テニス ダブルス

ロブ

ダブルスの試合、クロスロブが有効な場面とは?

ダブルスの試合で、ロブは基本ストレート?

確かに、前衛が正面にいるケースが多いので、ある意味正しい。

でも、レベルが上がって来ると相手の並行陣も一味違う。

あえて、クロスにロブを打つ、ような場面も増えてくると思いますよ。

 

ダブルスの試合、クロスロブが有効な場面とは?

 

1.男子ダブルスの並行陣は、ダブルポーチ!が多い

学生やプロの試合、を見ていると感じます。

いや、最近では草トー大会でも見る作戦ですね。

並行陣、ファーストボレーからそのまま前に入る。

普通、並行陣って後衛はサービスラインの1歩前、くらいでロブをケアする陣形ですが、これは違う。

あえて前に出て、クロスの選手がネット近く、に出るような感じですね。

そもそも、なぜこの陣形が多くなってきたのか・・・を考えてみましょう。

 

2.ストローク全盛期に、沈められるのが一番辛い

私も感じていますが、ストロークを沈められるのが一番辛い。

低い打点でも、最近のラケットと若い人の技術なら、足元に簡単に沈められてしまう。

だから、ファーストボレーからそのスペースを消す、というようなポジショニングが必要なんです。

前に詰める、のは攻撃の意味合いもありますが、それ以上に守備。

自分の沈められるスペースを消すために、前に詰めていく並行陣、にしているんです。

これに対抗するのは、もうクロスロブを使うしかないでしょう。

 

3.長めに打っても入る、から試合で有効!

実際に、ストレートロブよりも深さを出して良い。

ストレートロブは、長いとアウトしますがクロスロブなら結構入ってくれますよね。

この感覚、があると試合でも楽ですよ。

並行陣で相手の後衛、つまりは自分のクロスの相手が前に詰めて来る・・・と思ったら、迷わずロブ、を使う。

そうすることで、相手も足止め出来る。

クロスロブがあるとなると、そう簡単に前にド詰めの並行陣は出来ないですからね。

アナタ自身、ここで相手を揺さぶる、足止めさせることが出来ないと厳しい。

クロスに普通に沈めようとして、バンバン叩かれて終わりですよ。

 

4.女子ダブルスでの有効な使い方は?

普通の並行陣、との試合でも使えるのがクロスロブです。

まず、後衛の選手が「ロブは前衛の後ろの上がるもの」と、勝手に考えてくれている可能性もありますから。

自分は後衛だから、並行陣でまさかクロスの自分にロブが上がって来るとは思っていない。

触れるボールでも、ちょっとしたパニックになる可能性も高いですよね。

それに、意外とこの処理、打つコースが難しいものなんですよ。

普通にクロスロブを打って、チャンスを引き出すのも有効です。

コツとしては深く大きく打つこと。

クロスですから、アウトする可能性は低いはずです。

 

ロブは前衛に使うもの、は幻想です。

それは相手も想定済。

意表を突いたクロスロブ、をしっかり使えると、相手にとっては嫌でしょう。

ぜひ、意識して試合で使ってみて下さいね。

ピックアップ記事

  1. これからの冬のテニスに最適な、ネックウォーマー4選
  2. 男子シングルスの試合を戦い抜くなら、大量発汗にも耐えうるタオルチョイスを
  3. 【読者の皆さまへ】アンケートのお願いです
  4. iphoneでテニス動画を撮影するなら、三脚ホルダーのスマホスタンドを使おう!
  5. 試合で勝ちたいテニスプレイヤーなら、マイランニングシューズは欠かせないアイテム

関連記事

  1. ロブ

    女子ダブルスで有効なのは、触らせる低いトップスピンロブ

    女子ダブルスの試合の中で、大事なポイント。それは間違いなく、ロ…

  2. テニス ダブルス

    ロブ

    ロブは後衛がカバーする、という発想がダブルスを弱くしていく

    前衛の後ろ、打たれたロブを後衛がカバーしていく。これって、テニ…

  3. ロブ

    ダブルスの試合、ストレートロブからのポジショニングの基本について

    ダブルスの試合で、相手をロブで動かしていく。これが出来ない人っ…

  4. テニス ボレー

    ロブ

    インドアコートの試合では、「高いロブは打てない」のを活かすには?

    アナタ自身、本気で勝ちたい試合。きっと、年に数回はありますよね…

  5. テニス フットワーク

    ロブ

    試合で相手に効くロブは、精度よりも「打つタイミング」で相手の不意を突く要素が大事!

    ロブについて、皆さんどんなイメージですか?ベースラインから、相…

  6. テニス リターン

    ロブ

    試合で使えるロブは、コートの1メートル内側の落とす感覚で良い

    試合で使えるロブ、みなさんもう一度イメージしてみましょう。綺麗…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス 練習

    サーブ

    「楽チン&安定感抜群サーブの正体とは!?」テニスのアンダーサーブを見直してみよう…
  2. テニス 部活

    メンタル

    テニスが強くなる為に、孤独は通過点
  3. テニス ストローク

    ボレー

    試合で使えるドロップボレーは「腕の形を作ってしまって下半身で滑り込む」を実践する…
  4. テニス サーブ

    サーブ

    ワイドへ厳しいコースのサーブでも、「意外とネット上ではセンターに近いところ」を通…
  5. テニス ボレー

    ボレー

    浮いたチャンスボールなのにネットプレーで足が出ない人は「無意識のうちに安心してい…
PAGE TOP