戦術

試合で使える「チップ&チャージ」の基本5つ

細かい技術だけど、試合で使えると「お!」となる技。

スライスから自分のポジションを変えて、プレッシャーをかけるチップ&チャージの基本。

派手さは無いけど、試合で使えて計算しやすい。

女性の方にもオススメですので、ぜひ試してみてください。

 

試合で使える「チップ&チャージ」の基本5つ

 

1.前に出る決断は早めに

出来るだけ、スライスを打つ前、早い段階で決めましょう。

もっと言えば、ポイントが始まる前から、スライスでチャージ=前に出ていくことを決めておく。

相手にその姿勢を見せることで、きっと相手もプレッシャーに感じてくれるでしょう。

打ってから前、だと甘い。

打つ流れの中で一気に前に出る、この連動性が大事です。

 

2.ネットプレイヤーにこそ、使っていこう

スライスでアプローチ、というと、ベースラインにいる相手にというイメージが強いかも知れません。

でも、実際にダブルスの試合では「ネットに出ている相手」に対して沈めるスライス、チップ&チャージ、が有効です。

短いスライス、を普段から打てるように練習出来ていますか?

ラケットを前に出し過ぎない、上から下に振って終わるような感じで、相手の前で失速させる。

足元でボレーさせて、その瞬間には自分が前にいるようなポジション、で勝負出来るようにしておきましょう。

 

3.相手のバック側に運ぶのが大前提

これだけで、かなりポイント奪取の確率は上がります。

相手のバック側、にボールを運ぶ、チップする。

チップというくらいですから、軽く打って次で勝負、の作戦ですからね。

狙い過ぎは禁物ですが、特に女性の両手バックハンド側、は狙い目でしょう。

小技はあまり出来ない、処理出来ないような選手が多いはずです。

 

4.狙いは足元だけじゃなく、頭上へも有効

「え?それって、ロブ?」と思いますよね。

ちょっと違うんです。

軽く打って、相手にハイボレーさせる、少しだけ下がらせるくらい。

これも私は、チップ&チャージ、だと思いますよ。

ハイボレーさせて前に出るのは怖いように見えますが、実はハイボレーからもチャンスを引き出せるケースが多い、のがテニス。

先ほど書いたようにバックハンド側に打って前に出る、のはすごく有効なはずです。

 

5.遊び心を持って、どんどん使う

相手の反応を見る、次に展開するショット。

それがチップ&チャージ、ですから。

「こういう場所に打ったら、どういう反応になるだろう?」というのを考えながら、実験するつもりで打ってみる。

私は今でも、毎回このスタンスです。

当然、エースは狙わない。

相手の反応を見る、知る、ことが第一ですからね。

 

チップ&チャージ、相手の反応が珍しいですよ。

結構、それぞれ分かれますからね、対応が。

スライスを使えれば、自分のポジションと併せてプレッシャーをかけることが出来る。

ぜひ、みなさんも軽いスライスから前に出る、チップ&チャージ、磨いてみてくださいね。

■配球とプレッシャー、こそテニスの醍醐味ですね

ピックアップ記事

  1. テニスの試合で勝ちたい男子選手に、オススメのゲームウェア
  2. テニスコーチ時代に、最高に憂鬱だったこと
  3. みなさんに感謝の気持ちを込めて、新しい取り組みを始めます!
  4. テニスの試合に強くなりたい人が読んで欲しい漫画、「アルキメデスの大戦」
  5. 水で濡らして絞って振れば、何度でも冷たくなるタオルが使える

関連記事

  1. テニス ダブルス

    戦術

    「ノーアドバンテージを獲れなかったのは、運が無かった」と思っている人は、ただの準備不足だということに…

    一般のテニスの試合では、「ノーアドバンテージ形式」と呼ばれる試合形式が…

  2. テニス メンタル

    戦術

    テニス選手として、「スタミナを武器にしたい」と考えているのであれば、1日8ゲームマッチ4試合をイメー…

    体力なら誰にも負けない、という猛者とは、なかなか試合をしたくないもの。…

  3. テニス ダブルス

    戦術

    緊張感の高まる場面では、ポイントは奪うのではなく「与えない」意識で

    試合も後半、終盤で緊張感が高まる場面。ここでどんなプレーが出来…

  4. テニス メンタル

    戦術

    粘ってもミスしてくれない、相手には攻めないと試合には勝てない

    相手を攻撃していくこと、から逃げてはいけない。粘り勝つ、という…

  5. テニス 戦術

    戦術

    「なぜ、テニスの試合は初心者相手だと、辛くなる」のかを、しっかり考えておこう

    試合で自分より下、というかほぼ初心者の人と対戦する・・・。どう…

  6. テニス チャンス

    戦術

    テニスの試合では、スコアでリードしていれば試合時間は長く、負けていれば短く感じるもの

    「今の試合、長かった・・・」と感じること、ありますよね。また、…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス メンタル

    戦術

    「自分たちのテニスをする」の自分たちのテニスって、何種類持ってますか?
  2. テニス 楽天

    戦術

    初対戦相手の試合こそ、その人の本当の強さが出る
  3. テニス スポーツ

    メンタル

    プレッシャーに勝つとか負けるとか、そういう発想の時点で負けている
  4. ストローク

    「両手バックハンドでベースラインから攻めたい!」ストロークを1段レベルアップさせ…
  5. テニス サーブ

    サーブ

    「サーブ練習での的の作り方」を工夫すれば、誰でも実践的で狙う意識と成功体験を養え…
PAGE TOP