テニス ボレー

ダブルス

ダブルスのセンターセオリー、が分からない人の為に必要な5つのアイデア

「センターセオリー」と言われても、何をやったら良いのか分からない・・・。

中級者以上の方で試合に出る方、ならここを乗り越えていかないといけませんよね。

攻撃と守備、必要なアイデアは決して多くありません。

理由と必要性を理解出来れば、自然とダブルスは勝てるようになるでしょう。

 

ダブルスのセンターセオリー、が分からない人の為に必要な5つのアイデア

 

1.ダブルスは2人の間を狙うのが基本

まず、なぜ2人の間を狙うのか。

これは、当然相手に迷いを誘うのが狙い、になります。

雁行陣なら前衛寄りは狙い辛いですが、そんなにポーチに出てこないような前衛なら2人の間、を狙っても良い。

2人が前に出て来る並行陣相手なら、よりこの2人の間、が狙いやすくなりますね。

少しでも迷ったり、譲り合ってくれればチャンス!

そこからどんどん、チャンスを拡げていきましょう。

 

2.センターからは攻撃し辛いのがテニス

センターセオリー、これがすごく大事な要素になります。

テニスでは、コートの真ん中、からは攻撃が難しい。

どこにでも打てそうで、実は鋭角なショットが打てないですからね。

相手を走らせるような配球、がやり辛いんです。

だから、センターに打っておけば自分たちが攻撃される可能性が低くなる。

相手が打てる範囲を限定させること、が出来るのがセンター攻撃の魅力です。

 

3.センターを攻撃されたら前衛が触る!

実際に2.のように試合で打たれたら、どうするのか。

これはもう先読みして、どんどん前衛が触る。

前衛が打てれば、相手のセンター攻撃も怖くありません。

この意識の背景には、前衛が触れなくても後衛がいる、という二段構えがありますね。

ダブルスはセンターは、とにかく2人で守る。

でも出来るだけ、前衛が触って攻撃的にプレーする意識、が大事です。

 

4.ダブルスは2人の距離を徹底して近くする

ダブルスの上手いペア、を見てみると・・・どうでしょう。

特に、2人で前に出た並行陣では距離がすごく近い。

センターに打たれても、ラケットでお互いが余裕で触れあうくらい、の距離感ですね。

試合に勝てない人は、2人で遠慮し合うかのように、離れて立っているようなポジショニングになっているはず。

ぶつかっても良いので、2人の距離は近付けておく。

これがセンターセオリー、守備の基本です。

 

5.距離を近づけて、相手には両サイドに打たせる

結論、とにかくセンターに打たれると辛いのがダブルスです。

だから3.で書いたように前衛が触る、プレッシャーをかける。

それから4.のように距離を近づける。

そうすることで・・・最後に相手は、リスクの高い両サイド、アレーに打って来るようになるでしょう。

こうなると、もうペースはこちらのもの。

ネットが高い両端はミスも増えますし、打たれてもコチラ側も反撃しやすい。

アングルボレーも打ちやすいし、ストレートに流してエースも狙える。

とにかく両サイドに誘うこと、がセンターセオリーの極意です。

 

アイデアとしては、真ん中を締めて両サイドを空けて待つ。

前衛が優先して触って、2人の距離を狭める。

試合では、アレーコートに打たれたら捨てるくらいでも良いでしょう。

アレーに打たれてエース、の何倍もセンターを抜かれているはずですから。

まずはここ、の対策が急務でしょう。

ピックアップ記事

  1. 男子シングルスの試合を戦い抜くなら、大量発汗にも耐えうるタオルチョイスを
  2. 学生さんや社会人プレイヤーにもお勧め!「タッチ系テニス」に適したガット3選
  3. テニスのルールの基本を学びたい人にお勧めの書籍「テニスのルール 審判の基本」
  4. 準備しておいて絶対に損は無い、試合会場でのトイレ事情について
  5. テニスの試合に強くなりたい人が読んで欲しい漫画、「アルキメデスの大戦」

関連記事

  1. ダブルス

    相手がポーチに出て来てからストレートに打っても、それは後手の策

    ちょっとした差ですが、この違いは大きいです。ダブルスの試合で、…

  2. テニス ダブルス

    ダブルス

    ドロップボレーが上手い並行陣プレイヤーは、強引に4アップの陣形に持ち込めば良い

    サーブ&ボレー、の相手に足元に沈めても・・・「ポトッ」と前に落とされて…

  3. テニス ロブ

    ダブルス

    ダブルスの試合、並行陣にこだわり過ぎていると「並行陣慣れ」しているダブルスペアには勝てない

    ダブルスの試合は、大学生くらいから特に男性は並行陣が主体となる。…

  4. テニス スマッシュ

    ダブルス

    ダブルスの前衛、「常に自分の1メートル前」には宝の山がある

    ダブルスの試合、前衛にいるときに何を考えて待つか。私はいつも、…

  5. テニス ストローク

    ダブルス

    ダブルスの後衛で大きく外に走らされたら、「ストレートアタック風トップスピンロブ」を使ってみよう

    ダブルスの試合を雁行陣で戦っていて、大きく後衛が外に走らされる。…

  6. ダブルス

    ダブルスの試合で「後衛がワイドに打ったら、前衛は・・・?」の問題について

    よく言われる、「ワイドに打ったら、ワイドをケア!」「ストレート…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス ストローク

    シングルス

    「シングルス、難しいっ!!」テニスの試合で苦手意識が浮き彫りになる理由とは?
  2. テニス 戦術

    戦術

    「なぜ、テニスの試合は初心者相手だと、辛くなる」のか
  3. テニス ハードコート

    練習メニュー

    先輩の意見を聞くことは大事だけど、「同じ練習をやるだけでは、越えられない」という…
  4. テニス ボレー

    ダブルス

    「ダブルス弱者としての仕事を全うせよ!」テニスの試合で勝ちたければ、割り切ろう
  5. テニス テイクバック

    ストローク

    硬式テニスでの「両手バックハンドの武器を最大限に活かす」為に必要な、グリップを握…
PAGE TOP