テニス ストローク

リターン

片手バックハンドのリターンは、ココを意識すると上手くいく!

バックハンドを片手にしてみたいけど、問題があって・・・。

そう、リターンが難しそうと感じる人は多いようです。

片手で相手の強力なサーブを上手くリターン出来るのか、不安に感じるのは当然。

今回は、リターンのポイントを片手バックハンドに絞ってまとめてみましょう。

 

片手バックハンドのリターンは、ココを意識すると上手くいく!

 

■まずはしっかり、「前」に踏み込む

片手バックハンドに限らずですが、よりこのポイントは大事になります。

前に踏み込んで、打点を前にする。

身体全体の体重を乗せて、腕の力に頼らないリターンに変えていくことが大事です。

その為にも、当然テイクバックは小さく速い準備、身体のターンが必要ですね。

 

■とにかくラケット面だけシンプルに作る

打点さえしっかり前に出来れば、後はどんな「ラケット面」でサーブを捕らえるかです。

クロス方向にリターンする、のであれば少しボールの斜め横を触って、しっかり飛んでいく角度を作らないといけない。

この精度は、まずゆっくりしたボールから練習して徐々に早いサーブにも対応出来るようにしましょう。

早い男性のサーブでも、しっかりラケット面さえ作ればボールは思った方向に飛んでくれます。

横振りにならない、そのままの身体の向きでラケット面だけ作って打ち終わる、くらいの意識でちょうど良いでしょう。

 

■高い位置にラケット準備

出来れば肩、くらいの位置にラケットをセット。

それから腰辺りまでラケットダウンさせて、前に踏み込みながらリターン。

この高い位置での準備が出来ていないと、片手バックハンドのリターンはサーブに弾かれてしまいます。

しっかり高く準備して少し落とす、そして前にラケットを出していく、基本を見直しましょう。

 

片手バックハンドのリターン、実は私は大好きです。

両手よりも感覚が自分の中で分かりやすいし、そのままネットプレーにもつなげやすい。

あとは、感覚的に両手バックハンドよりもスライスに応用が効くし、スピンもかけやすい。

ですが、やはり難しい技術ではあります。

しっかり根気強く練習していきましょう!

ピックアップ記事

  1. 一人でも出来る、テニス選手に必要なトレーニングで鍛えよう!
  2. 試合に勝つダブルスを極めたいなら、お勧めの一冊
  3. テニスの試合で「足裏の皮膚が荒れてしまう方」にオススメな、皮膚保護専用クリーム「…
  4. テニスコーチ時代に、最高に憂鬱だったこと
  5. テニス選手の筋肉に必要なプロテインは、ささみプロテインバーでの補給が最適

関連記事

  1. テニス サーブ

    リターン

    テニスの試合の現場では、「振り遅れてエース」になった時こそ堂々としていよう

    「やばっ!」と思ったら、良いところに入った。リターンとか、結構…

  2. テニス ガスケ

    リターン

    ボールをよく見る、とは、「ボールに書いてある文字を読む」くらいのつもりで

    リターンでボールをよく見ること。大事ですね。でも、これ…

  3. テニス ストローク

    リターン

    逆クロス方向へのリターン、を磨けば試合で強くなる

    特に、ダブルスの試合で勝ちたい、と頑張っているみなさんへ。リタ…

  4. リターン

    ショートクロスリターン、からの展開でダブルスは楽に戦える

    ダブルスの試合で、リターンからの攻撃パターン。簡単じゃないです…

  5. テニス サーブ

    リターン

    ファーストサーブがボディに来る時は、先にフォアかバックか決めておこう

    試合で意外と多い、ボディへのサーブ。でもその対策は、いつも何と…

  6. リターン

    リターンミスが多い時は、相手を見ないでコンパクトに

    リターンが安定しないとき、きっと相手を意識し過ぎていることが多いはず。…

特集記事

  1. テニス メンタル
  1. テニス メンタル

    シングルス

    なぜテニスのシングルスの試合は「序盤が全て」なのか、そしてその対策を考えてみる
  2. テニス メンタル

    ストローク

    自分のストロークのテイクバックを、鏡で観てチェックしたい5つのポイント
  3. テニス スライス

    ストローク

    「スライス練習での注意点」試合で実際に使えるようにする為には?
  4. 練習メニュー

    「心技体で練習効率を上げなさい」テニスの練習をいかに試合に近づけられるか工夫しよ…
  5. テニス 客観視

    その他

    30歳からのテニスは、「衰えを受け入れてこそ」試合に勝てる技術が身に付いていく
PAGE TOP