テニス 練習

サーブ

ファーストサーブをネット、から全て崩れていく

ファーストサーブを、パサッとネットする。

何気ない光景のようですが、これは実に危ないシーンです。

オーバーフォルト、ならまだ良い。

ネットにかかる、その後にセカンドサーブを打つ、というのがいかに難しいのか。

それは、アナタ自身も経験してきているはずです。

 

ファーストサーブをネット、から全て崩れていく

 


 

1.ネットを超えないとサーブの軌道を、確認出来ない

ネットを超えれば、どこに落ちるか分かる。

ある程度コースも分かるし、修正出来る。

でも、ネットにかかると、そこで軌道はストップ。

その先を見ること、は出来ないのです。

実際にサーブは回転をかけて変化さえて相手コートに入れる、ショットですから、この軌道が確認出来ないと辛い。

修正しようがないですし、それにセカンドサーブは絶対に入れないといけないですからね。

このプレッシャーたるや、すごいんですよ。

 

2.セカンドサーブは強く打たないと・・・でも入れないと・・・

この葛藤が、辛いですよね。

ファーストサーブをネットしたら、もっと軌道を上げないといけない。

でも、セカンドサーブだから絶対に入れないと失点。

そう思うと、すごく迷いが生じてしまうこと、経験上ありませんか?

ファーストサーブをネットすると、修正方法が分からないしセカンドで更に軌道を上げないといけない。

しかも、確実にサービスエリアに入れないといけない。

自分でかなり、難しい状況に追い込んでしまうことになるんですよね。

 

3.ファーストサーブはとにかくネットを超える!

ネットを超えて、オーバーなフォルトは気にしない。

オーバーフォルトでも、軌道自体は良い感じでコースは合っている、ようなサーブもあるじゃないですか。

その場合は長さを調整すれば良い。

セカンドサーブ、になったときにも、少し余裕があるはずなんです

とにかく、ファーストサーブをネットにかけると、全てが崩れていく。

みなさんも、ぜひ統計を取ってみて下さい。

ファーストサーブをネットした後は、自然とダブルフォルトの確率も上がっているはずなんです。

 

4.ネットにかかったら、しっかりと間を空けよう

これが、私からのアドバイスです。

ファーストサーブがネットにかかったら、しっかりと切り替える。

切り替える為に、間を空けて時間を取る。

慌ててセカンドサーブ、を打つ必要は無いですよ。

むしろ残像を消して、新しいイメージで打った方が良い。

これが、ネットフォルトのときの鉄則です。

 

ちょっとしたこと、ですけど大きな影響がある。

それくらい、ネットフォルトには神経質になって欲しいんですよね。

逆に、これさえ気を付ければ、そう崩れていくことは無いはず。

ここから崩れている内は、いつまで経っても試合に勝てないでしょう。

ピックアップ記事

  1. 【ご報告】YOUTUBEチャンネル、公開しました!
  2. テニス選手に必要なトレーニングは、「重り付き」縄跳びでしっかり身に付く
  3. 暑くも寒くも無い時期には、「アームカバー」で体温調整を
  4. 寒くなる前に購入マスト、なテニス選手に最適なベンチコート3選
  5. 多動力こそ、これからの時代のテニス選手に必要だと思う

関連記事

  1. テニス サーブ

    サーブ

    サーブ&ボレーでは、「打ちながら前に出る?打ってから、前に出る?」の疑問について

    サーブ&ボレー、を普段から使っている方はダブルスの試合に出ている方でも…

  2. テニス ストローク

    サーブ

    「サーブは軸足でコントロール」することでテニスの試合で安定感が生まれます

    サーブのコース、どこを狙うのが好き?デュースサイド(右サイド)…

  3. サーブ

    シングルスの試合で「セカンドサーブの後」に必ず必要なディフェンスの意識について

    シングルスの試合では、カバーする範囲が広い。特にセカンドサーブ…

  4. テニス メンタル

    サーブ

    テニスの試合、「サーブを打つ前に、どこを見る?」基本的な順番から覚えましょう!

    サーブはルーティン動作。同じ動作を繰り返すから安定するし、精神…

  5. テニス サーブ

    サーブ

    「サービスエースを試合で量産したい」なら、この方法をオススメします

    サービスゲームで、ガンガン押していってエースも欲しい。色々書い…

  6. テニス メンタル

    サーブ

    サーブのトスが安定しない人は、「早めに上を向いた形」を作ることで軌道が安定します!

    良いサーブは、安定したトスアップから。分かっているけど、なかな…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス ストローク

    ストローク

    両手バックハンドのテイクバックは、基本並行でOK
  2. テニス ボレー

    ストローク

    グリグリのフォアハンドストロークで押してくる相手には、シンプルな対策で準備しよう…
  3. テニス 楽天

    メンタル

    本物の気迫は、試合の現場で相手の判断を誤らせる
  4. テニス スマッシュ

    シングルス

    シングルスの試合、まずは前に出て相手にパッシングショットを打たせよう
  5. テニス ダブルス

    戦術

    テニスの試合では、チャンスボールこそ「いつものレベルのショット」で打てば良い
PAGE TOP