テニス サーブ

戦術

自分のミスが多くなる予兆を知っておけば、試合で大崩れすることは少ない

例えば、私なら「動きながらのストローク」が増えて来ると、ミスが増える。

体力が落ちて、準備が遅くなる。

しっかり止まり切れていないときに、ストロークからミスで崩れていく試合が多いことを、理解しているつもりです。

皆さんも、きっとそういう小さい傾向、ありますよね?

 

自分のミスが多くなる予兆を知っておけば、試合で大崩れすることは少ない

 


 

1.ミスが増えていく、その「前段階」を書き出してみよう

漠然とイメージするより、書いてみる。

テニスノートでも、目の前の紙でも何でも良いので、箇条書きで書き出してみる。

ストローク?サーブ?ネットプレー・・・?

試合が崩れていく、ミスが止まらなくなるときって、その予兆のようなモノはありませんか?

もしかしたら、試合の始まる前、から確認出来ることもあるかも知れませんね。

 

2.風、太陽、コートサーフェス、は試合前から分かること

試合開始前までに、自分でどんな試合になるのかを考えておく。

風が強ければ風上、風下の戦い方があるし、太陽光がきつければサーブをどっちから始めるのか?トスで勝ったらどうする?を考える。

コートが荒れていたら、イレギュラーからリズムを崩すこともありますよね・・・。

試合が始まる前に、こういった問題を整理して想定を立てておく。

そうすることで、ミスが増える予兆から防ぐことが出来るかも知れない。

やれば確実に効果がある、というよりも、「やらなければ負ける可能性がグッと上がる」と言えるでしょう。

 

3.自分を知ることは、何より難しい

ミスする自分、調子が良い自分。

両方自分なのに、全く違うような人間、に思えることありますよね。

自分を知る、というのは本当に難しいこと。

だからこそ、知れば強い、のはテニスでも言えます。

ミスが増える時には、何か必ず予兆がある。

もしかしたら周りの仲間は、気付いているかも知れませんね。

試合に勝つ、負け試合を減らすには、ミスで大崩れする試合を減らしていくしかないのです。

 

ミスを多く、重ねた方が負ける。

特に一般や学生の皆さんのテニスの試合では、これが大原則。

ミスを減らすには、予兆から減らす。

予兆からケアすれば、ステディーな戦い方が身に付いていく。

負けにくい選手、になれると思いませんか?

ピックアップ記事

  1. 全日本テニス5回優勝!佐藤博康プロにボレーのコツを聞いてみた①
  2. いつからヨネックスのシューズは、こんなにカッコ良くなったんだろう
  3. 「寒暖差が激しい時期」のテニスにお勧めなアームカバー
  4. テニスの試合に持参するジャグボトルは、「サーモス スポーツジャグ 1.9L」くら…
  5. テニスラケット ピュアドライブの新作は、「攻撃的な大人のテニス」に最高の武器にな…

関連記事

  1. テニス 練習

    戦術

    前衛でプレッシャーをかけるときは、必ずウォッチの準備を

    自分がネットで、プレッシャーをかけるとき。相手の視界に入って、…

  2. 戦術

    自分の失点には、共通点があることに気付けてる?

    試合の中での自分の失点。試合の後に、どれくらい思い出せますか?…

  3. テニス リターン

    戦術

    フォアハンドで一押し、相手を押し込むコツとは?

    ストロークで、あと一押ししていきたいという場面。フォアハンドで…

  4. テニス 打点

    戦術

    試合の逆転、はそのずっと前に布石がある

    テニスの試合、悔しい逆転の経験、みなさんもありますよね。される…

  5. テニス ボレー
  6. テニス ロブ

    戦術

    テニスの試合、ストライクゾーンで勝負する姿勢を忘れずに

    テニスの試合の中で、私が意識していること。それは、野球に例える…

特集記事

  1. テニス ボレー

    フットワーク

    ネットプレーに苦手意識がある人は、下半身を身軽にする意識が大事
  2. テニス 練習

    ボレー

    ネットプレイヤー対策の「9点狙い」出来ますか?
  3. サーブ

    ダブルスでサーブを打つ順番って、意外と大事
  4. テニス 練習

    戦術

    自分の形を作るとは、戻れる型を作るということ
  5. テニス ミス

    メンタル

    「負け癖」を拭い去っていく為に必要なのは、〇〇を変えること
PAGE TOP