テニス ストローク

リターン

片手バックハンドのリターンは、ココを意識すると上手くいく!

バックハンドを片手にしてみたいけど、問題があって・・・。

そう、リターンが難しそうと感じる人は多いようです。

片手で相手の強力なサーブを上手くリターン出来るのか、不安に感じるのは当然。

今回は、リターンのポイントを片手バックハンドに絞ってまとめてみましょう。

 

片手バックハンドのリターンは、ココを意識すると上手くいく!

 


 

■まずはしっかり、「前」に踏み込む

片手バックハンドに限らずですが、よりこのポイントは大事になります。

前に踏み込んで、打点を前にする。

身体全体の体重を乗せて、腕の力に頼らないリターンに変えていくことが大事です。

その為にも、当然テイクバックは小さく速い準備、身体のターンが必要ですね。

 

■とにかくラケット面だけシンプルに作る

打点さえしっかり前に出来れば、後はどんな「ラケット面」でサーブを捕らえるかです。

クロス方向にリターンする、のであれば少しボールの斜め横を触って、しっかり飛んでいく角度を作らないといけない。

この精度は、まずゆっくりしたボールから練習して徐々に早いサーブにも対応出来るようにしましょう。

早い男性のサーブでも、しっかりラケット面さえ作ればボールは思った方向に飛んでくれます。

横振りにならない、そのままの身体の向きでラケット面だけ作って打ち終わる、くらいの意識でちょうど良いでしょう。

 

■高い位置にラケット準備

出来れば肩、くらいの位置にラケットをセット。

それから腰辺りまでラケットダウンさせて、前に踏み込みながらリターン。

この高い位置での準備が出来ていないと、片手バックハンドのリターンはサーブに弾かれてしまいます。

しっかり高く準備して少し落とす、そして前にラケットを出していく、基本を見直しましょう。

 

片手バックハンドのリターン、実は私は大好きです。

両手よりも感覚が自分の中で分かりやすいし、そのままネットプレーにもつなげやすい。

あとは、感覚的に両手バックハンドよりもスライスに応用が効くし、スピンもかけやすい。

ですが、やはり難しい技術ではあります。

しっかり根気強く練習していきましょう!

ピックアップ記事

  1. テニス選手に必要なプロテイン摂取は、便利なブレンダーボトルで
  2. これからの梅雨の時期に、準備しておきたいラケバ用レインカバー
  3. 雨でコートが濡れていてもテニスがしたい!方にお勧めの「ウォーターバキューマー」
  4. テニス選手の熱中症・痙攣対策に、ミニクーラーボックスは必需品!
  5. スピンサーブ習得の秘密兵器に、「スピンサーブマスター」を使ってみない?

関連記事

  1. テニス リターン

    リターン

    「上級者限定!」ダブルスの試合でリターンするのときに、前衛を足止めする裏ワザ

    今回は、私が実際にトッププロとして活躍する選手に聞いた、ダブルスリター…

  2. リターン

    ブレイクポイントは、3本に1本取れれば上出来

    試合の中でのブレイクポイント。これに対して、どういう数の心理、…

  3. テニス 練習

    リターン

    緩くて深いリターンは、シングルスの試合で効果的

    実は、怖いようで有効な攻撃。シングルスの試合で、ぜひ試して欲し…

  4. テニス リターン

    リターン

    テニスの試合で「リターンのときにまず考えるべきこと」は、浅いサーブに備えることです

    リターンに苦手意識を持っている方。普段どういう感じでのリターン…

  5. テニス リターン

    リターン

    ダブルスの試合でのリターン、勝負どころでは「相手の前衛は、いない」ものと考えよう

    これは私が普段、試合で使っているちょっとしたアイデア、です。ダ…

  6. テニス メンタル

特集記事

  1. テニス メンタル
  1. テニス 部活

    その他

    「チームの和を乱す実力者」は、アナタのチームに必要だろうか?
  2. サーブ

    サーブの威力とコントロールを両方アップさせるには、「相手コートに背中を向ける」だ…
  3. テニス メンタル

    その他

    どんな学校に所属していても、どんなギアを持っていても、重要なのはその人自身のテニ…
  4. テニス 観察眼

    練習メニュー

    人数が多い練習で、「効率良く実戦的なメニュー」を行う為に必要なアイデアとは?
  5. テニス ストローク

    スマッシュ

    スマッシュが苦手な人は、「どこかで落ちてくるボールを怖がっている」から上半身が折…
PAGE TOP