テニス ダブルス

ロブ

ダブルスの試合、クロスロブが有効な場面とは?

ダブルスの試合で、ロブは基本ストレート?

確かに、前衛が正面にいるケースが多いので、ある意味正しい。

でも、レベルが上がって来ると相手の並行陣も一味違う。

あえて、クロスにロブを打つ、ような場面も増えてくると思いますよ。

 

ダブルスの試合、クロスロブが有効な場面とは?

 


 

1.男子ダブルスの並行陣は、ダブルポーチ!が多い

学生やプロの試合、を見ていると感じます。

いや、最近では草トー大会でも見る作戦ですね。

並行陣、ファーストボレーからそのまま前に入る。

普通、並行陣って後衛はサービスラインの1歩前、くらいでロブをケアする陣形ですが、これは違う。

あえて前に出て、クロスの選手がネット近く、に出るような感じですね。

そもそも、なぜこの陣形が多くなってきたのか・・・を考えてみましょう。

 

2.ストローク全盛期に、沈められるのが一番辛い

私も感じていますが、ストロークを沈められるのが一番辛い。

低い打点でも、最近のラケットと若い人の技術なら、足元に簡単に沈められてしまう。

だから、ファーストボレーからそのスペースを消す、というようなポジショニングが必要なんです。

前に詰める、のは攻撃の意味合いもありますが、それ以上に守備。

自分の沈められるスペースを消すために、前に詰めていく並行陣、にしているんです。

これに対抗するのは、もうクロスロブを使うしかないでしょう。

 

3.長めに打っても入る、から試合で有効!

実際に、ストレートロブよりも深さを出して良い。

ストレートロブは、長いとアウトしますがクロスロブなら結構入ってくれますよね。

この感覚、があると試合でも楽ですよ。

並行陣で相手の後衛、つまりは自分のクロスの相手が前に詰めて来る・・・と思ったら、迷わずロブ、を使う。

そうすることで、相手も足止め出来る。

クロスロブがあるとなると、そう簡単に前にド詰めの並行陣は出来ないですからね。

アナタ自身、ここで相手を揺さぶる、足止めさせることが出来ないと厳しい。

クロスに普通に沈めようとして、バンバン叩かれて終わりですよ。

 

4.女子ダブルスでの有効な使い方は?

普通の並行陣、との試合でも使えるのがクロスロブです。

まず、後衛の選手が「ロブは前衛の後ろの上がるもの」と、勝手に考えてくれている可能性もありますから。

自分は後衛だから、並行陣でまさかクロスの自分にロブが上がって来るとは思っていない。

触れるボールでも、ちょっとしたパニックになる可能性も高いですよね。

それに、意外とこの処理、打つコースが難しいものなんですよ。

普通にクロスロブを打って、チャンスを引き出すのも有効です。

コツとしては深く大きく打つこと。

クロスですから、アウトする可能性は低いはずです。

 

ロブは前衛に使うもの、は幻想です。

それは相手も想定済。

意表を突いたクロスロブ、をしっかり使えると、相手にとっては嫌でしょう。

ぜひ、意識して試合で使ってみて下さいね。

ピックアップ記事

  1. テニスに必要な筋力トレーニング、リストウェイトが効果的です
  2. テニスシューズの中で、自分の足が滑る・・・ような人は、5本指ソックスに変えてみよ…
  3. 【ご報告】YOUTUBEチャンネル、公開しました!
  4. 暑くも寒くも無い時期には、「アームカバー」で体温調整を
  5. テニスのニューボールの状態を維持出来る、「ボールキーパー」って?

関連記事

  1. テニス メンタル

    ロブ

    トップスピンロブに切り替えた人から、テニス上級者になれる

    試合に強い人は、常に相手を追い込むことを考えている。だからこそ…

  2. ロブ

    落として入っていても「大丈夫」なロブの追いかけ方、出来てる?

    相手にロブを打たれて、下がって下がって、落としてみると・・・「やばい!…

  3. テニス 構え

    ロブ

    アナタのロブを「試合で効果的なショット」に変えていく方法

    試合の中で「ロブ」、上手く使えてますか?ダブルスの試合では、ロ…

  4. ロブ

    ダブルスの試合、ストレートロブからのポジショニングの基本について

    ダブルスの試合で、相手をロブで動かしていく。これが出来ない人っ…

  5. テニス メンタル

    ロブ

    試合に強い選手は、ロブで抜かれても全く諦めない

    試合で強い選手って、とにかく諦めない。それがよく分かるのが、自…

  6. ロブ

    ミックスダブルスで女性の上にロブ、を打つことは勝つための大前提です

    ミックスダブルスの試合、常套手段なのに・・・。意外とやる人、少…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス 気付き
  1. テニス ストローク

    スマッシュ

    「スマッシュは・・・地味に行こう!」実際にテニスの試合で使える技術を身に付ける
  2. ストローク

    テニスの試合で、「コントロール良くストロークを打ち続ける」為に必要なターゲット意…
  3. テニス 粘り

    ストローク

    短く浅いボールが苦手な人は、ストローク時の「ポジション改革」が必要でしょう
  4. テニス ストローク

    ストローク

    テニスにおいて「こねるようなストローク」では、重さが出ない
  5. テニス コントロール

    メンタル

    強い相手との対戦こそ、まず自分をコントロールしないと試合にならない
PAGE TOP