テニス ストローク

リターン

マレー選手に見る「リターンで大きくコート内に入って打つ」ことで相手にプレッシャーをかける意味とは?

マレー選手の凄みは、何と言ってもそのリターン。

サービスライン少し後ろまで、思い切って踏み込んでいく。

このプレッシャーこそ、ブレイクの大きな鍵を握っています。

中途半端なセカンドサーブでは、もはやリターン側有利な状況を創り出せる。

男子テニス界でも、そんなことを高いレベルで継続できているのはマレー選手だけでしょう。

 

マレー選手に見る「リターンで大きくコート内に入って打つ」ことで相手にプレッシャーをかける意味とは?

 


 

■高い身長とリーチを活かした、ダイナミックなライジングショット

なかなか真似をし辛いですが、参考にしたいのは高いテイクバック。

前に入りながらのショットですから、当然ライジングショットになり、リターンですのでコンパクトなショットが求められます。

ハードコートでは激しく弾んでくるサーブを受ける訳ですから、下から入っては大きく弾かれてしまいます。

自分の顔の横くらいにラケットを準備する。

スライスサーブであれば、少し態勢を低くしてみる、といった工夫が必要です。

 

■早めにストレートへのリターンを見せておく

攻撃的な姿勢は、序盤に見せておきましょう。

クロスへのリターンが基本ですが、「ストレートでエースも狙うよ!」という姿勢は、必ず必要です。

失敗してもリターンゲームですから、あまり気にしないこと。

「相手にどういう印象を与えておくか」が、重要です。

 

■リターンで攻撃した方向に、身体の向きを作る

マレー選手のリターンからの攻撃は、基本に忠実です。

しっかりリターンした方向に向かって身体の向きを作り、その返球が「甘くなりそう」と見れば、ポジションをコートの中に保ちます。

自分が打つコースに対して、しっかりとチャージしていくことが重要です。

良いリターンを一発入れても、相手が返球してきたら一からラリー・・・では、もったいない。

一度優位に立ったと感じたら、その優位は渡さない意識を強く持ちましょう。

 

今夜はまさに、パリ大会マスターズ決勝!

地上波で観戦中の方も多いんじゃないでしょうか。

プロ選手の高度な技術はなかなか真似できなくても、リターンは盗める部分が多い。

マレー選手のプレーは実にシンプルで無駄が無い、テニスの基本戦術に即したテニス。

ぜひ、ボールを追わずに選手をジーッと、追ってみて下さい。

ピックアップ記事

  1. テニスのフットワークを支える足元の秘密は、スーパーフィートのインソール
  2. 高音質で防水仕様のワイヤレスイヤホンは、テニストレーニングに最適
  3. テニス部・テニスサークルとして勝てる集団になりたいなら、「スコアシート」は欠かせ…
  4. 大事なテニスウェアを汚したくないなら、シャープの超音波ウォッシャーを持ち歩こう
  5. 大人のトレーニングは「DNS プロエックス」を使って効率的に

関連記事

  1. リターン

    ビッグサーバー相手にこそ、リターンはポジションが鍵

    相手のサーブが良い、ビッグサーバーとの試合。こういう試合で、み…

  2. テニス リターン

    リターン

    テニスの試合で「リターンのときにまず考えるべきこと」は、浅いサーブに備えることです

    リターンに苦手意識を持っている方。普段どういう感じでのリターン…

  3. リターン

    ダブっても打ってくる、そんな相手は嫌なもの

    昨日の錦織選手の試合、悔しかったですね・・・。みなさんも、同じ…

  4. テニス ボレー

    リターン

    リターンダッシュを仕掛けて「相手にプレッシャーを与える」ことで獲られるメリット4つ

    ネットプレーが得意、またはこれから磨いていきたいという方にお勧めなのが…

  5. テニス サーブ

    リターン

    威力が無い羽子板サーブは、ドロップショット扱いでリターンすれば楽に攻撃出来る!

    リターンで攻撃したい、でも相手のサーブが・・・遅いしよく分からない回転…

  6. テニス ダブルス

    リターン

    ダブルスの試合のリターンは、パートナーに「どう返す予定か」は伝えよう

    ダブルスの試合、リターンで大事なこと。それは、レベルに限らずコ…

特集記事

  1. テニス メンタル
  1. テニス 予測

    テニススクール

    テニススクールに通っている方は、「お客様」のままで終わるのはもったいないと思う
  2. テニス スマッシュ

    リターン

    身長が低い選手のサーブは、「回転系」が基本になる
  3. テニス メンタル

    ストローク

    テニスの試合で力が入ってミスばかり・・・の人は、ポイント奪取の考え方を変えましょ…
  4. テニス ボレー

    ボレー

    「粘れるネットプレイヤー」に必要な、守備力を高めるオープンスタンスボレーの有効な…
  5. テニス ガット

    メンタル

    試合に強いメンタルを養う為に、普段の練習で実践したいこと4つ
PAGE TOP