テニス サーブ

フットワーク

打った後素早く戻るには、頭の位置をキープするのが一番

打った後に、どうやって早く戻るのか。

この問題、について考えている人は、本当に試合に出ている人でしょう。

でも、どうやってそれを改善してく?ということろには、なかなか本気で考えない。

地道なトレーニングも大事ですが、意識次第で改善出来ること、はまだ多いはず。

そう、いかに崩れないか、が大事ですからね。

 

打った後素早く戻るには、頭の位置をキープするのが一番

 


 

1.打った後の態勢、がどうなっているのか?

これ次第、です。

実際に、しっかりした態勢が保てていれば、何も怖く無い。

逆にどんなに足が速い人も、態勢が崩れた状態ならそれを戻すのに時間がかかる。

テニスって、ノーバウンド、ワンバウンド、色々なボールをコートの隅々から返球しないといけない。

だからこそ、しっかり自分の態勢を維持しないといけないんです。

打った後に、自分が良い状態で打ち終わっている。

次への動作、にすぐに移行出来る。

こういう意識、がまず大前提で必要ですね。

 

2.キーワードは、「自分の頭」の位置

まず、これを意識しましょう。

自分の頭の位置を、出来るだけ打つ前と打ち終わり、で変わらないようにする。

例えばサーブ。

これも、ほとんどの人が頭が下がりながら打つので、前がかりで腰が折れたような状態になってしまう。

次への動作も、まずは「よいしょ」と頭を戻すところから始まってしまうじゃないですか。

これでは、なかなか相手の動きに対応出来ない。

大事なのは、頭の位置をキープして打ち終わる、ということ。

ストロークもボレーも一緒です。

遠くのボールに飛びついた後でも、頭の位置は常に安定的にキープ出来るようにしていきましょう!

 

3.遠くのボールに、頭から取りにいかない

自分の頭を突っ込ませても、意味が無い。

とにかく、大事なのはラケットを遠くに出すこと、そして真ん中に当てることです。

この目的があるのであれば、むしろ頭はあまり動かさない方が良いですよね。

ラケットの当たり損ないが多い人って、頭がグラングラン動いて目線がブレブレ。

しっかりまっすぐ、背筋を伸ばした先に頭がある。

遠くのボールも、腰が折れないで触りにいく意識を持ちましょう。

そんなに、リーチできる距離は変わらないですからね。

 

4.ポイントは胸を張ること!

特に、女性のベテランプレイヤーのみなさん、ですね。

筋肉が落ちて来ると、どうしても猫背になります。

そうなると、頭が落ちやすい、突っ込みやすい。

意図的に胸を張って、背筋を伸ばす。

頭の位置を変えないように、サーブから意識してみる。

サーブやリターンで背筋が伸びていると、それだけで良い態勢でプレーに入れるのでその後も続いていく。

頭の位置を変えると、全てがずれていく、次の構えが遅れていく。

打った後に戻る、準備は打つ前からもう始まってます。

 

頭の位置を変えない、という意識は大事です。

どうしても、不安になると人はボールの近くに頭をもっていきたくなる、近くで見たくなる。

でもそれって、安定しない第一歩。

しっかり、構え直しが早く出来るように、頭の位置を意識していきましょう!

ピックアップ記事

  1. テニスコーチ時代に、最高に憂鬱だったこと
  2. 試合に勝つダブルスを極めたいなら、お勧めの一冊
  3. ベイビーステップ 46巻 は、シングルスの試合の駆け引きの描写が秀逸
  4. 「最近使い始めた、ホワイトボードみたいなのって何ですか?」のご質問
  5. 寒くなっても清潔感は保ちたい、テニスプレイヤーのみなさんに

関連記事

  1. テニス 走力

    フットワーク

    足が速い人は、「ラリーの中でボールに追いつき過ぎてしまう」のでテニスでは注意が必要

    フットワークが良い人は、「足が速い人?」。もちろん、それも大事…

  2. テニス メンタル

    フットワーク

    走力自体に対しては、テニス選手に大差は無い

    「なぜ、あの人はあんなに走れるのか・・・」「どこに打っても、拾…

  3. テニス スライス
  4. テニス ポーチ

    フットワーク

    テニスにおいてダブルスが上手い前衛の選手は、「ポーチの後の動き」を観ればすぐに分かる

    ダブルスが上手い選手と聞いて、アナタはどんなプレイヤーを思い浮かべます…

  5. テニス 守備

    フットワーク

    テニスの試合では、シングルスでもダブルスでも、「コート全体」を守る必要はありません

    ダブルスでもシングルスでも、テニスの試合でボールが飛んで来る場所は限ら…

  6. テニス メンタル

    フットワーク

    スプリットステップをつま先で終えれば、前への推進力を活かして攻撃出来る

    素早く動いて、前に詰める。この動きが速い選手が、それだけですご…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス ストローク

    サーブ

    速いサーブを打つパートナーなら、リターンの球筋は割れていく
  2. テニス 準備

    戦術

    テニスにおいても、「目に見えないもの」は軽んじられやすい
  3. テニス ストローク

    リターン

    相手がダブルフォルトした後には、「入れにくるファーストサーブ」を遠慮なく叩きにい…
  4. テニス ストローク

    リターン

    リターンに安定感がある人が意識している、ある基本について
  5. テニス ボレー

    ボレー

    テニスの試合で勝つ「つなぐボレー」を身に付ける為に、必要な技術4つ
PAGE TOP