テニス ストローク

シングルス

シングルスの試合、パッシングショットの使い方の大原則とは?

パッシングショット、シングルスで打つ場面を考えてみて下さい。

きっと、試合の中ですごく緊迫した場面だと思うんですよね。

相手が前に出て来て、それを攻略しようとアナタは必死になっている。

でも、ここで考えて欲しい。

パッシングショット、抜ければ成功?

もし触られたら・・・と、どこかで考えておく必要はあるんです。

 

シングルスの試合、パッシングショットの使い方の大原則とは?

 

1.抜ける前提で、考えてない?

アナタ自身、しっかり考えておいて欲しい。

パッシングショットが抜ける、と思って打ってはいませんか?

そんな淡い期待、はもう捨てましょう。

抜けても、抜けなくても、アナタ自身にはやるべきことがある。

そう、「もし抜けなかったら、どうするのか?」ということに対する準備。

パッシングショット、と併せてその次、を考えておかないと。

実際の試合では、相手はしぶといですからね。

 

2.抜けなくとも、相手に「必死で触らせる」だけで良い

私は、シングルスの試合でパッシングショット、を打つ時にこれを考えています。

抜けなくとも、厳しいコースを触らせれば良い。

そして、次で仕留めればそれで良い、と。

だからこそ、パッシングショット自体がネットしたりアウトしたり、ということは避けたいんですよね。

必死で触らせる、その次のショットに備えて自分は動く。

2本セットで、攻略していく形で良い。

シングルスの試合、これでいきましょう!

 

3.パッシングショットを打ったら、前に詰めるつもりで!

この意識、ありますか?

相手が必死で触っているなら、そのボレーが深く入る可能性は低い。

かろうじて触って、甘いドロップボレーのような形、になるでしょう。

そのチャンスを、今度はアナタ自身が前に入って、ネットに近い位置で打ち込んでいく。

このイメージを、パッシングショットを打つ時から、持っておくことが大事になります。

パッシングショットを打ちながらも、少し余裕が生まれてきませんか?

 

4.大事なのは、締めのショット

アナタ自身、このショットがしっかり打てますか?

相手が前にいる、その相手に対して、しっかり空いたコースに打ち込んでいく。

後ろからパッシングショットを打ち込んでいくことは慣れていても、アナタ自身が前に詰めて前にいる相手、に向かって締めのショットを打っていく。

これがしっかり打てる選手は、シングルスでも強いですよ。

パッシングショットで抜くことだけ、にしか意識が無い人、には難しいでしょうが。

 

シングルスの試合、パッシングショットは触られる。

そう考えておいて損は無い、でしょう。

触らせて、仕留める。

よくロブで書いてきた内容ですが、パッシングショットだって同じことが言えます。

一般の私たちの試合、は、こんな感じで泥臭い。

そう、だからこそ準備と発想の転換、が大事なんです。

ピックアップ記事

  1. 大人のトレーニングは「DNS プロエックス」を使って効率的に
  2. テニス選手に必要なプロテイン摂取は、便利なブレンダーボトルで
  3. 水で濡らして絞って振れば、何度でも冷たくなるタオルが使える
  4. テニス選手の筋肉に必要なプロテインは、ささみプロテインバーでの補給が最適
  5. スピンサーブ習得の秘密兵器に、「スピンサーブマスター」を使ってみない?

関連記事

  1. テニス ミス

    シングルス

    シングルス戦術の基本、相手に「片サイドを、徹底的に意識させる」ラリー戦に持ち込むには?

    シングルスの戦い、みなさんはどんな戦術で挑んでますか?細かいこ…

  2. テニス ボレー

    シングルス

    シングルスの試合では、これが必須の黄金パターン

    シングルスの試合、ただ打ち合うだけで戦術とか無理・・・という方。…

  3. テニス サーブ

    シングルス

    「シングルスでのサーブ&ボレー」は、戦略的に使えば試合を優位に進められる!

    自分はストローク主体のプレースタイルだし、サーブもそんなに強くないから…

  4. テニス ストローク

    シングルス

    シングルスの試合のパッシングショット、は普通の自分のショットで良い

    シングルスの試合、相手にネットに出られると・・・みなさん、どうでしょう…

  5. テニス メンタル

    シングルス

    シングルスの試合に必要なストローク、バウンド後の伸びをアップする方法5つ

    シングルスの試合、欲しいのはストロークの伸び・・・ですよね。バ…

特集記事

  1. テニス メンタル
  1. テニス 居場所

    メンタル

    テニスの試合で、「マナーが悪い選手に対して感情的になる」のは、トレーニングと準備…
  2. テニス メンタル

    シングルス

    同じポジションでずっと打っても、シングルスではポイントは取り辛い
  3. テニス 名著

    テニススクール

    強い人ほど素直にアドバイスを聞ける、だから差はどんどんひらいていく
  4. テニス メンタル

    ストローク

    「高めのバックハンド」の対策が無いと、テニスの試合でのストローク戦は戦えない
  5. テニス 環境

    ダブルス

    ダブルスの試合で効果的なチェンジプレーは、基本的なプレーで誰でも出来る!
PAGE TOP