テニス ガスケ

ストローク

攻撃的なフラットショットを打ちたいなら、ラケットの振り幅は小さい方が良い

フラットショット、私はどちらかと言えばほとんど使わない。

と言いますか、使えない・・・んですよね。

試合の中で、あまり使う場面が浮かばない。

でも、よく考えてみると、使う場面はあります。

そして、確実性をアップさせることが出来れば、フラットショットは良いアクセントになる。

速いボール、を意識されると遅いボールもより効果的ですしね。

 

攻撃的なフラットショットを打ちたいなら、ラケットの振り幅は小さい方が良い

 

1.例えばボレーヤーに対しての突き球、に有効

皆さんがストロークで、相手がボレーヤー。

その時に、スピンやスライスのショットが基本だと思いますが・・・良い意味で「突き球」を使いたい。

相手に対して、フラット気味のショットでセンターやボディを突く、ようなストロークが打てると非常に効果的。

「フラットショットなんて、若者のショットだし自分には要らない」というのは、良くないですよ。

きっと、アナタの今のテニスにも良いアクセントになる。

正しく打てば、しっかり武器になるのがフラット系のショットです。

 

2.回転系よりも、スウィング幅はコンパクトに

大事なのは、この意識。

後ろのテクバックも、前へのフォロースルーも、すごく小さくて良い。

フラット系のショットで、パワー系なイメージ、ありませんか?

それは大きな誤解。

むしろ、回転系のショットよりもラケットは動かさない。

回転量が少ないので、より正確なコントロールが求められる直線的なショット、ですからね。

大きく振っているような感じで、安定する訳が無いんです。

 

3.ダブルスの試合では、相手のセンターに突き球を使っていこう!

これはダブルスの基本、ですね。

2人の間、特にネットプレーで並行陣相手のようなときには、センターにはフラット系のショットを打ちたい。

センターストラップ付近はネットも一番低いし、直線的なショットも通しやすいですからね。

ミスの可能性も低くなる、気持ち的にも楽になる。

遅いだけのボール、だと相手の眼も足も慣れて来ますからね。

意表を突く、突き球のフラットショットは本当に有効です。

 

4.低い打点でも、意外と打てますよ

フラット系のストロークは、確かに高い打点から打てると有効。

でも、ダブルスの試合で並行陣のセンターを突くようなときは、私は意外と低い位置からでも打てる。

フォロースルーを無し、にするくらいコンパクトに打つと、結構コントロール良く飛んでいきますしね。

アナタ自身、プレーの幅を広げる意味でも、ぜひ身に付けて欲しいフラット系のショット。

試しに打ってみて下さい。

スピンやスライス、だけじゃなく、フラットに当てて小さいスウィングにしてみる。

これだけで、きっと新しい武器の完成です。

 

並行陣相手に打ってみると、意外と効果があるショット。

フラットショットって、男性で若い人しか使わないショット・・・ではないですよ。

実際には、少しだけスピン回転もかかってますしね。

自分のプレーの幅を、自分で狭めるのはもったいない。

きっとまだまだ、アナタ自身新しい技術は身に付くはずです。

そう、何歳になっても、です。

ピックアップ記事

  1. アディダス テニスシューズ バリケード JAPAN がアシンメトリーで最高にカッ…
  2. テニスの試合に持参すると便利な、折り畳みチェア3選
  3. 雨でコートが濡れていてもテニスがしたい!方にお勧めの「ウォーターバキューマー」
  4. 【ご報告】YOUTUBEチャンネル、公開しました!
  5. テニス部・テニスサークルとして勝てる集団になりたいなら、「スコアシート」は欠かせ…

関連記事

  1. テニス スライス

    ストローク

    「バック側をサーブで攻められて、押される・・・」ときに実戦したい、錦織選手も得意なアノ技術

    サーブでバックハンド側を攻撃される、というのはよくあるパターン。…

  2. テニス サーブ

    ストローク

    ウィンブルドンの前に確認しておきたい「テニスにおけるスライスのメリット」5つ

    もうすぐテニスの一大イベント、ウィンブルドンが開幕。男子は錦織…

  3. ストローク

    ドロップショットの目的は、長い距離を走らせること

    私が試合で、意識していること。それは、ドロップショットをまず使…

  4. ストローク

    今一度考えて欲しい、「速くて低いストロークと、山なりで深いストローク」は、どちらが試合で有効ですか?…

    試合では相手にとって、「嫌」なことを繰り返していくのがスポーツでありテ…

  5. テニス ストローク

    ストローク

    浅いボールをしっかりスピン回転で攻撃するストローク、に必要なコツ4つ

    浅いボールを前に走って、ストローク。ここでスライスでも良いけど…

  6. ストローク

    「現代テニスの基本」ストロークのオープンスタンスで攻撃する4つのメリット

    楽天ジャパンオープンが開幕し、日本で世界トップレベルのテニスが観れる熱…

特集記事

  1. テニス 粘り

    ストローク

    肩を入れて逆クロス、にドロップショットを打ってみよう
  2. リターン

    「浅いセカンドサーブは、思い切ってドロップショットでリターン」が実践出来ると試合…
  3. テニス 練習

    ボレー

    なぜ、上級者のドロップボレーは触れないのか?
  4. テニス サーブ

    スマッシュ

    深い位置からのスマッシュでも、「しっかりコースを突いて、相手を追い込む」為に必要…
  5. ボレー

    スライスやフラットの重たいストロークは、バウンドさせないのが一番
PAGE TOP