テニス サーブ

戦術

自分のミスが多くなる予兆を知っておけば、試合で大崩れすることは少ない

例えば、私なら「動きながらのストローク」が増えて来ると、ミスが増える。

体力が落ちて、準備が遅くなる。

しっかり止まり切れていないときに、ストロークからミスで崩れていく試合が多いことを、理解しているつもりです。

皆さんも、きっとそういう小さい傾向、ありますよね?

 

自分のミスが多くなる予兆を知っておけば、試合で大崩れすることは少ない

 


 

1.ミスが増えていく、その「前段階」を書き出してみよう

漠然とイメージするより、書いてみる。

テニスノートでも、目の前の紙でも何でも良いので、箇条書きで書き出してみる。

ストローク?サーブ?ネットプレー・・・?

試合が崩れていく、ミスが止まらなくなるときって、その予兆のようなモノはありませんか?

もしかしたら、試合の始まる前、から確認出来ることもあるかも知れませんね。

 

2.風、太陽、コートサーフェス、は試合前から分かること

試合開始前までに、自分でどんな試合になるのかを考えておく。

風が強ければ風上、風下の戦い方があるし、太陽光がきつければサーブをどっちから始めるのか?トスで勝ったらどうする?を考える。

コートが荒れていたら、イレギュラーからリズムを崩すこともありますよね・・・。

試合が始まる前に、こういった問題を整理して想定を立てておく。

そうすることで、ミスが増える予兆から防ぐことが出来るかも知れない。

やれば確実に効果がある、というよりも、「やらなければ負ける可能性がグッと上がる」と言えるでしょう。

 

3.自分を知ることは、何より難しい

ミスする自分、調子が良い自分。

両方自分なのに、全く違うような人間、に思えることありますよね。

自分を知る、というのは本当に難しいこと。

だからこそ、知れば強い、のはテニスでも言えます。

ミスが増える時には、何か必ず予兆がある。

もしかしたら周りの仲間は、気付いているかも知れませんね。

試合に勝つ、負け試合を減らすには、ミスで大崩れする試合を減らしていくしかないのです。

 

ミスを多く、重ねた方が負ける。

特に一般や学生の皆さんのテニスの試合では、これが大原則。

ミスを減らすには、予兆から減らす。

予兆からケアすれば、ステディーな戦い方が身に付いていく。

負けにくい選手、になれると思いませんか?

ピックアップ記事

  1. テニスの試合に強くなりたい人が読んで欲しい漫画、「アルキメデスの大戦」
  2. 「寒暖差が激しい時期」のテニスにお勧めなアームカバー
  3. これからの冬のテニスに最適な、ネックウォーマー4選
  4. 寒くなる前に購入マスト、なテニス選手に最適なベンチコート3選
  5. テニスの合宿・遠征に大活躍なのは、消臭ランドリーバッグ

関連記事

  1. テニス 戦術

    戦術

    試合に強いテニス選手は、どこかで「一貫性」を持っている

    私はまだ皆さんにお会いしたことはありません。だからどんなテニス…

  2. 戦術

    一番最初に、4番バッターをもってくる方が勝てる

    テニスの試合、スタートダッシュが肝心。私はいつも、この意識で試…

  3. 戦術

    試合に出るからこそ、自分のテニスが見つかる

    「自分のテニスが見つからない」と、悩んでいる方。こういう人に限…

  4. テニス メンタル

    戦術

    いつでもどこでも、「反撃コース」を想定しておこう

    テニスの試合で、大事な要素となるカウンターショット。これが上手…

  5. テニス Q&A

    戦術

    テニスの試合での「いやらしいプレー」は、ボールを打っていない間に起きている

    そんなに強そうに見えないのに、試合になると強い選手。こういう選…

  6. テニス トレーニング

    戦術

    テニスで前後に走らせたいのは、「足が遅い」選手に限る

    アナタ自身、全ての相手に「同じようなテニス」で挑んではいないか。…

特集記事

  1. テニス テニススクール

    日々の雑記

    日本のテニスの草トーナメント大会って、本当にピンキリ
  2. テニス サイト

    テニススクール

    テニススクールでしっかり上達したいなら、「アドバイスされたことは大胆にやってみる…
  3. テニス 部活

    その他

    テニスの試合で「自分自身の失敗を活かす」為に必要な、意識改革とは?
  4. テニス サーブ

    サーブ

    「セカンドサーブが、どうしても安定しない」試合で全く入らなくなったときの、緊急対…
  5. テニス ダブルス

    スマッシュ

    今現在のスマッシュを「試合で使えるスマッシュ」に変えていく4つのポイントと練習法…
PAGE TOP