テニス 練習

サーブ

ファーストサーブをネット、から全て崩れていく

ファーストサーブを、パサッとネットする。

何気ない光景のようですが、これは実に危ないシーンです。

オーバーフォルト、ならまだ良い。

ネットにかかる、その後にセカンドサーブを打つ、というのがいかに難しいのか。

それは、アナタ自身も経験してきているはずです。

 

ファーストサーブをネット、から全て崩れていく

 

1.ネットを超えないとサーブの軌道を、確認出来ない

ネットを超えれば、どこに落ちるか分かる。

ある程度コースも分かるし、修正出来る。

でも、ネットにかかると、そこで軌道はストップ。

その先を見ること、は出来ないのです。

実際にサーブは回転をかけて変化さえて相手コートに入れる、ショットですから、この軌道が確認出来ないと辛い。

修正しようがないですし、それにセカンドサーブは絶対に入れないといけないですからね。

このプレッシャーたるや、すごいんですよ。

 

2.セカンドサーブは強く打たないと・・・でも入れないと・・・

この葛藤が、辛いですよね。

ファーストサーブをネットしたら、もっと軌道を上げないといけない。

でも、セカンドサーブだから絶対に入れないと失点。

そう思うと、すごく迷いが生じてしまうこと、経験上ありませんか?

ファーストサーブをネットすると、修正方法が分からないしセカンドで更に軌道を上げないといけない。

しかも、確実にサービスエリアに入れないといけない。

自分でかなり、難しい状況に追い込んでしまうことになるんですよね。

 

3.ファーストサーブはとにかくネットを超える!

ネットを超えて、オーバーなフォルトは気にしない。

オーバーフォルトでも、軌道自体は良い感じでコースは合っている、ようなサーブもあるじゃないですか。

その場合は長さを調整すれば良い。

セカンドサーブ、になったときにも、少し余裕があるはずなんです

とにかく、ファーストサーブをネットにかけると、全てが崩れていく。

みなさんも、ぜひ統計を取ってみて下さい。

ファーストサーブをネットした後は、自然とダブルフォルトの確率も上がっているはずなんです。

 

4.ネットにかかったら、しっかりと間を空けよう

これが、私からのアドバイスです。

ファーストサーブがネットにかかったら、しっかりと切り替える。

切り替える為に、間を空けて時間を取る。

慌ててセカンドサーブ、を打つ必要は無いですよ。

むしろ残像を消して、新しいイメージで打った方が良い。

これが、ネットフォルトのときの鉄則です。

 

ちょっとしたこと、ですけど大きな影響がある。

それくらい、ネットフォルトには神経質になって欲しいんですよね。

逆に、これさえ気を付ければ、そう崩れていくことは無いはず。

ここから崩れている内は、いつまで経っても試合に勝てないでしょう。

ピックアップ記事

  1. 飲んだらコンパクトに!パックアップボトルを持って試合に出かけよう
  2. あらゆる場面で活躍できる「万能タイプスポーツサプリメント」凌駕BCAA+
  3. テニスの合宿・遠征に大活躍なのは、消臭ランドリーバッグ
  4. テニスのルールの基本を学びたい人にお勧めの書籍「テニスのルール 審判の基本」
  5. これからの冬のテニスに最適な、ネックウォーマー4選

関連記事

  1. テニス メンタル

    サーブ

    ファーストサーブでガシャったら、「しっかり間を空けてから」セカンドサーブを振り抜こう

    ファーストサーブが、ガシャった時。皆さん、頭が真っ白になりませ…

  2. テニス サーブ
  3. テニス ボレー

    サーブ

    テニスにおけるサーブ&ボレーの基本は、「自分がサーブを打った方向に詰めていく」ポジショニング…

    サーブ&ボレー、の基本を見直すと、攻撃的なテニスが可能になる。…

  4. テニス サーブ

    サーブ

    スピンサーブを勘違いしている人は、「頭の後ろでボールをこすってばかり」だから入らない

    身体を大きく反って打つスピンサーブは、男性ならしっかりセカンドサーブと…

  5. テニス ダブルス

    サーブ

    「なぜアノ人は上達が早いのか?」テニス初心者でもサーブの上達が早い人の特徴5つ

    テニスの試合はサーブから始まる。分かっちゃいるけどあの緊張感、…

  6. テニス メンタル

    サーブ

    「強い対戦相手には、強いサーブが必要?」の質問に、お答えします

    テニスのトーナメント大会で、何試合か勝ち上がると必ず強敵との対戦になり…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス 観察

    メンタル

    テニス部のキャプテンとして大事なたった一つのこと、「しっかりと仲間を観る」ことの…
  2. テニス ミス

    ストローク

    グリグリなストロークのボールに圧力を感じるのは、備えが無いから
  3. テニス メンタル

    ダブルス

    苦しい時こそ、動ける前衛に
  4. ストローク

    「腰が引けてるよ!」テニスの試合でストロークが安定しない人の共通点とは?
  5. その他

    「こんな奴とはテニスの練習をしたくない!」と感じてしまう人の特徴4つ
PAGE TOP