ストローク

パッシングショットが苦手な人は、駆け引きという発想が無いから辛いんです

パッシングショット、シングルスの試合では使う機会が多いですよね。

でも、どうでしょう。

しっかりとポイントにつなげることが出来る人は、意外と少ない。

相手のネットプレーのプレッシャーに屈する人は、そもそもこの発想が乏しい。

ショットの精度だけ追い求めても、そりゃしんどいだけですよ。

 

パッシングショットが苦手な人は、駆け引きという発想が無いから辛いんです

 

1.良いショットで相手を凌駕する?それって、安定して出来ますか?

相手が前に出て来る、アプローチショットも厳しい。

そんな場面で、アナタ自身が素早く動いてキレイなパッシングショット!を打てると思いますか?

実際は、厳しいでしょう。

良いショットに、更にそれを凌駕する良いショットで応戦する、のがパッシングショットじゃない。

相手の攻撃を受け止め、ポジションをしっかり確認して駆け引きをする。

早くポイントを終わらせる、という意識は捨てること。

ここが、アナタ自身の対ネットプレーのスタートです。

 

2.相手のネットプレーを、しっかり受け止めよう

しっかり、相手を見ること。

無理やりにでも余裕を作って、しっかりとポジションを確認する。

そして、それに応じたショットをしっかり選択する。

前に詰めて来る相手ならロブでも良いし、ネットから遠い相手なら正面の足元、でも良い。

相手のネットプレーを、どっしりと受け止めて、反撃する。

駆け引きを楽しむ、という姿勢があれば、パッシングショットも自然に上手くなっていきますよ。

 

3.深い位置からのパッシングショット、が決まるのはトップ選手だけ

だと思います、実際。

相手が前に来て、それをキレイに抜いていく・・・しかもベースラインから。

これって、私たちには現実的じゃないように思います。

むしろ、一度触らせて、次で仕留める。

相手ネットプレイヤーに一度触らせて、その次、ですね。

深い位置からは無理しない、駆け引きをするつもりで、相手を揺さぶる。

これが一番、アナタ自身のポイントにつながるはずです。

 

4.触られて良いし、触らせて仕留める

私も、この意識で対応しています。

触らせて良い、だから相手にプレッシャーを感じない。

「相手が前に来たら、ノータッチエースを取らないと!」と、自分でプレッシャーをかける人、なんて多いんでしょうか。

シングルスの試合、パッシングショットなんて泥臭くて良い。

触らせて、触らせて、最後に仕留めれば良いんです。

その方が、相手も悔しいでしょうしね。

 

駆け引きをしっかりする、相手の言い分を聞く。

これが、絶対に大事なんですよ。

ネットプレーにしっかり対応出来る、その自信が付けば当たり前のようにミスが減る。

その時は、きっとアナタ自身シングルスでも結果が出始めている頃、だと思いますよ。

ピックアップ記事

  1. テニスのルールの基本を学びたい人にお勧めの書籍「テニスのルール 審判の基本」
  2. 夜のランニングのマストアイテム、蛍光色グッズで安全にトレーニングを
  3. テニスの試合に必要なフットワークトレーニングに、ラダーは必需品
  4. 学生さんや社会人プレイヤーにもお勧め!「タッチ系テニス」に適したガット3選
  5. ミズノ社製のアイスマットを使えば、夏場の厳しい試合も乗り越えられるはず

関連記事

  1. テニス ストローク

    ストローク

    ストロークを安定させたいのに、「低い打点でこすってばかり」の人、いませんか?

    テニスの試合、なんだかんだ言ってもストロークの力がモノを言う。…

  2. テニス ストローク

    ストローク

    前後でストロークに同じ軌道で強弱をつけられると、試合慣れしていない対戦相手は必ず戸惑います

    相手からポイントを奪えるのは、速くてライン際のボールだけ?もち…

  3. テニス ストローク

    ストローク

    「片手バックハンドストロークでトップスピンがかからない・・・」人は、グリップチェンジと打点をしっかり…

    学生の皆さんの中で、片手バックハンドストロークを得意にしている人、どれ…

  4. テニス 風

    ストローク

    風下からは強めに打つ!だけで、テニスの試合運びは楽になる

    風が強い日、アナタはテニスの試合でどんなことを心がけますか?風…

  5. テニス ダブルス
  6. テニス ボレー

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス メンタル
  1. テニス ボレー

    ボレー

    片手バックボレー、ラケットを動かし過ぎな人は「左手意識」で解決!
  2. テニス メンタル

    メンタル

    テニスの試合に勝ち続ける人が実践している、「当たり前だけど難しい習慣」4つ
  3. テニス メンタル

    戦術

    ラケットの先端を使うと意外と打ちやすい、技巧派ショット4選
  4. テニス メンタル

    戦術

    足が速い相手と、かけっこ勝負をしてはいけない
  5. サーブ

    右利きの方は「ボールの少し右を捕らえるだけ」で、スライスサーブは簡単に打てます
PAGE TOP