テニス ストローク

サーブ

試合で1発目のファーストサーブ、で全ては決まる

試合の中で、最初に打つサーブ。

みなさん、どんな意識で打ってますかね・・・?

1セットマッチの短期決戦、みなさんが思っている以上に、私はこの1発目のサーブがものすごく大事、だと思っています。

しっかりと、決めて毎回同じ形、で入れるようにしたい。

打つコース、までしっかり意識して準備、しておいて絶対に損は無いはずです。

 

試合で1発目のファーストサーブ、で全ては決まる

 


 

1.最初のサーブで、その日の流れは決まる

試合に出ているみなさんなら、ご理解頂けるはず。

自分のサーブ、最初のファーストサーブ、これが入るかどうか。

入ったらそのまま、良いリズムで自分のサービスゲームを展開出来るし、フォルトしたらセカンドサーブ。

もう、このセカンドサーブを打つ段階で、流れがすごく悪い。

試合の最初、出だしだから何とでもなる?

本当にそうですか?

私は、試合の出だしこそ、1セットマッチのような短期決戦では大事だと思いますよ。

 

2.狙いは相手のボディ!がお勧め

私はいつも、最初のサーブは相手のボディと決めている。

これには、狙いがあります。

まずは、確実にファーストサーブの1発目、を入れたいということ。

コースを狙って少しずれてフォルト、にはしたくない。

ボディを狙うなら、多少横にずれてもイン、になりますからね。

エースにはならないけど、ボディ近くに入ればそう攻撃もされない。

まずは、しっかり確率高く入れる、自分の中で狙いが付けやすい、そのコースが相手のボディ、なんです。

 

3.得意なコースがあれば、それでも良いけど・・・

「俺はデュースサイドからは、センターが得意!」という方も、いるでしょう。

そういう方は、その得意コースから入っても良いと思いますが・・・入らなかったら、どうでしょう。

試合の序盤でいきなり、かなり追い込まれてしまうんじゃないですかね?

ですので、多少威力を落としてでも、最初のファーストサーブを入れるというのはすごく大事。

対戦相手からしても、絶対に嫌ですよ。

試合が始まって、いきなりファーストサーブが入る・・・って。

そうじゃないですか?

 

4.リターンが合って来るのには、時間がかかる

これがテニス、ですから。

リターンを合わせる、タイミングが取れるようになるには、上手い選手でも一定の時間がかかります。

だからこそ、ファーストサーブが最初に入ったら、まず良いリターンは来ない。

来たら事故、だと思って良い。

相手の調子が上がらないうちに、どんどんテンポ良くファーストサーブを入れて、キープしてしまう。

その最初の一発目、がものすごく大事なんですよ。

試合が始まって最初のサーブ、これはただの1本じゃない。

とてつもなく大事で、その後の流れを作る1本だということだけは、覚えておいて下さい。

 

強い選手は、このあたりをよく分かっている。

「ここを踏んでいけば、試合には勝てる」というポイント、リズムを抑えてるんですよね。

試合に勝てない人は、それが分かっていない、軽視している。

サーブの1本目、その試合での1発目のファーストサーブ、デュースサイド。

これがとてつもなく大事なポイント、だということに気付けるかどうか、ですね。

ピックアップ記事

  1. テニスのコーチ、指導者の方にオススメしたい、「ボトムアップ理論」の名著
  2. 飲んだらコンパクトに!パックアップボトルを持って試合に出かけよう
  3. iphoneでテニス動画を撮影するなら、三脚ホルダーのスマホスタンドを使おう!
  4. HEADラケットのスタンダードモデルを使い続けて、気付いたことまとめ
  5. 大会シーズンに準備したい、サンバイザー5選

関連記事

  1. テニス ストローク

    サーブ

    前に踏み込んで来るリターナーには、ボディサーブを!

    何度か書きましたが、リターンが上手い選手は試合でも強い。ダブル…

  2. テニス サーブ

    サーブ

    トスアップの位置、普通に「自分の前に上げる」だけだとなぜダメなのか?

    サーブのトスアップについて、実は大きな誤解が生じている、ケースは多い。…

  3. テニス サーブ

    サーブ

    サーブの安定感をアップさせるには、一瞬苦しいと感じるくらいの身体の使い方で良い

    サーブの安定感に悩んでいる方、多いと思います。何を隠そう、私自…

  4. テニス サーブ

    サーブ

    テニスの試合で勝ちたければ、「サービスごとのポイント獲得率」をしっかり意識しましょう

    試合に強い選手は、数字に強い。試合内容で自分が把握している数字…

  5. テニス ストローク

    サーブ

    強いリターナーにこそ、こちらは2人で向かっていこう

    ダブルスの試合、強力なリターンを持つ相手との対戦は避けられないでしょう…

  6. サーブ

    サーブ&ボレーになるとサーブが乱れる人に、とっておきの秘策を

    試合でサーブ&ボレーになると、サーブ自体が乱れていく人、多いですよね。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. メンタル

    社会人のメンタルの強さを、学生はまだまだ甘く見ているから勝てないのです
  2. テニス ストローク

    ストローク

    バックハンドとフォアハンド、打点との距離は違うの?
  3. テニス リターン

    練習メニュー

    人数が多いときに、「つなぎのストロークとボレーの基礎練習」がを同時に実践する練習…
  4. テニス メンタル

    日々の雑記

    大したことじゃないけど、新しいこと始めます
  5. テニス サーブ

    リターン

    中級レベルの相手の試合なら、センターへのサーブは捨てても良い
PAGE TOP