか、は本当に試合結果に直結しますから。

 

身体の向き、を少し変えるだけ。

それから、前に入ること。

リターンの安定感は、これで絶対に見違えます。

騙された、と思ってトライしてみて下さいね。

ピックアップ記事

  1. 大会シーズンに準備したい、サンバイザー5選
  2. iphoneでテニス動画を撮影するなら、三脚ホルダーのスマホスタンドを使おう!
  3. テニス選手に必要なプロテイン摂取は、便利なブレンダーボトルで
  4. バランスクッションを使って、テニス選手に必要なバランス感覚を養おう
  5. テニスのフットワークを支える足元の秘密は、スーパーフィートのインソール

関連記事

  1. テニス ボレー

    リターン

    試合に出て恥ずかしくないリターンに、最短1ヶ月で近付ける方法

    試合に始めて出た時のこと、みなさんは覚えてますか?一番苦戦した…

  2. テニス ストローク

    リターン

    リターン時の身体の向きは、少しだけコートの内側向きに

    リターンをしっかり、返球したい。そう考えると、しっかり身体の向…

  3. テニス ストローク

    リターン

    速いサーブにリターンが弾かれる人は、この基本を見直そう

    リターンゲームで、サーブが返せない。強い相手との試合だと、それ…

  4. テニス ストローク

    リターン

    「ショートアングルへのリターン」がしっかり打てると、ダブルスの試合では大活躍です

    ダブルスの試合では、リターンのプレッシャーが厳しい。シングルス…

  5. テニス ボレー

    リターン

    左利きのサーブに苦戦してるなら、思いっきり外側に立とう

    左利きのサーブに、苦戦を強いられる。これは、右利きのテニスプレ…

  6. テニス 練習

    リターン

    緩くて深いリターンは、シングルスの試合で効果的

    実は、怖いようで有効な攻撃。シングルスの試合で、ぜひ試して欲し…

特集記事

  1. テニス メンタル

    ボレー

    「せっかく作ったチャンスを・・・」テニスのハイボレーをふかしてしまう人へ贈る5つ…
  2. ストローク

    「滑るの禁止!」テニスのストロークで使う技術としては最終手段として持っておくこと…
  3. テニス メンタル

    メンタル

    逆境に燃える心は、テニスコートだけでは養えない
  4. テニス サーブ

    サーブ

    極論ですが「ブレイクされなければ、負けない」のは確か
  5. テニス ダブルス

    その他

    テニスにおける一球の重みは、実はすごく分かり辛い
PAGE TOP