テニス ストローク

戦術

センターセオリーを軸に置いて、常にアングルを狙うこと

ダブルスのセンターセオリー、相手2人の間を狙うこと。

これは、何度も書いてきましたし、試合に出ているみなさんならきっと実践出来ているはず。

だからこそ、今回はあえて、センターセオリーの配球をしながら、でも考えておきたいこと。

つい、視野が狭くなりがちですからね、ダブルスの試合は。

セオリー戦術は大事ですが、それも一つの攻め方に過ぎない。

本当に強い相手に勝つには、セオリーを貫くだけじゃダメ、ですからね。

 

センターセオリーを軸に置いて、常にアングルを狙うこと

 

1.センター狙いだけでは、ダブルスは勝てない

これは、当然でしょう。

相手も慣れて来るし、対策を練って来る。

2人の距離を近くして、なるべくセンターに反応出来るようにしていく。

この時に、アナタ自身が何を考えながら攻撃するか、です。

「相手が対応して来る」ことは、折り込み済じゃないと。

センター狙いは、あくまでセオリー。

試合慣れした相手なら、「そうだよね」と思いながら対応する。

だからこそ、アナタ自身に必要なのは「アングルの目線」です。

 

2.センターは攻撃するというより、「相手を寄せる」イメージで

ダブルスでのセンター攻撃、ここでまずはミスしない。

だって、相手を寄せるくらいのイメージでちょうど良いですからね。

相手だって、当然攻められるのは折り込み済、特に並行陣はそうでしょう。

だからこそ、相手を寄せるだけで良い。

寄せていけば、相手のアングルが空く、どんどん真ん中に寄ってくれる。

センター攻撃、セオリーの途中でミスしないこと。

それから、センターを攻撃しながらも「常にアングルを狙う」という姿勢を大切に、です。

 

3.アングルでエースを狙えるようになろう!

ダブルスのステップアップ、それはつまりこういう攻撃が出来るかどうかということ。

アングルへ、しっかりエースが狙える。

もちろん、厳しすぎるコースを狙う必要はありません。

シングルスコートで、ダブルスのエースが取れる。

その為には、相手を真ん中に寄せておく、ことが第一ですよね。

常に、アングルを狙う。

相手センターに寄せて、自分がどこでポイントを奪っていくのか、確認しましょう。

狙う姿勢が無い人は、慌てて打とうとしてミスするだけ、です。

 

4.2回センター、の後にはアングルへ打とう

私の感覚では、まず2回はセンター、その後にアングル、が効果的。

人って、2回繰り返されるとかなり意識する。

「2度あることは、3度ある」と言いますしね、それくらい3回目を警戒してくれる。

そこでコースを変える、アングルへ運ぶ、ことがダブルスの試合では効果的だと思います。

もちろん、あくまで基本の考えなので、みなさんでカスタマイズしてみて下さい。

いきなりアングル、よりもきっと効果的でしょう。

 

5.アングルボレー、打たないと上達しないです

この作戦、きっと「アングルボレー」の精度が肝。

なかなか打たないショット、になってはいませんか?

試合でも怖いし、練習ではラリーを切ってしまうようなショット、になる。

打つ回数、練習量が絶対的に足りない、のがこのアングルボレー、でしょう。

私がオススメしているのは、練習のボレーボレーからどんどん打っていく、そこでラリーを終わっても良い。

試合で決め球、になるショットですから、打つ回数を増やさないと鍛えられないですよ。

 

アングルボレー、で決める為のお膳立て。

センターへ攻撃しながら、アングルを常に狙う。

この意識があると、自然と相手をよく見えるようになるんですよね。

何となく、相手を動かして・・・よりも明確に意識を持ちましょう。

そこから全ては、始まるはずです。

ピックアップ記事

  1. テニスのルールの基本を学びたい人にお勧めの書籍「テニスのルール 審判の基本」
  2. 体幹の筋力アップに、意外とリーズナブルな「シットアップベンチ」を1台どうですか?…
  3. スピンサーブ習得の秘密兵器に、「スピンサーブマスター」を使ってみない?
  4. テニス選手に必要なトレーニングは、「重り付き」縄跳びでしっかり身に付く
  5. 寒くなる前に購入マスト、なテニス選手に最適なベンチコート3選

関連記事

  1. テニス 準備

    戦術

    意外と大事な試合で多い、「8ゲームマッチ」の戦い方について意識したいこと4つ

    学生の皆さんの大会でも、一般の市民大会でも意外と多いのが8ゲームマッチ…

  2. テニス リターン

    戦術

    ミスが少なくなった自分は、実感し辛い

    色々と意識して、実際に試合に勝てるようになっていく。結果が出始…

  3. テニス 練習

    戦術

    テニスの試合でつい決め急いでしまうのは、「ゲームメイク力に自信が無いから」です

    テニスの試合、ついチャンスを決め急いでしまう人。どこか、ラリー…

  4. テニス トレーニング

    戦術

    テニスの試合、戦い方を変えることを恐れては前に進めない

    みなさんの周りで、試合に強い選手。でもいつかは勝ちたい、と思い…

  5. テニス ルール

    戦術

    「緊張するタイブレーク」に突入したときに、攻撃的にいく?守備的になる?という作戦について

    1セットマッチ、6ゲームオールになってタイブレークに突入。した…

  6. テニス 練習

    戦術

    相手に向かって打つ、のは2往復までで良い

    試合でも練習でも、ここを意識して欲しい。テニスの試合では、実際…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. 戦術

    テニスの試合で勝つために必要な「展開力」を身に付ける為の4つの意識
  2. テニス ストローク

    フットワーク

    「遅れてないか?軸足の使い分け判断」テニスの試合、フットワークは判断のスピードが…
  3. 戦術

    真剣勝負の現場では、ボディに打つし、打たれるのが日常茶飯事
  4. テニス メンタル

    ストローク

    フォアハンドが打てない、グリップも分からない症候群に陥ったみなさんへ
  5. テニス 準備

    ストローク

    ストロークに必要な速い準備とは、「相手が打ったボールがネットを越える前」までが勝…
PAGE TOP