テニス ストローク

リターン

片手バックハンドのリターンは、ココを意識すると上手くいく!

バックハンドを片手にしてみたいけど、問題があって・・・。

そう、リターンが難しそうと感じる人は多いようです。

片手で相手の強力なサーブを上手くリターン出来るのか、不安に感じるのは当然。

今回は、リターンのポイントを片手バックハンドに絞ってまとめてみましょう。

 

片手バックハンドのリターンは、ココを意識すると上手くいく!

 

■まずはしっかり、「前」に踏み込む

片手バックハンドに限らずですが、よりこのポイントは大事になります。

前に踏み込んで、打点を前にする。

身体全体の体重を乗せて、腕の力に頼らないリターンに変えていくことが大事です。

その為にも、当然テイクバックは小さく速い準備、身体のターンが必要ですね。

 

■とにかくラケット面だけシンプルに作る

打点さえしっかり前に出来れば、後はどんな「ラケット面」でサーブを捕らえるかです。

クロス方向にリターンする、のであれば少しボールの斜め横を触って、しっかり飛んでいく角度を作らないといけない。

この精度は、まずゆっくりしたボールから練習して徐々に早いサーブにも対応出来るようにしましょう。

早い男性のサーブでも、しっかりラケット面さえ作ればボールは思った方向に飛んでくれます。

横振りにならない、そのままの身体の向きでラケット面だけ作って打ち終わる、くらいの意識でちょうど良いでしょう。

 

■高い位置にラケット準備

出来れば肩、くらいの位置にラケットをセット。

それから腰辺りまでラケットダウンさせて、前に踏み込みながらリターン。

この高い位置での準備が出来ていないと、片手バックハンドのリターンはサーブに弾かれてしまいます。

しっかり高く準備して少し落とす、そして前にラケットを出していく、基本を見直しましょう。

 

片手バックハンドのリターン、実は私は大好きです。

両手よりも感覚が自分の中で分かりやすいし、そのままネットプレーにもつなげやすい。

あとは、感覚的に両手バックハンドよりもスライスに応用が効くし、スピンもかけやすい。

ですが、やはり難しい技術ではあります。

しっかり根気強く練習していきましょう!

ピックアップ記事

  1. テニスフリークなら必携のタオルは、「作戦ボードタオル」で決まり!
  2. テニスで肩が上がらない・・・と、苦労する人は「ピイラティス・ポール」がオススメで…
  3. 「最近使い始めた、ホワイトボードみたいなのって何ですか?」のご質問
  4. テニス部・テニスサークルとして勝てる集団になりたいなら、「スコアシート」は欠かせ…
  5. 水で濡らして絞って振れば、何度でも冷たくなるタオルが使える

関連記事

  1. リターン

    サーブが強力な相手、にダブルスの試合で対抗する戦術について

    サーブが強力な相手と、ダブルスで戦う。これって本当に厄介ですよ…

  2. リターン

    ダブルスの試合で必要な、「リターンをクロスに深く、高く返球」は基本パターンとして磨いておこう!

    ダブルスの試合、色々考えることは必要ですが、まずシンプルにクロスに高い…

  3. テニス ボレー

    リターン

    リターンダッシュを仕掛けて「相手にプレッシャーを与える」ことで獲られるメリット4つ

    ネットプレーが得意、またはこれから磨いていきたいという方にお勧めなのが…

  4. テニス サーブ

    リターン

    テニスの試合の現場では、「振り遅れてエース」になった時こそ堂々としていよう

    「やばっ!」と思ったら、良いところに入った。リターンとか、結構…

  5. テニス サーブ

    リターン

    テニスのシングルスの試合序盤は、「セカンドサーブをリターンからチャージ!」して先制パンチを!

    シングルスの試合は、序盤で流れを大きく引き寄せたい。そんなとき…

  6. テニス ダブルス

    リターン

    バックハンドリターンは、踏み込んで合わせる形で攻撃していこう

    バックハンドリターン、みなさん苦手意識を持っている方も多いと思います。…

特集記事

  1. テニス 打点

    その他

    「弱者が強者にテニスで勝つために」必要なのは、単純な粘りだけじゃ無い
  2. テニス ストローク

    ボレー

    安定感のあるテニスのリズムは、「ボレーはゆっくり、ストロークは速く」という速度の…
  3. テニス 雑誌

    日々の雑記

    少年老いやすく学なりがたし
  4. テニス メンタル

    メンタル

    テニス部の後輩に負けて悔しいなら、その後輩の為にもっと強くなろう
  5. テニス テイクバック

    ストローク

    「片手バックから両手バックへ」テニスの技術は終わり無き模索の連続です
PAGE TOP