テニス 調子

その他

全仏オープン男子決勝で改めて感じた、「ムーンボールの活用」はシングルスの試合で絶対必要!

全仏オープン男子決勝はジョコビッチ選手が制して、生涯グランドスラムを達成。

本当に素晴らしい守備を軸にした、攻撃的なストロークの強さが際立った試合だと思います。

マレー選手との決勝では、お互いに「ムーンボール」と呼ばれる高くゆっくりした軌道のボールをたまに混ぜるような攻防が多く、そのタイミングが絶妙。

私たちにもすぐに実践出来て、効果的なこのショットの重要性について改めて書いてみたいと思います。

 

全仏オープン男子決勝で改めて感じた、「ムーンボールの活用」はシングルスの試合で絶対必要!

 

■シングルスでは、ストレートに展開されたときに守備力が問われる

シングルスでは、一般的に「ダウンザライン」方向へ展開するのにはリスクが高い。

ネットの高さも高いですし、ベースラインまでの距離も短いのでアウトになる可能性も高く、浅くて自分でしっかりコントロール出来るタイミングでしか打つのが難しいとされています。

このショット、をしっかり打たれたときに、アナタはどんな返球で対応できますか?

しっかり時間を稼ぎつつ、相手のリズムを狂わせて攻撃の手を一旦緩めさせる。

しかり回転をかけて、バウンド後は伸びるようなムーンボールですと相手は相当嫌なはず。

そんな展開にもっていきたいですよね。

 

■ムーンボールはあくまでバックハンド側へ集める

ムーンボールを相手バックハンド側に集めることは、シングルスを戦う上での基本です。

肩より高い打点からは攻撃し辛いですし、相手も下がってくれる可能性がある。

よりレベルの高い相手であれば、ジャックナイフのような技で対抗してくるでしょうが、そこはしっかり自分が下がって対応。

ジャックナイフって、着地後の動作が遅いという弱点もあります。

もし甘ければ、相手の着地の隙を見逃さないように反撃していく。

そんなパターンもムーンボールを使うことで活かされてきます。

 

■「自分を取り戻す」ことが出来るのが、ゆったりしたボール

テニスのラリーは、途中で止めることが出来ない。

もちろん、止めたらアナタの失点になりますからね。

迷っている、結論が出ないのに打たないといけない・・・という場面が多いと、それはミスにつながりやすいのです。

ですが、高いボールで時間を作れば、アナタ自身で少し考える時間と余裕が出来る。

相手をしっかり見ることが出来ますので、落ち着いて戦えるようになるでしょう。

そんな「自分を取り戻す作業」にも、ムーンボールは最適です。

 

押されているときにしか使えない・・・ということは、ありません。

しっかり打てるのに、あえて相手のバック側に高い軌道で打つ、のも実は有効なんです。

そのボールの後に、ドロップショットを混ぜてみたりする。

相手は的が絞れない、自分のリズムが作れない・・・と感じてくれるはずです。

初心者の方でも、今のストローク技術で絶対に打てます。

速いボール、を活かすのも遅いボールが必要なのがテニスです。

ピックアップ記事

  1. 夜のランニングのマストアイテム、蛍光色グッズで安全にトレーニングを
  2. 真夏のテニスの試合に必要な、熱中症対策のマストアイテム5つ
  3. 飲んだらコンパクトに!パックアップボトルを持って試合に出かけよう
  4. 多動力こそ、これからの時代のテニス選手に必要だと思う
  5. 学生さんや社会人プレイヤーにもお勧め!「タッチ系テニス」に適したガット3選

関連記事

  1. その他

    昔体育の授業が苦手だったらかと言って、テニスも苦手とは限らない

    みなさんは昔、体育の授業ってどんな感じでしたか?大体小学校時代…

  2. テニス ラケット

    その他

    「自分よりテニスが上手い人たちとの練習」で、意識して欲しい5つのこと

    テニスをやっていれば、たくさんの人との出会いがあります。もちろ…

  3. その他

    アナタの部活に、「悪いプレーをしっかり指摘出来る」人はいるだろうか?

    偉そうに色々書いていますが、私自身、出来ていないことが多い。今回も…

  4. その他

    上達できるテニス選手は、「問題の本質を見極める力」があるから自立している

    テニスの上達において、本当に必要なものは何なのか。極論を言えば、そ…

  5. その他

    「高校2年生のテニスコーチデビュー」を経験できたことで得れたもの

    どんなスポーツでも選手活動を続けるには、お金がいる。遠征費、ト…

  6. テニス メンタル

    その他

    テニスがプレー出来るというのは、「当たり前」では無いということ

    毎年8月になると、私は何とも言えない気持ちになります。真夏、テ…

特集記事

  1. テニス 格上相手
  1. 戦術

    試合で使える「チップ&チャージ」の基本5つ
  2. テニス ガスケ

    その他

    アナタが「プロテニス選手になりたい」、のであればテニス以外にもこんな特技があると…
  3. テニス ポジショニング

    メンタル

    テニスのセルフジャッジの試合では、「いかに冷静さを保つか」が勝利のカギを握ります…
  4. テニス ストローク

    メンタル

    テニス部の中で、「チームの柱になれる選手と、なれない選手」は、ココが違う
  5. テニス 観察

    リターン

    サーブ&ボレーの相手に、「しっかりリターンを沈めて攻撃させない」為に必要…
PAGE TOP