テニス 練習

サーブ

ファーストサーブをネット、から全て崩れていく

ファーストサーブを、パサッとネットする。

何気ない光景のようですが、これは実に危ないシーンです。

オーバーフォルト、ならまだ良い。

ネットにかかる、その後にセカンドサーブを打つ、というのがいかに難しいのか。

それは、アナタ自身も経験してきているはずです。

 

ファーストサーブをネット、から全て崩れていく

 

1.ネットを超えないとサーブの軌道を、確認出来ない

ネットを超えれば、どこに落ちるか分かる。

ある程度コースも分かるし、修正出来る。

でも、ネットにかかると、そこで軌道はストップ。

その先を見ること、は出来ないのです。

実際にサーブは回転をかけて変化さえて相手コートに入れる、ショットですから、この軌道が確認出来ないと辛い。

修正しようがないですし、それにセカンドサーブは絶対に入れないといけないですからね。

このプレッシャーたるや、すごいんですよ。

 

2.セカンドサーブは強く打たないと・・・でも入れないと・・・

この葛藤が、辛いですよね。

ファーストサーブをネットしたら、もっと軌道を上げないといけない。

でも、セカンドサーブだから絶対に入れないと失点。

そう思うと、すごく迷いが生じてしまうこと、経験上ありませんか?

ファーストサーブをネットすると、修正方法が分からないしセカンドで更に軌道を上げないといけない。

しかも、確実にサービスエリアに入れないといけない。

自分でかなり、難しい状況に追い込んでしまうことになるんですよね。

 

3.ファーストサーブはとにかくネットを超える!

ネットを超えて、オーバーなフォルトは気にしない。

オーバーフォルトでも、軌道自体は良い感じでコースは合っている、ようなサーブもあるじゃないですか。

その場合は長さを調整すれば良い。

セカンドサーブ、になったときにも、少し余裕があるはずなんです

とにかく、ファーストサーブをネットにかけると、全てが崩れていく。

みなさんも、ぜひ統計を取ってみて下さい。

ファーストサーブをネットした後は、自然とダブルフォルトの確率も上がっているはずなんです。

 

4.ネットにかかったら、しっかりと間を空けよう

これが、私からのアドバイスです。

ファーストサーブがネットにかかったら、しっかりと切り替える。

切り替える為に、間を空けて時間を取る。

慌ててセカンドサーブ、を打つ必要は無いですよ。

むしろ残像を消して、新しいイメージで打った方が良い。

これが、ネットフォルトのときの鉄則です。

 

ちょっとしたこと、ですけど大きな影響がある。

それくらい、ネットフォルトには神経質になって欲しいんですよね。

逆に、これさえ気を付ければ、そう崩れていくことは無いはず。

ここから崩れている内は、いつまで経っても試合に勝てないでしょう。

ピックアップ記事

  1. テニスのフットワークを支える足元の秘密は、スーパーフィートのインソール
  2. 水で濡らして絞って振れば、何度でも冷たくなるタオルが使える
  3. 大人のトレーニングは「DNS プロエックス」を使って効率的に
  4. 都内でラケットバッグを持ち歩くのは辛い!人は、「ecbo cloak」でラケバを…
  5. テニス選手の熱中症・痙攣対策に、ミニクーラーボックスは必需品!

関連記事

  1. サーブ

    「ビビった時のサーブってどうなってる」ポイントさえ押さえればテニスの試合は怖くない!

    サーブを打つ時にビビることってある?これは誰でもあると思う。…

  2. テニス マナー

    サーブ

    テニスの試合で、「フットフォルトの反則に鈍感な人」は、今日からすぐに直しましょう!

    この問題に関して、鈍感な人が多すぎる。それは私が審判の活動をし…

  3. テニス リターン

    サーブ

    テニスの試合では、「サーブとリターンの精度を上げる」ことが出来ないと他のショットも活かせない

    今回は、忘れられがちだけど、当たり前の話を少し。テニスの試合、…

  4. テニス 指導

    サーブ

    なぜ部活やサークルで練習する「サーブ練習」のほとんどは、試合に活かされないのか

    皆さんのサーブ練習、どのような形で行っていますか?私は高校時代…

  5. テニス サーブ

    サーブ

    試合で使えるサーブ&ボレーに仕上げる為には、「打点を踏み込んだ前足の少し後ろ」に設定して安定…

    サーブ&ボレーを試合で使いたいけど、ファーストボレーが安定しな…

  6. テニス ダブルス

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス メンタル
  1. ボレー

    ハイボレーをいつもふかしてアウトする人は、「テイクバックのときに膝が伸びない」よ…
  2. テニス メンタル

    ボレー

    「せっかく作ったチャンスを・・・」テニスのハイボレーをふかしてしまう人へ贈る5つ…
  3. テニス スライス

    スマッシュ

    「スマッシュを打ちこまれても慌てない!」返球スキルを上げる4つのポイントとは?
  4. ストローク

    「ネット際にドロップショット」をテニスの試合で打つ為に必要な一番大きな要素は?
  5. テニス ボレー

    練習メニュー

    テニスコート1面で3列ラリー、を実践する意味って何だろう?
PAGE TOP