テニス ダブルス

ダブルス

ダブルスの試合で鉄壁な並行陣は、「センターの守り方」が優れているから抜かれない!

この夏こそダブルスで並行陣にトライしたい、または並行陣の強いペアを倒したいと思っている方。

一見難しい陣形のようですが、弱点とその攻撃方法さえ覚えれば、きっと今のアナタの力でも十分に対抗出来る。

強いペアの並行陣の特徴を改めて確認して、「なぜ?」という疑問から紐解いてみましょう。

シンプルにテニスは、ネット上はセンターベルトの上、真ん中にボールが集まるもの。

であれば、守るべきは・・・もう、分かりますね。

 

ダブルスの試合で鉄壁な並行陣は、「センターの守り方」が優れているから抜かれない!

 


 

■ダブルスでは「2人の間」は常に弱点になる

並行陣のように、2人が少しの前後差を付けて並ぶような陣形は、真ん中が狙われやすい。

理由としては2つ。

1つは「狙いやすい」ということ。

ライン際はナイスショットとアウトが紙一重で、狙うのにも勇気が要りますが、センターはど真ん中から多少ずれても良い。

気持ちに余裕が出来ますよね。

もう1つは、ボールを触った片方のペアがセンターに寄り、サイドが空いてチャンスが作れるから。

だから並行陣、2人でボレーに出ると真ん中がいつも狙われやすいのです。

 

■2人が近い距離感を保てば、センター攻撃は怖くない

アナタが並行陣にトライするなら、出来るだけ2人は近い位置、ペアとの距離感を意識しましょう。

私の経験では、お互いに近い側でラケットを伸ばして、当たるか当たらないかくらい。

結構、近いですよね。

これくらいの距離感だと、センターへの攻撃に対して2段構えが出来る。

前衛が触れなくても、後衛がカバー出来る、のが強い並行陣の基本です。

 

■強い並行陣は、ストローク側に攻撃の選択肢を与えない

ネットプレーの基本は、相手の選択肢を絞ることです。

低く滑るスライスで高い打点からの攻撃をさせない、のがその代表格ですよね。

深いボールはきっとロブも打ってくる、と分かっているならポジションを少し後ろに構えておく。

自分が打ったボールに対して、ペアと一緒に微調整が出来ると、「もう打つとこ無いよ・・・」という感じで相手は困ってくれる。

この自滅を促す動きが、強いダブルスの鉄則です。

 

結論、アナタのストローク力で丁寧に相手のセンターを攻撃していくこと。

そしてアナタが並行陣を取った際には、センターに寄ってしっかりふさいで、相手に自滅を促すこと。

ポジションやコース取りだけで、テニスの試合、特にダブルスはもっと勝てるようになります!

センターの守り方は、ぜひ普段の練習からペアと話し合っておきましょうね。

ピックアップ記事

  1. テニスの試合に勝てるようになる為に、読むべき名著10選
  2. 「寒暖差が激しい時期」のテニスにお勧めなアームカバー
  3. 「HEADのボールって、実際どうなの?」の質問にお答えします
  4. テニス選手の熱中症・痙攣対策に、ミニクーラーボックスは必需品!
  5. 真夏のテニスの試合に必要な、熱中症対策のマストアイテム5つ

関連記事

  1. テニス ダブルス

    ダブルス

    ダブルス脳を持っているテニス選手は、「何事にも自分が全て影響している」ことを理解している

    「ダブルスが上手い」と呼ばれる選手は、他の選手と何が違うのか。…

  2. テニス メンタル

    ダブルス

    ミックスダブルスで上のレベルで勝ちたければ、「女性の守備力」は絶対に必要です

    「ミックスダブルスの試合、どう戦って良いか分からない」「強くな…

  3. テニス ダブルス

    ダブルス

    ずるずる下がる並行陣、どうやって強くしていく?

    女子ダブルスの試合、特にベテランや女子連の方の試合を観ていて感じること…

  4. テニス メンタル

    ダブルス

    「ローボレーがどうしても苦手・・・」な人は、ダブルスでは変則陣形で挑むのも有り!

    テニスの数ある技術の中でも、最も難しい部類に入るのが低い位置のボレー、…

  5. テニス ダブルス

    ダブルス

    決めたことはやる、がダブルスの信頼関係を作っていく

    ダブルスペアで、いまいち信頼関係が築けていないと感じている方へ。…

  6. テニス ポジショニング

    ダブルス

    魚のいない場所で糸を垂らしても、一匹も釣れない

    少し、極端な例かも知れませんが・・・。ダブルスの試合を観ている…

特集記事

  1. テニス 団体戦

    サーブ

    サーブを打つ時のボールチョイス、しっかりやろう!
  2. スマッシュ

    「スマッシュを自分の武器として育てていく」為に、テニスの練習で必要な意識4つ
  3. テニス ストローク

    ストローク

    ドロップショットは、「踏み込んで高い打点から打つこと」で、より相手は動けなくなる…
  4. テニス ボレー

    ロブ

    ロブは上に打ち上げるのではなく、前に押し込んでいこう!
  5. テニス 守備

    ボレー

    「クレーコートでのネットプレーのコツ」新時代のテニスに不可欠な戦術を身に付けよう…
PAGE TOP