テニス ストローク

ストローク

ベースライン上でプレーするアグレッシブな相手には、ムーンボールを深く打ってみよう

相手のポジションをよく見てみると、ベースライン上でプレーしている。

ベテラン選手や、アグレッシブな選手はこういうポジションでのプレーが得意ですよね。

私も、基本はこのポジション。

こういう相手に、必要な戦術って、何でしょうか?

中途半端に浅くても攻撃されるし・・・という場面で、必要な発想はこれです。

 

ベースライン上でプレーするアグレッシブな相手には、ムーンボールを深く打ってみよう

 

1.緩く高いボールを、深くロブ気味に打ってみる

俗に言う、ムーンボールですね。

これを使っていくことが、実は効果的。

なぜなら、ベースライン上のでプレーは、この山なりの深いボールを「どう処理するか?」が大事なポイントになってくるからです。

このポイント、深く山なりなボールを、どう処理するのか。

そこに、相手のスタンスや戦術、が見えてくるのです。

 

2.考えられるパターンとしては?

まずは深い、緩いボールはそのままボレーで返球してしまおう!ということです。

これは非常に良い選択、こちらとしては厄介です。

他には、下がってストロークするタイプ。

これは非常に楽ですね。

せっかく良いポジションにいるのに、下がって打ち返してくれればこちらはネットにも出やすい。

主にこの2パターンに、プラスでライジングショットで返球して来る、ボレーと下がるタイプの間、のような選手もいるでしょう。

まずは、アナタ自身見極めていくことが大事。

ベースライン上に立っている選手は、結構曲者が多いです。

しっかり考えてプレーしないと、いつの間にか試合の流れはもっていかれてしまいますよ。

 

3.ボレーで返球してくるタイプの選手は?

シングルスでもダブルスでも、非常に上手いプレイヤーだと思います。

深いボールを下がらずにカット、してくるような相手には、なるべく前後を使いましょう。

ベースライン上に立っていても、しっかり前に走らせるようなドロップショットを使う。

そして改めて、後ろに下げるようなロブ、を使っていきましょう。

きっと、「下がる」という行為は得意じゃないし、したくないはず。

だったらしっかり、一旦前に引っ張り出してから後ろ、を使っていきましょう。

 

4.ライジングショットで打ち返して来る相手は、バックハンドに集めてみよう

これは、あくまで一つの作戦です。

バックハンドのライジングショットは、難しい。

やっぱり難しいんです、試合では。

だからこそ、バック側で深いボールを何度か打たせてみると・・・きっといつか、ミスしてくれる。

そうなると危機感を感じて、下がったり、またはネットプレーを入れてきたりと動いてくるでしょう。

ライジングショットは、乗らせると怖いですがミスに怯えてくれると弱い。

慌てず、相手のバック側に集めて様子を見ましょう。

 

ベースライン上に立つという行為は、アナタ自身非常に大事です。

ということは、こういう深く山なりなボールを使った相手の攻め、にどう対応するのかは考えておかないとダメ。

ボレーで返球しつつ、しっかりライジングでも返球していく、感じが理想だと思いますよ。

難しいですが、このプレーが出来ないと長くテニスは出来ないでしょう。

ベテラン、シニアの方も、意識して欲しいポイントです。

ピックアップ記事

  1. テニスの試合で「足裏の皮膚が荒れてしまう方」にオススメな、皮膚保護専用クリーム「…
  2. 飲んだらコンパクトに!パックアップボトルを持って試合に出かけよう
  3. 一人でも出来る、テニス選手に必要なトレーニングで鍛えよう!
  4. あらゆる場面で活躍できる「万能タイプスポーツサプリメント」凌駕BCAA+
  5. テニスのニューボールの状態を維持出来る、「ボールキーパー」って?

関連記事

  1. テニス ストローク

    ストローク

    浅いボールをしっかりスピン回転で攻撃するストローク、に必要なコツ4つ

    浅いボールを前に走って、ストローク。ここでスライスでも良いけど…

  2. テニス ダブルス
  3. テニス 守備

    ストローク

    テニスでは浅く短いボールを拾いにいくときに、「必ず最後は横向き」で打点に入る意識を持とう!

    テニスの試合でストローク、バンバン調子良さそうに打っていても・・・ふと…

  4. ストローク

    「両手バックハンドでベースラインから攻めたい!」ストロークを1段レベルアップさせるコツ5つ

    現代テニスを大きく変えた技術の一つが、両手バックハンドストロークの威力…

  5. テニス ストローク
  6. テニス 粘り

    ストローク

    肩を入れて逆クロス、にドロップショットを打ってみよう

    試合で上手く、ドロップショットを使っていきたい方へ。私は何度も…

特集記事

  1. テニス サーブ

    サーブ

    「サーブは軸足でコートをキック!」して着地することで、しっかり縦回転がかかって安…
  2. テニス ストローク

    ストローク

    浅いボールのバックハンドでのアプローチは、「小さく上に振り上げる」スピン回転を磨…
  3. テニス メンタル

    戦術

    試合巧者になりたいなら、自分が打った後0.2秒で相手を観察する癖を付けよう
  4. その他

    試合に勝てる選手になりたいなら、「同じシチュエーションで自分が取ったポイントパタ…
  5. テニス 練習

    シングルス

    シングルスの試合で求められるパッシングショットは、速いストレートとショートクロス…
PAGE TOP