テニス ダブルス

ダブルス

対並行陣の武器、はどう使っていけば良い?

ダブルスの試合で、相手の並行陣をどう崩していくのか。

これは、上のレベルの試合になると必ず求められる要素になって来ます。

どんな武器を、いつ使うのか。

しっかり準備出来れば、恐れることはありません。

2人が前に出て来られても、プレッシャーを感じる必要は無いですよ。

 

対並行陣の武器、はどう使っていけば良い?

 


 

1.相手のポジションには、必ず穴がある

まず、並行陣の特性を考えてみましょう。

相手が2人共、前に出て来てボレーをしようとしている。

ここでしっかり、相手のポジションを確認してみましょう。

テニスにおいて、バランスの良いポジションはあっても、完璧なポジションというのは有り得ない。

ですから、必ずどこかに穴があるんです。

相手の前衛、後衛はどこに立っているのか。

まずは、前衛からチェックしてみることをお勧めします。

 

2.前衛が前に詰めているのか、下がってロブをケアしているのか。

これは、男女でもかなり変わってきます。

女子ダブルス、ベテランペアのみなさんは結構前衛が下がり目でロブをケアしている。

男子ダブルスは、前に詰めている前衛、も多いと思います。

ここをしっかりチェック出来れば、ロブを使うのか、それとも鋭く沈めていくのか、が分かるはず。

下がっている相手にロブを打っても、効果はありません。

相手が2人前に出てくると、つい上に打ちたくなるんですけどね・・・それは、誘われて打つのと同じ。

まずは相手のポジションを見て、私ならこう戦います。

 

3.男子ダブルスなら、ロブを使う

男子ダブルスの並行陣は、かなり前にポジションを取ることが多い。

ですから、ロブを使うのが有効。

相手を下げる、ことが出来れば大成功です。

男子ダブルスで並行陣相手にムキになって打ち続けても、相手の思うツボですよね。

後衛ですら前に詰めて来るようなペア、も多いですから。

まずはオーソドックスに前衛の上にロブを上げる、スマッシュやハイボレーを打たせてみましょう。

これが立派な、武器になるはずです。

 



 

4.女子ダブルスなら、徹底したセンター狙いを

女子ダブルスの並行陣は、基本少し下がり目なポジションなはず。

ですから、ロブよりも足下に沈めるストロークが効果的になります。

前衛が下がり目なので、後衛との前後差があまりない。

そうなると、2人の真ん中を狙う鋭いショットがすごく有効になります。

2人の間で、どちらかの選手にローボレーをさせることが出来れば最高ですね。

女子ダブルス=ロブ、という先入観は捨てましょう。

しっかりセンターを鋭いボールで狙う方が、試合では有効ですよ。

 

5.上を意識して、足下で仕留める

これが、賢い並行陣の崩し方です。

まずはロブを意識させて、次に足下を使う。

その逆、もまた有効になりますね。

上に来るのか、下に来るのか、相手に迷いを与えてみる。

速いショットでなくても、「どっちでも打てる」ことをアピールすれば良いプレッシャーになります。

逃げるのではなく、両方をどんどん見せていく。

相手を前後に走らせるような配球が出来れば、並行陣は自然に崩れていくでしょう。

 

まずは、圧迫感を感じないことです。

相手が2人前でも、そんなに良いボレーが決まる訳ではありません。

恐れず、しっかりラケットを振って打っていく。

この姿勢があれば、上のレベルの並行陣でも怖く無い。

アナタ自身が自滅すること、を相手は狙っている訳ですから。

狙いを絞って、武器を繰り出していきましょう!

ピックアップ記事

  1. ミズノ社製のアイスマットを使えば、夏場の厳しい試合も乗り越えられるはず
  2. テニスのルールの基本を学びたい人にお勧めの書籍「テニスのルール 審判の基本」
  3. 真夏のテニスの試合に必要な、熱中症対策のマストアイテム5つ
  4. 冬のテニスのマストアイテム、手袋選びは勝利への近道
  5. 大会シーズンに準備したい、サンバイザー5選

関連記事

  1. ダブルス

    前衛は後衛のボールを、「奪って」OK

    ダブルスで活躍出来る、前衛の考え方。自分から動いて、ボールを触…

  2. テニス メンタル

    ダブルス

    ダブルスの試合で、「自分ばかり狙われて辛い」人はどうすれば良い?

    誰にでも、一度や二度は経験あることだと思います。ダブルスの試合で、…

  3. テニス ダブルス

    ダブルス

    試合前に自分のダブルスペアと、どんな会話してる?

    皆さん、実際の試合前、どうでしょう?初めて組むペア、というより…

  4. テニス 戦術

    ダブルス

    ダブルスの早い展開で使えるボレーは、「打ち終わりが高い位置で終わるボレー」に限る

    ダブルスの試合で、ボレー戦になる・・・ときに、皆さんポイントしっかり取…

  5. テニス 並行陣

    ダブルス

    誤解されがちですが、並行陣は「ミスをもらう守備的な陣形」

    ダブルスの試合、並行陣のペアってやっぱり迫力がありますよね。サ…

  6. テニス ダブルス

    ダブルス

    ダブルスの試合、パートナーのミスを「自分の責任」と考えられる人は少ない

    ダブルスペアとしての一体感。これは、ある場面を見ればすぐに分か…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. ストローク

    人は試合で不安になると、「回転量を増やしたくなって」おかしくなる
  2. テニス 確率

    サーブ

    最初のサービス練習4本、丁寧に入れれば相手は・・・何を感じますか?
  3. テニス ダブルス

    ダブルス

    ミックスダブルスでの法則、「男性サーブ、女性リターンのときは7割がロブ」という頭…
  4. サーブ

    ファーストサーブが入らない、本当の理由
  5. テニス 戦術

    フットワーク

    テニスの試合で、意外と「遅いボールの返球が難しい」理由5つ
PAGE TOP