テニス ボレー

その他

試合でよく見る、「相手前衛がサーバーを妨害する行為」はどこまで許される?の問題について

ダブルスの試合で「この相手マナーが悪いな・・・」と感じるときは、どんなときですか?

まず思い当たるのが、サーバーの邪魔をしてくる相手、ではないでしょうか?

リターン側の前衛が、サービスエリアに身体を入れてくるような素振りで、サーバーの選手を揺さぶってくる・・・。

アナタも一度は経験あると思います。

これってセルフジャッジの試合でも、反則にはならないのでしょうか・・・?

 

試合でよく見る、「相手前衛がサーバーを妨害する行為」はどこまで許される?の問題について

 

■結論、セルフジャッジの試合では、即違反の判断は難しい

結論から言えば、即反則となるのは難しい。

セルフジャッジ全般がこの問題を抱えていますが、明らかな妨害行為と判断されるには客観的な視点が必要で、どうしてもセルフジャッジの試合ではそれが難しい。

そんなときは、ロービングアンパイアやレフェリーを呼びましょう。

ここで、「相手の印象が悪くなるのが嫌だな・・・」と迷ってはいけません。

マナー違反を犯しているのは事実なので、それは相手にしっかり知らしめてあげる必要があるのです。

「この相手は、ちょっとやりすぎだな・・・」と感じたら、迷わず「すみません、ちょっとレフェリーを呼んで来ます」と伝えて、本部へ行きましょう。

ベストなタイミングは、チェンジコートのときです。

 

■主審が付いた試合では、「ヒンダランス(妨害行為)」としてペナルティも

プロの試合ではほとんどありませんが、たまにジュニアの試合でこの妨害行為の警告を受けている選手もいます。

基準は曖昧ですが、行為が繰り返されたとき、そして明らかにその行為が妨害していると判断されたときに警告が発せられます。

こういった警告は、味方のペアにも影響を与えますし、良いことは無い。

そもそも私がリターンだったら、「僕の邪魔にもなるので、入って来ないで欲しい」と伝えます。

特に強い相手に対しては、その揺さぶる効果なんて、ほとんど無いと思って良いでしょう。

 

■そんな選手は例え試合に勝っても、失うもののほうが大きい

例えそういった揺さぶりでダブルフォルトを誘発したりして、勝ったとしても何が残るでしょう?

「アイツとはもう練習しない」「アイツと対戦したときには、注意した方が良い」と、悪い評判はアナタの周りで一気に広がります。

これによって、損をするのはアナタ自身です。

テニスは良い仲間がいてこそ、成長できるスポーツ。

部活でもサークルでもスクールでも、相手を敬い、対戦できることに感謝しながら試合を出来ると良いですね。

 

何度も書いてきましたが、相手を「揺さぶる」という精神戦はテニスにとって必要です。

しかしそれは、プレーで行うこと。

ショットや戦術の組み合わせで行ってこそ、テニスの醍醐味とも言えます。

相手を崩すときに、何かの妨害行為やそれに近い形で行っても、それが効果のある相手なんて限られている。

きっとアナタが実力でも倒せる相手なはずです。

ピックアップ記事

  1. テニス選手としての「肩の痛み」を改善するには、寝る時の姿勢を変えないと
  2. 冬のテニスのマストアイテム、手袋選びは勝利への近道
  3. 筋肉痛が毎回酷い人は、「フォームローラー」で身体の表面をほぐしてケアしよう
  4. テニスフリークなら必携のタオルは、「作戦ボードタオル」で決まり!
  5. 都内でラケットバッグを持ち歩くのは辛い!人は、「ecbo cloak」でラケバを…

関連記事

  1. テニス リーダー

    その他

    「インターハイの次は全日本ジュニア」この2つのテニスの大会の特徴と違いとは?

    インターハイの個人戦も、本日で閉幕。そして暑い中夏の戦いは、そ…

  2. テニス センス

    その他

    「テニスはセンスが無いと、上手くなれない」といっている人こそ、考え方のセンスが無いと思う

    よく、テニスの上達には「センス」が大事だと言われます。確かに、…

  3. テニス 主将

    その他

    「全国で頑張るテニス部のキャプテンの皆さんへ」部員から好かれる、よりも大切なこと

    私自身、中学と高校時代に、テニス部の主将を務めさせてもらいました。…

  4. テニス ストローク

    その他

    テニスにおいて弱点は克服しようと思わず、「個性を武器にしていく」意識で強くなろう

    「○○の弱点、どうしても直したいんです」というような相談、たくさん頂き…

  5. テニス ダブルス

    その他

    テニス初心者の方こそ、「試合から経験して、必要性を感じる」から上達が早くなる

    テニスの試合に出る、ということ。仲間内ではなく外部の試合、とな…

  6. テニス メンタル

    その他

    「強い選手だけが特別扱い」される部活やサークルは、その選手も弱くなっていく

    皆さんの周りでも強いチーム、強い学校、サークル、いくつかありますよね。…

特集記事

  1. テニス 格上相手
  1. テニス 試合

    その他

    「知らないうちに、やってるかも・・・」テニスの試合会場で見かける、マナー違反な行…
  2. テニス ソックス

    テニス知識

    テニスシューズの中で、自分の足が滑る・・・ような人は、5本指ソックスに変えてみよ…
  3. テニス メンタル

    メンタル

    「テニスでやたらと自分の負け試合を美談にする人」は、そのまま生涯3回戦止まりで終…
  4. テニス ストローク

    ボレー

    ポジショニングが上手いネットプレイヤーは、「相手にあえてショートクロスを打たせて…
  5. テニス Q&A

    戦術

    テニスの試合での「いやらしいプレー」は、ボールを打っていない間に起きている
PAGE TOP