テニス ストローク

練習メニュー

テニスにおいて、高レベルのダブルスの試合で増える「ストレートへの展開」の練習メニュー

レベルの高いダブルスの試合では、必ずストレートリターンの展開が増えてきます。

いつまでもストレートを守っているペアには、逆にここを突いて攻めていきましょう。

 

■人数:4~8人

■レベル:初中級~中上級

■目的:後衛がストレートに展開し、その流れで攻め切ってポイントを取る

 


 

【練習内容】

雁行陣の後衛からストレートに展開し、それを並行陣の前衛がボレーで返球したところからスタート。

ボレーの返球は後衛に深く返球するか、余裕があれば赤の前衛の足元やアングルボレーを狙う。

いずれにせよ、雁行陣の後衛が先手を取って攻撃的に攻めていく。

ストレートにくると決まっているので、並行陣の前衛が最初にどのようなボールを打つかがポイント。

ボディを狙うか、ネットと離れているようであれば足元に沈めるのもGOOD。

低めのロブで触らせる、中ロブの攻撃も有効です。

 

【発展練習】

雁行陣の後衛が1球目を打つケースで、どこに打ってもOK、そのボールを必ず、並行陣の前衛が触ったところからスタート。

ダブルスの試合で必要な駆け引きを練習する。但し、あまりに厳しいクロスへのボールを打つのは不可。

並行陣側の前衛が触れなければ、それだけで雁行陣のポイント、という形式で行う。

 

並行陣の前衛が前後にはっきりしたポジションを取って、雁行陣の後衛と駆け引きをする。

雁行陣の後衛は球出しのボールを打つ準備をしながら、視界に相手の前衛のポジションも把握する。

それに応じてロブ、ディンク(足元に沈めるゆっくりした)ショットを選択していく。

打ったところからポイント形式でラリー。しっかりと肩を入れた打ち方を意識すること。

 

【ポイント】

ダブルスはレベルが上がるほどに、ストレートへの展開が増えてくる。

ストレートへ打つときには、「打ったら抜ける」ではなく、「返球される」というのを大前提に準備しなければ戦えない。

パートナーとの連携をしっかり練習し、自信を持って自分から展開できるようにしておきましょう。

相手の前衛と駆け引きするときには、深視力(自分との距離を測る視力)を磨いておくこともとても大切。

前衛と一言に言っても、50cm違うだけでかなりコートカバー域は変わってくる。

相手のポジションと癖、性格を客観的に捉えることができれば、より戦い易くなります。

 

【メニュー作成者より一言】

ダブルスで自分が前衛にいるときに、ストレートに来たボールをしっかり返球できる人は意外と少ない。

「ストレートを守っていたのに、何故・・・?」と自分も周りも不思議になることも多いが、ここには言葉のマジックがあると思う。

「ストレートを守る」という言葉、この日本人が大好きな言葉は、とても曖昧で後ろ向きな言葉。

試合では使わないようにしましょう。

くる場所で待っているのであれば、そこからは攻めるだけしか選択肢は無い。

積極的にストレートへ展開する・される、という経験を、まずは練習からしっかり磨いてもらいたいです。

ピックアップ記事

  1. スピンサーブ習得の秘密兵器に、「スピンサーブマスター」を使ってみない?
  2. 大会シーズンに準備したい、サンバイザー5選
  3. テニス選手の熱中症・痙攣対策に、ミニクーラーボックスは必需品!
  4. 素振りでパワーアップを図るなら、「バナナウェイト」を使ってみよう
  5. テニスの合宿・遠征に大活躍なのは、消臭ランドリーバッグ

関連記事

  1. テニス ストローク

    練習メニュー

    何がキツイって、毎回同じ練習の繰り返しが一番キツイはず

    キツイ練習、楽な練習。皆さんは、何をもってキツイ、楽だと判断し…

  2. テニス シングルス

    練習メニュー

    練習の後の試合形式で、何でみんな練習した技術を使わないの?

    テニススクールでよく観る光景ですが、練習と試合が全く別になってしまう。…

  3. 練習メニュー

    「強豪と対戦する日のためにも」日々のテニスの練習で意識しておきたいポイント

    明日、試合がある。そういう人は、明日の試合の事を想定して、今現…

  4. テニス ミス

    練習メニュー

    「何で、この練習をやるの?」が明確になれば、実力差は関係ない

    テニスの練習って、みなさん普段どんな感じでしょう部活やサークル…

  5. テニス メンタル
  6. テニス 観察眼

    練習メニュー

    テニスを「練習した気」にしてしまう6つのマンネリ化要素

    テニスの練習、しっかり試合につながる内容で出来ているのか。この…

特集記事

  1. テニス 守備

    リターン

    ダブルスで前衛が気になって、「プレッシャーに負けている・・・」と感じたら試したい…
  2. テニス ポジショニング

    ストローク

    両手バックハンドのパッシングショットは、打ったらラケットを身体に引き寄せる
  3. テニス 練習

    練習メニュー

    練習の後に気付きが無い人は、成長どころか衰退しかしない
  4. テニス ボレー

    ボレー

    テニスにおけるネットプレーで、「ショートクロスはネットに詰めることで、打たせない…
  5. テニス ストローク

    ストローク

    オープンスタンスのストロークは、打点を近くするとクロス方向にも打てる
PAGE TOP