ダブルス

並行陣の逆陣形、を理解すればダブルスに強くなる

並行陣で、後衛がどんどん前に詰める形。

男子ダブルスでは、これがもはやスタンダードになりつつありますね。

しっかりと理解出来ていれば、試合でも強くなる。

普通に戦って勝てない相手、ならこういう作戦も大事です。

 

並行陣の逆陣形、を理解すればダブルスに強くなる

 


 

1.並行陣の基本から確認しましょう

赤側がサーブを打って、前に出る。

並行陣を作るようなイメージで、考えていきましょう。

相手のリターンを、前でさばいていく、そのまま2人でネットに出る。

通常は、サーブを打った選手はサービスライン付近にとどまって、後衛としてゲームメイクしていくのが基本です。

この形でも、充分に相手のプレッシャーにはなるでしょう。

でも、強い相手なら話は別。

どんどんクロスに沈められて、クロスラリーで優位に立つのが難しくなる。

こういう相手に主導権を握るには、あえての逆陣形、も必要です。

 

2.逆陣形とは?

通常はサーブを打ったん選手が後衛で守り、を担当しますが、それをチェンジする。

前衛にいた選手が少し下がって、後衛の選手が前に詰める感じ、になります。

こういうポジショニングをすると通常、テニススクールでは「違います!」と言われるでしょう。

ですが、試合では必要。

だって、クロスの打ち合いで勝てないんですから。

相手にプレッシャーをかけること、をまず第一に考えます。

↑のような陣形なら、クロスに沈めるというのは、青側の後衛でも難しい。

でも、「クロスロブ」は怖いですよね。

ですが、安心してください。

前衛の選手が右利きなら、あえて↓打たせましょう。

右利きの右側、のロブはスマッシュ出来る。

意外と、打てると思いますよ。

その時には、サーブを打った選手とチェンジしていく。

このコンビネーション、が大事ですね。

クロスロブは、織り込み済、で準備していきましょう。

 

3.スマッシュを打てるなら、しっかり前衛がサポート

スマッシュを打てる、クロスロブを誘ったら前衛が加勢する。

前に詰めて、相手の前衛からの返球を見逃さないこと。

地味なプレーですが、サイドチェンジして安心している時間は無いですよ。

クロスロブが厳しいなら、自分も少し下がってバランスを取る、相手の攻撃に備える。

自分が前に詰めて逆陣形を作る、その後のロブに対して、良い反応で動いていくことが大事。

相手からのロブに対しての考え方、まとめるとこんな感じ。

↓は処理し辛いので・・・

↓のようなロブを打たせる

相手のリズムが乱れること、を期待しつつ、右利きの利点を活かしていきましょう。

 

左利きの方なら、逆サイドで使える作戦。

やっぱり逆陣形って、たまに並行陣で入れるだけでもかなり効果的ですよ。

サーバーがファーストボレーから、更に前に詰める、前衛は下がる。

これだけで、相手はプレッシャーに感じてくれるはずです。

ぜひ、試してみて下さいね。

ピックアップ記事

  1. HEADラケットのスタンダードモデルを使い続けて、気付いたことまとめ
  2. 大事なテニスウェアを汚したくないなら、シャープの超音波ウォッシャーを持ち歩こう
  3. テニスの壁打ちをする場所が無い・・・人は、「リバウンドネット」を設置してみない?…
  4. 寒くなる前に購入マスト、なテニス選手に最適なベンチコート3選
  5. 飲んだらコンパクトに!パックアップボトルを持って試合に出かけよう

関連記事

  1. テニス メンタル

    ダブルス

    ポジションを上手く移動出来れば、相手は勝手に自滅してくれる

    色々なスポーツには、「フェイント」という技術がある。サッカーや…

  2. テニス 戦術

    ダブルス

    ダブルスの試合で、「サーブが強力な対戦相手」と対峙した時の為に、2バックの陣形は練習しておこう

    オリンピックのテニス競技をテレビで観ていて、気になった方もいるのではな…

  3. テニス メンタル

    ダブルス

    苦しい時こそ、動ける前衛に

    ダブルスの試合で、今年こそしっかり強くなりたい。結果を出したい…

  4. テニス ストローク

    ダブルス

    ダブルスの試合は、「俺がやらないと!」と気負ってしまった時点で厳しくなる

    私も、責任感が強い人は大好きです。「俺が何とかしてやるんだ・・…

  5. テニス ダブルス

    ダブルス

    手堅いボレーでしぶといダブルス、どうやって崩す?

    ダブルスの試合で、みなさんがぶち当たる壁。それは、手堅い並行陣…

  6. ダブルス

    繰り返しますが、アナタのダブルスに必要なのは大胆さ、です

    私は何度も、ダブルスは前衛が動くこと、の大切さを書いてきました。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス ダブルス

    サーブ

    ダブルスの試合のタイブレークで勝ちきれない人は、「今までのゲームとは違う場所から…
  2. テニス メンタル

    戦術

    「諦めない試合」にするには、どうすれば良いのか?
  3. 日々の雑記

    大坂なおみ選手、全米オープン優勝の偉業に寄せて
  4. テニス ストローク

    メンタル

    テニスの実力差というものは、「テニスコート上の現場」で変化し続ける
  5. テニス ストローク

    ロブ

    「浅いボールをギリギリキャッチ・・・」からのストレートロブは、テニスの試合で必ず…
PAGE TOP