テニス ボレー

ストローク

ダブルスでネットプレイヤーに対抗するには、「突き球のストローク」は必要不可欠な技術です

今まで、どちらかと言えばネットプレイヤーに対してはいかに「足元に遅いボールで沈めるか」が重要だと、書いてきました。

もちろん、基本のショットとして大事なのですが、組み合わせる「突き球」の球種もダブルスには必要。

少し回転量を少な目にした、フラット気味の速く鋭いボール。

なぜ必要なのか、一緒に考えてみましょう。

 

ダブルスでネットプレイヤーに対抗するには、「突き球のストローク」は必要不可欠な技術です

 

■低く沈むボールばかりだと、相手は慣れてくる

ベテランのプレイヤーの方、学生でもダブルスに慣れている方。

こういった方は、ネットプレーでも「沈められ慣れている」選手が多い。

もちろん沈んで来るストロークをボレーで返球するのは高度な技術ですが、もうそればっかり練習して試合でも打っている。

そう考えると、一本調子で沈めてばかりだと、それは相手のペースだということ。

大事なのは、アクセントを付ける速くて鋭いボールです。

 

■速く鋭い突き球は、相手の上体を起こさせる

低い態勢のボレーヤーって、すごく嫌じゃないですか?

安定感があって、穴が無い、しぶとい・・・そんな風に見えて、ストローク側がミスしてしまいがち。

もちろん、沈めるボールはすごく大事で、ネットプレイヤーに対抗する生命線です、ですが・・・・。

そんなときに、フラット気味でダブルスのセンター、並行陣の弱点を突けるようなショットがあると、相手も上体をグッと起こさざるを得ない。

低い態勢だと、胸くらいの高さのボールは弾かれてしまいますからね。

低い態勢だと、何でも返球しやすい訳では無いのです。

 

■遅いボールに慣れた相手には、突き球がより速く見える

チェンジオブペース、に突き球を使えば、相手にとってこれほど嫌なものはありません。

遅いボールで足元に沈めてきたと思ったら、胸あたりに鋭く速い球が来る。

そしてまた低いところに・・・そして極めつけは、ロブもある。

ここまでストロークで球種を見せておけば、並行陣プレイヤーも怖くありません!

突き球のコツは、フォロースルーを短くしてコンパクトに当てること。

バックハンドは片手も両手も、打って止める、くらいで良いと思います。

インパクトに集中して、ネットの50cm上くらいを狙って「ピュッ」と打ってみましょう!

 

ダブルスが上手い選手は、3種類の球種でボレーヤーに挑んでいく。

沈める回転系、突くフラット系、それからスライスとスピンの2種類の回転のロブ、ですね。

意外と真ん中のフラット系の使い方、見落とされがち、ですね。

しっかり意識して、打倒並行陣で頑張りましょう!

ピックアップ記事

  1. テニスの試合に持参するジャグボトルは、「サーモス スポーツジャグ 1.9L」くら…
  2. これからの暑い時期にあると便利な、「高速製氷機」とは?
  3. 飲んだらコンパクトに!パックアップボトルを持って試合に出かけよう
  4. リアクションボールを使って、イレギュラーバウンドへの対応力を磨こう!
  5. ミズノ社製のアイスマットを使えば、夏場の厳しい試合も乗り越えられるはず

関連記事

  1. テニス ラケット
  2. テニス ボレー
  3. ストローク

    ボレーヤーに向かってストロークを打ち込む、ことを恐れてはいけない

    ダブルスの試合で、打てないと厳しいもの。それは、私はこれだと思…

  4. テニス ストローク

    ストローク

    「厳しいドロップショットは、取れなくても追うこと」で相手にプレッシャーをかけることができます

    テニスの試合では、ポイントを失うにしても最後まで諦めないことが大切。…

  5. テニス ストローク

    ストローク

    テニスの試合で「相手が浅いボールを拾う時」、それはつないで来る可能性が大!

    浅いボールの処理、テニスの試合では実力が一番現れると言っても良いでしょ…

  6. テニス ストローク

    ストローク

    「ラケットを振り抜けない君へ」テニスの試合では早めの準備で迎えに行こう

    苦手ショットの時に、ラケットを振り切れない人が多い。ま、苦手だ…

特集記事

  1. テニス メンタル

    ストローク

    深い山なりなスピンボールは、「下がらずにライジングショットで打つ」為に必要なポイ…
  2. テニス メンタル

    ストローク

    ベースラインとサービスラインの間のプレーに磨きをかけよう
  3. テニス リターン

    戦術

    試合に勝ったときにこそ「考える」選手は、強くなる
  4. テニス コントロール

    戦術

    セオリー通りにやって勝てるのは、自分と同レベルか少し上の相手まで
  5. 日々の雑記

    テニスコーチ時代に、最高に憂鬱だったこと
PAGE TOP