テニス ボレー

ダブルス

ダブルスのセンターセオリー、が分からない人の為に必要な5つのアイデア

「センターセオリー」と言われても、何をやったら良いのか分からない・・・。

中級者以上の方で試合に出る方、ならここを乗り越えていかないといけませんよね。

攻撃と守備、必要なアイデアは決して多くありません。

理由と必要性を理解出来れば、自然とダブルスは勝てるようになるでしょう。

 

ダブルスのセンターセオリー、が分からない人の為に必要な5つのアイデア

 

1.ダブルスは2人の間を狙うのが基本

まず、なぜ2人の間を狙うのか。

これは、当然相手に迷いを誘うのが狙い、になります。

雁行陣なら前衛寄りは狙い辛いですが、そんなにポーチに出てこないような前衛なら2人の間、を狙っても良い。

2人が前に出て来る並行陣相手なら、よりこの2人の間、が狙いやすくなりますね。

少しでも迷ったり、譲り合ってくれればチャンス!

そこからどんどん、チャンスを拡げていきましょう。

 

2.センターからは攻撃し辛いのがテニス

センターセオリー、これがすごく大事な要素になります。

テニスでは、コートの真ん中、からは攻撃が難しい。

どこにでも打てそうで、実は鋭角なショットが打てないですからね。

相手を走らせるような配球、がやり辛いんです。

だから、センターに打っておけば自分たちが攻撃される可能性が低くなる。

相手が打てる範囲を限定させること、が出来るのがセンター攻撃の魅力です。

 

3.センターを攻撃されたら前衛が触る!

実際に2.のように試合で打たれたら、どうするのか。

これはもう先読みして、どんどん前衛が触る。

前衛が打てれば、相手のセンター攻撃も怖くありません。

この意識の背景には、前衛が触れなくても後衛がいる、という二段構えがありますね。

ダブルスはセンターは、とにかく2人で守る。

でも出来るだけ、前衛が触って攻撃的にプレーする意識、が大事です。

 

4.ダブルスは2人の距離を徹底して近くする

ダブルスの上手いペア、を見てみると・・・どうでしょう。

特に、2人で前に出た並行陣では距離がすごく近い。

センターに打たれても、ラケットでお互いが余裕で触れあうくらい、の距離感ですね。

試合に勝てない人は、2人で遠慮し合うかのように、離れて立っているようなポジショニングになっているはず。

ぶつかっても良いので、2人の距離は近付けておく。

これがセンターセオリー、守備の基本です。

 

5.距離を近づけて、相手には両サイドに打たせる

結論、とにかくセンターに打たれると辛いのがダブルスです。

だから3.で書いたように前衛が触る、プレッシャーをかける。

それから4.のように距離を近づける。

そうすることで・・・最後に相手は、リスクの高い両サイド、アレーに打って来るようになるでしょう。

こうなると、もうペースはこちらのもの。

ネットが高い両端はミスも増えますし、打たれてもコチラ側も反撃しやすい。

アングルボレーも打ちやすいし、ストレートに流してエースも狙える。

とにかく両サイドに誘うこと、がセンターセオリーの極意です。

 

アイデアとしては、真ん中を締めて両サイドを空けて待つ。

前衛が優先して触って、2人の距離を狭める。

試合では、アレーコートに打たれたら捨てるくらいでも良いでしょう。

アレーに打たれてエース、の何倍もセンターを抜かれているはずですから。

まずはここ、の対策が急務でしょう。

ピックアップ記事

  1. 夜のランニングのマストアイテム、蛍光色グッズで安全にトレーニングを
  2. 晴雨兼用のビッグパラソルは、テニス選手なら欠かせないアイテム
  3. テニスのニューボールの状態を維持出来る、「ボールキーパー」って?
  4. ベイビーステップ 46巻 は、シングルスの試合の駆け引きの描写が秀逸
  5. テニスの試合に必要なフットワークトレーニングに、ラダーは必需品

関連記事

  1. ダブルス

    ストレートロブを抜かれた後、抜いた後のダブルスの戦術について

    ダブルスの試合で、よくあるストレートロブを抜かれた後の展開。後…

  2. テニス ボレー

    ダブルス

    Iフォーメーションが難しいと感じるなら、「ただポジションを戻すだけ」でも、充分効果はある!

    ダブルスのフォーメーションプレー、やってみたいけど難しい・・・と感じて…

  3. テニス メンタル

    ダブルス

    ダブルスペアの一体感、言葉にするのは簡単

    試合で勝ち上がっていくのに、ダブルスでのペアの一体感は欠かせません。…

  4. テニス メンタル

    ダブルス

    ポジションを上手く移動出来れば、相手は勝手に自滅してくれる

    色々なスポーツには、「フェイント」という技術がある。サッカーや…

  5. テニス ダブルス

    ダブルス

    「これは絶対、ダブルスでやっちゃダメ!」自分が前衛のとき、後衛が打つ瞬間を見ること

    「えっ、これってダメなの?」と聞かれることがよくありますが、基本的にダ…

  6. テニス サーブ

    ダブルス

    ミックスダブルスの試合で、「若手ペアに勝てない・・・」と悩むシニアのペアの方へ

    早速、今回頂いたアンケートの中から少しだけ。ベテラン、シニアのみな…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス ストローク

    スマッシュ

    クロス方向へのスマッシュは、スライスサーブの延長で打てば大丈夫
  2. テニス サーブ

    戦術

    自分のプレッシャーが相手に通じなくなるのは、当たり前
  3. テニス 準備

    ストローク

    高く弾むチャンスのようなボール、はどの高さでストロークするのが良い?
  4. テニス ロブ

    ストローク

    「女性の方、必見」テニスの試合で、男性相手の回転系ボールの返し方5つ
  5. テニス 客観視

    メンタル

    自然と結果が付いて来る人、いつまでも他人と比べたがる人
PAGE TOP