戦術

接触プレーが無いテニス、だからプレッシャーは甘くなる

テニスはネットを挟んで、相手と相対する競技。

こ同じような競技は、多いですよね。

でも、ネットを挟まないで直接選手同士が接触する競技も、たくさんあります。

私が感じているのは、このネットに挟まれているからこそ生まれる安心感、って大きいんじゃないかということ。

本物のプレッシャーって、相当意識しないとかからないでしょう。

 

接触プレーが無いテニス、だからプレッシャーは甘くなる

 


 

1.相手にタックル、は出来ない

サッカーやラグビーだと、もう凄いじゃないですか。

相手との接触、まさに相手を削りにいくような動きが、ナイスディフェンスと賞される。

ナイスディフェンスとファール、は本当に紙一重。

テニスは、当然相手と接触することは出来ません。

相手コートの中にまで入っていって、動きを止めたり邪魔することは出来ない。

だからこそ、なんです。

相手にプレッシャーをかけるなら、ネットプレーが大事なんです。

 

2.その10cmが、相手は嫌なもの

例え、10cmでも良い、相手に近付く。

これだけでも、実に嫌なものですよ、試合では。

相手からすると、どんどん迫って来る訳ですから。

近い程、触られそうに感じてしまう、打つ場所が無いように感じる。

「ロブを打てば良いじゃない」と思うかもしれませんが、実際の試合でどうでしょう。

相手が本当に迫って来るような状況で、精度が高いロブが打てますか?

10cm違うだけで、相手の印象は違う。

それくらい、ハッキリと前に出ることが良いプレッシャーになるんです。

 

3.自分のプレッシャーは甘い、と自覚しよう

試合の中で、何気ないポイント。

相手のナイスショット、のような場面で何を感じるのか。

試合に強い人、責任感がある人は「自分のプレッシャーが甘いな・・・」と感じるはず。

これが無い人は、相手からしてもやりやすいんです。

前に前に、という推進力が無いですからね。

試合に強い人は、もうこっちのコートに入って来るんじゃないか、というくらい激しい前への推進力があります。

当然、それだけではないですが、ここぞという場面ではしっかりネットに詰めて来る。

接触プレーが無いテニス、だからこそ差が出るとも言えるでしょう。

 



 

4.相手のメンタルにタックルしていくつもりで

前に出る、プレッシャーをかけるということは、そういうこと。

相手のメンタル、ハートに向かってタックルしていくようなもの、なんです。

自分の技で勝つだけが、テニスの試合じゃないですよ。

相手のメンタル、ハートをへし折って自滅を促す。

思いっきりタックルしてくくらいの闘志が試合では欲しい。

前に詰めてポーチ、ボレー、スマッシュ。

ここぞという場面では、相手のコートに入っていくくらいのつもりで。

ネットに触らなければOK、どんどん迫っていきましょうよ。

 

5.お勧めの練習法

普段の試合形式で、ポーチボレーのポジションを変える。

プレッシャーの代名詞と言えば、やっぱりダブルスのポーチです。

ネットから遠い場所で打っても、相手の脅威にはならない。

普段の練習、試合から、「ネットを触れるくらい、詰める」ことを意識しましょう。

本当にポジションが10cm違うだけで、テニスはプレーの質が変わりますから。

ぜひ、意識してみて下さい。

 

強い相手にこそ、前に出たい。

以前にも書きましたが、プレッシャーをかけないと試合には勝てないんです。

自分より強い相手にこそ、この10cmを削り出さないと。

接触プレーが無いテニス、に安心しないこと。

どんどん相手を削りにいく、くらいの覚悟で試合に挑みましょう。

ピックアップ記事

  1. 雨が多い時期の試合は、防水スプレーは必須アイテム
  2. 「第3回 読者ミーティング」を開催します
  3. 多動力こそ、これからの時代のテニス選手に必要だと思う
  4. テニスのルールの基本を学びたい人にお勧めの書籍「テニスのルール 審判の基本」
  5. テニスの試合に必要なフットワークトレーニングに、ラダーは必需品

関連記事

  1. テニス 構え

    リターン

    テニスの試合の「ブレイクポイントでの勝負強さ」、必要なのはメンタルでしょうか?

    テニスの試合、相手のサービスゲームをどこでブレイクするのか。拮…

  2. テニス メンタル

    戦術

    自分が作った言葉で、自分のテニス論理は整理できる

    テニスって、なかなか難しい専門用語や戦術、覚えることたくさんありますよ…

  3. テニス ボレー

    戦術

    イメージ通りのカウントを作っていく、ことがメンタルの安定につながる

    試合の中で、カウントが進んでいく。このカウントについて、しっか…

  4. テニス 準備

    戦術

    試合でまずは、相手にプレッシャーをかける「ポイントシチュエーション」を作らないと

    自分の攻撃、試合運びが、相手にプレッシャーをかけているな。効い…

  5. テニス ダブルス

    戦術

    「ノーアドバンテージを獲れなかったのは、運が無かった」と思っている人は、ただの準備不足だということに…

    一般のテニスの試合では、「ノーアドバンテージ形式」と呼ばれる試合形式が…

  6. 戦術

    6割の力で試合を進める、ことに慣れよう

    試合に勝つ、そう意気込んで試合に入る。でも、いざ始まってみると…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス 部活

    メンタル

    対戦相手のテニスと人格は、切り離して考えることが一番
  2. テニス 書籍

    テニス知識

    テニスのコーチ、指導者の方にオススメしたい、「ボトムアップ理論」の名著
  3. テニス 錦織圭

    シングルス

    「全米オープン 錦織選手の敗退」に考える、シングルスでのシード選手との戦い方
  4. テニス 打点

    メンタル

    相手が「切れた」から、自分も「切れる」選手は、テニス選手として恥ずかしい
  5. テニス ストローク

    シングルス

    シングルスの試合、相手から強引な回り込みを誘ってみよう
PAGE TOP