ストローク

パッシングショットが苦手な人は、駆け引きという発想が無いから辛いんです

パッシングショット、シングルスの試合では使う機会が多いですよね。

でも、どうでしょう。

しっかりとポイントにつなげることが出来る人は、意外と少ない。

相手のネットプレーのプレッシャーに屈する人は、そもそもこの発想が乏しい。

ショットの精度だけ追い求めても、そりゃしんどいだけですよ。

 

パッシングショットが苦手な人は、駆け引きという発想が無いから辛いんです

 


 

1.良いショットで相手を凌駕する?それって、安定して出来ますか?

相手が前に出て来る、アプローチショットも厳しい。

そんな場面で、アナタ自身が素早く動いてキレイなパッシングショット!を打てると思いますか?

実際は、厳しいでしょう。

良いショットに、更にそれを凌駕する良いショットで応戦する、のがパッシングショットじゃない。

相手の攻撃を受け止め、ポジションをしっかり確認して駆け引きをする。

早くポイントを終わらせる、という意識は捨てること。

ここが、アナタ自身の対ネットプレーのスタートです。

 

2.相手のネットプレーを、しっかり受け止めよう

しっかり、相手を見ること。

無理やりにでも余裕を作って、しっかりとポジションを確認する。

そして、それに応じたショットをしっかり選択する。

前に詰めて来る相手ならロブでも良いし、ネットから遠い相手なら正面の足元、でも良い。

相手のネットプレーを、どっしりと受け止めて、反撃する。

駆け引きを楽しむ、という姿勢があれば、パッシングショットも自然に上手くなっていきますよ。

 

3.深い位置からのパッシングショット、が決まるのはトップ選手だけ

だと思います、実際。

相手が前に来て、それをキレイに抜いていく・・・しかもベースラインから。

これって、私たちには現実的じゃないように思います。

むしろ、一度触らせて、次で仕留める。

相手ネットプレイヤーに一度触らせて、その次、ですね。

深い位置からは無理しない、駆け引きをするつもりで、相手を揺さぶる。

これが一番、アナタ自身のポイントにつながるはずです。

 

4.触られて良いし、触らせて仕留める

私も、この意識で対応しています。

触らせて良い、だから相手にプレッシャーを感じない。

「相手が前に来たら、ノータッチエースを取らないと!」と、自分でプレッシャーをかける人、なんて多いんでしょうか。

シングルスの試合、パッシングショットなんて泥臭くて良い。

触らせて、触らせて、最後に仕留めれば良いんです。

その方が、相手も悔しいでしょうしね。

 

駆け引きをしっかりする、相手の言い分を聞く。

これが、絶対に大事なんですよ。

ネットプレーにしっかり対応出来る、その自信が付けば当たり前のようにミスが減る。

その時は、きっとアナタ自身シングルスでも結果が出始めている頃、だと思いますよ。

ピックアップ記事

  1. テニスの試合で「足裏の皮膚が荒れてしまう方」にオススメな、皮膚保護専用クリーム「…
  2. 寒くなる季節の変わり目に、テニスの試合で折り畳み式ブランケットは欠かせない
  3. テニスの試合に必要なフットワークトレーニングに、ラダーは必需品
  4. テニスシューズの中で、自分の足が滑る・・・ような人は、5本指ソックスに変えてみよ…
  5. 多動力こそ、これからの時代のテニス選手に必要だと思う

関連記事

  1. テニス メンタル

    ストローク

    「ビビッて置きに行くストローク」は、試合中に変えないと後悔だけが残る

    皆さんも、必ず経験があるはず。試合中、ビビッてラケットが振れな…

  2. テニス ロブ

    ストローク

    ストロークでリラックスして打てない人は、「重力だけでラケットダウン」を実践してみて下さい

    ストロークはテニスの試合でも、最も打つ機会が多いショット。シン…

  3. ストローク

    バックハンドストロークが苦手な人は、「失敗しても振り切るスウィング」から練習していこう

    初心者の方がバックハンドに行き詰るとき。それは、「入れないと・…

  4. テニス メンタル

    ストローク

    「使ってない軸足ありませんか?」テニスのストロークで意識したい自分のスタンスについて

    テニスのプレーにおいて、軸足の使い方はかなり重要である。右足と…

  5. テニス 準備

    ストローク

    ストロークに必要な速い準備とは、「相手が打ったボールがネットを越える前」までが勝負です

    ストロークで問題を抱えている人の、ほとんどは構えが遅い。構え・…

  6. テニス フットワーク

    ストローク

    サイドスライスで相手を走らせれば、楽にポイントを取れる

    相手を動かして、ミスを誘う。これは、テニスのショットの基本です…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス メンタル

    日々の雑記

    危ないところにこそ、踏み込んでいこう
  2. ストローク

    「ビビった時のスライス、大丈夫?」テニスの試合で深く伸びるスライスを打つ為には?…
  3. テニス トイレ

    テニス知識

    準備しておいて絶対に損は無い、試合会場でのトイレ事情について
  4. テニス コート

    ストローク

    「ラリーをつなぐことが楽しい!」レベルを卒業したら、テニスはもっと楽しくなる!
  5. シングルス

    シングルスでのネットフォルト、とことん自分が損するだけ
PAGE TOP