テニス ダブルス

ダブルス

ダブルスの試合で鉄壁な並行陣は、「センターの守り方」が優れているから抜かれない!

この夏こそダブルスで並行陣にトライしたい、または並行陣の強いペアを倒したいと思っている方。

一見難しい陣形のようですが、弱点とその攻撃方法さえ覚えれば、きっと今のアナタの力でも十分に対抗出来る。

強いペアの並行陣の特徴を改めて確認して、「なぜ?」という疑問から紐解いてみましょう。

シンプルにテニスは、ネット上はセンターベルトの上、真ん中にボールが集まるもの。

であれば、守るべきは・・・もう、分かりますね。

 

ダブルスの試合で鉄壁な並行陣は、「センターの守り方」が優れているから抜かれない!

 


 

■ダブルスでは「2人の間」は常に弱点になる

並行陣のように、2人が少しの前後差を付けて並ぶような陣形は、真ん中が狙われやすい。

理由としては2つ。

1つは「狙いやすい」ということ。

ライン際はナイスショットとアウトが紙一重で、狙うのにも勇気が要りますが、センターはど真ん中から多少ずれても良い。

気持ちに余裕が出来ますよね。

もう1つは、ボールを触った片方のペアがセンターに寄り、サイドが空いてチャンスが作れるから。

だから並行陣、2人でボレーに出ると真ん中がいつも狙われやすいのです。

 

■2人が近い距離感を保てば、センター攻撃は怖くない

アナタが並行陣にトライするなら、出来るだけ2人は近い位置、ペアとの距離感を意識しましょう。

私の経験では、お互いに近い側でラケットを伸ばして、当たるか当たらないかくらい。

結構、近いですよね。

これくらいの距離感だと、センターへの攻撃に対して2段構えが出来る。

前衛が触れなくても、後衛がカバー出来る、のが強い並行陣の基本です。

 

■強い並行陣は、ストローク側に攻撃の選択肢を与えない

ネットプレーの基本は、相手の選択肢を絞ることです。

低く滑るスライスで高い打点からの攻撃をさせない、のがその代表格ですよね。

深いボールはきっとロブも打ってくる、と分かっているならポジションを少し後ろに構えておく。

自分が打ったボールに対して、ペアと一緒に微調整が出来ると、「もう打つとこ無いよ・・・」という感じで相手は困ってくれる。

この自滅を促す動きが、強いダブルスの鉄則です。

 

結論、アナタのストローク力で丁寧に相手のセンターを攻撃していくこと。

そしてアナタが並行陣を取った際には、センターに寄ってしっかりふさいで、相手に自滅を促すこと。

ポジションやコース取りだけで、テニスの試合、特にダブルスはもっと勝てるようになります!

センターの守り方は、ぜひ普段の練習からペアと話し合っておきましょうね。

ピックアップ記事

  1. テニスの壁打ちをする場所が無い・・・人は、「リバウンドネット」を設置してみない?…
  2. テニスラケット ピュアドライブの新作は、「攻撃的な大人のテニス」に最高の武器にな…
  3. テニスの試合で勝ちたい男子選手に、オススメのゲームウェア
  4. テニスのフットワークを支える足元の秘密は、スーパーフィートのインソール
  5. あらゆる場面で活躍できる「万能タイプスポーツサプリメント」凌駕BCAA+

関連記事

  1. テニス 守備

    ダブルス

    「ダブルスで勝てないペア、選手が陥りがちな8の字ラリー症候群」アナタは大丈夫ですか?

    テニスを最初に始めたときに、4人でコートに立つとみんなでボールを回して…

  2. テニス ダブルス
  3. テニス リターン

    ダブルス

    ダブルスの試合で、「譲り合って、結局返せない」ペアは、あの基本から見直そう

    ダブルスの試合を観ていると、「あ~」と思ってしまうポイントがある。…

  4. テニス ダブルス

    ダブルス

    「テニスのダブルスで、組み慣れたペアと即席ペアの違い」が一番現れる部分とは?

    テニスのダブルスの試合には、皆さんどんなペアと組んで出ていますか?…

  5. テニス ダブルス

    ダブルス

    コントロールが良いサーバーは、前衛の動きを見れば分かる

    ダブルスの試合のときに、試合の序盤で感じること。「あ、このペア…

  6. ダブルス

    「意外とこれがポーチチャンス!」パートナーのセカンドサーブがテニスの試合では勝負の分かれ目に

    ダブルスの試合の中でポーチボレーをちゃんと仕掛けている?せっか…

特集記事

  1. テニス メンタル
  1. テニス ストローク

    シングルス

    テニスのシングルスの試合では特に、「低いボールからは、無理して攻撃しない」ことが…
  2. テニス ストローク

    ストローク

    ドロップショットの質を高めたいなら、「相手の走ろうとしているコースの逆の前」へ落…
  3. ストローク

    ショートクロスのストローク、打点さえつかめば難しくはない
  4. テニス ストローク

    シングルス

    上のレベルで結果を出すシコラーの選手は、ミスを待っているだけじゃなく「引き出して…
  5. テニス トレーニング

    日々の雑記

    小さな積み重ねを、必ず陰から見ている人はいる
PAGE TOP