テニス ボレー

シングルス

シングルスの試合で有効な、「クロスロブ」の精度を上げていこう

シングルスの試合で、相手がガンガン前に出て来るタイプだったら・・・どうでしょう?

パッシングショット、で対抗しようにも読みが鋭くて抜けない。

そんな時の一手が、クロスロブです。

錦織選手も多用するこのロブは、実は楽に打ててポイントを獲りやすい技なんです。

 

シングルスの試合で有効な、「クロスロブ」の精度を上げていこう

 

1.「何となくの、普通のロブ」なんて、試合では通用しない

シングルスの試合のネットプレー、上手い選手は・・・間違いなくスマッシュが強い。

上に自信があるから、前に来る。

アナタが中途半端に迷った挙句のロブ、なんてもう鴨同然でしょう。

何となくで逃げるロブ、は深さもコースも足りない。

大事なのは、しっかり「どういうコースに、なぜ打つのか?」を決めておくこと。

クロスロブ、のメリットを見いだせれば、どんどん試合で使えるはずです。

 

2.深くても入る、スピン系のストロークで打ちやすい!

ロブって、やっぱりアウトが怖いじゃないですか。

だから加減しようとして、結果的に甘いショットになってスマッシュを打たれる。

自分が今いる場所から、クロス方向にロブを打ってみると・・・どうでしょう?

一番深い場所まで距離が取れるし、普通のストロークの延長で打てるようなイメージ、で打てませんか?

ロブって、何か特別なショットじゃない。

スピン系のストロークのつもりで打てば、それで良いんです。

普通のストロークを、深くクロス方向に打つつもりで打ってみる。

すると、意外な効果もあるんですよ。

 

3.パッシングなのか、ロブなのか・・・相手にばれない!

いつものストローク、のつもりでロブを打てるから雰囲気が同じになる。

ギリギリまで、パス?ロブ?という部分が、相手に読めないプレーになるんです。

ロブが下手な人って、もうバレバレなんですよね、ロブを上げてくるって。

深いボールに慌てて身体が開いているし、攻撃的な雰囲気が無い。

クロスロブなら普通のストロークの感覚で良いし、パッシングショットを打つ雰囲気も保てる。

是非、試合の中で使ってみて欲しいショットなんです。

 

クロス方向のロブ、大きく打つくらいでちょうど良い。

自然なスピン回転で、充分コートに収まると思いますよ。

相手からすると、このクロスロブを打たれると前に出るのが苦しくなる。

そうするとロブをケアして、前に詰められないから・・・今度はパッシングショットが活きる。

同じ構えで、出し分けながらいきましょう!

ピックアップ記事

  1. ストローク練習機「ピコチーノ」は、素振りの質を高めてくれるはず
  2. テニス選手として必要な、「オーラルケア」と栄養素について
  3. テニスシューズの中で、自分の足が滑る・・・ような人は、5本指ソックスに変えてみよ…
  4. 暑い夏のテニスの試合に備えて、瞬間冷却パックの準備は欠かせない
  5. 【ご報告】YOUTUBEチャンネル、公開しました!

関連記事

  1. テニス ボレー

    シングルス

    シングルスの試合で使える、相手を前後に振り回すロブボレー術

    シングルスの試合で、使えるテクニックの1つ、をご紹介。ドロップ…

  2. テニス メンタル

    シングルス

    「俺はこれくらいのラリー、何十球でも付き合うよ」という意志表示、出来ているか?

    試合に早い人は、ミスが早い。でもそのミスって・・・原因は何でし…

  3. シングルス

    テニスの試合、我慢こそ運を呼ぶきっかけになる

    テニスの試合、最後に勝てる人は我慢が出来る。序盤にしっかり、…

  4. テニス コントロール

    シングルス

    「人がいない場所にボールを運ぶ」テニスのシングルスの試合で必要な感覚を養うために

    シングルスとダブルスの違い、それはもちろんコート上にいる人数の少なさ。…

  5. テニス ボレー

    シングルス

    テニスのラリーには、「法則があるけどそれに気付けるかどうか」が試合で大事

    テニスの試合、特にシングルスの試合で苦労すること。漠然と、相手…

  6. テニス 雨

    シングルス

    長い試合に慣れている人は、後半にペースを上げることが出来る

    特に、シングルスの試合ですかね。毎回長い試合をものにしていくの…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス 気付き
  1. テニス 部活

    日々の雑記

    自分探しの旅、テーマはテニスで
  2. 戦術

    技術が無い選手こそ、躍動するポジショニングが必要
  3. テニス ストローク

    ボレー

    片手バックハンドボレー、なのになぜか両手バックハンドボレー、になってませんか?
  4. 戦術

    自分より強い相手と戦うなら、真っ向勝負は避けて当然
  5. テニス ボレー

    シングルス

    シングルスの試合で、守備力を上げる基本戦術とは?
PAGE TOP