テニス ボレー

フットワーク

相手が足下のボールを処理するときは、「ボールに触られる前」までの動きで全ては決まる

相手の足下に、上手くボールを打てたとき。

みなさんはどんな感じで、次への動きに備えてますか?

試合に強い人は、このときの瞬間のスピードアップが凄い。

特にボレー同士の打ち合いの中でのチャージ、はスピード感が凄いです。

それはその有効性を知っているから。

相手の足下にボールがある、というのは、この上無いチャンスなんです。

 

相手が足下のボールを処理するときは、「ボールに触られる前」までの動きで全ては決まる

 

1.自分のショットに、酔っている時間は無い

みなさん、これはもう何度も書いてきましたが・・・そんな時間は、ありません。

相手の足下に打って、ナイスショットかどうかはそのショット自体では決まらない。

その後の、アナタの動きがショットと合わせての1セット、なんです。

良いショットも、打った後のポジショニングが甘いとすぐに反撃される。

テニスは、そういう競技。

だからこそ、良いショットにはその後の良いポジショニングをセットで行っていかないと。

足下に打ったショット、のときは尚更です。

 

2.相手の足下のショットは、ネット下から浮き上がってくる

これは、当たり前の話です。

相手のボールがネットより低い位置、にあってそこから打って来るボールですからね。

ネットの下からしか、ネットを越えることは出来ない。

だからこそ、アナタ自身のチャンス・・・になる「可能性」があるんです。

アナタがもし後ろでただ待っているだけだと、そのボールはチャンスではありませんね。

ですが、相手の足下にあるボールを相手が触る前に、前に詰めていくことが出来れば・・・大きなチャンスになる。

下から浮き上がってくるボールを、ネット近くで叩いていくことが出来る。

この意識、希薄になってはいませんか?

 

3.相手が逃げる、つなぐ、というボールを許さない

そう、これはもう「許さない」という姿勢が大事なんです。

通過させること自体、もったいない。

相手からすると、苦しい態勢からなんとかネットを越えて、深く返球しようとしている。

ダブルスなら、相手の後衛に返球しようと考えている。

このボールを、絶対に許さない。

そういう強い意志が、アナタには必要なんです。

 

4.自分が打つ前から、前に詰める動きをセットに

打ってから動く、では絶対に遅い。

相手の足下に打つショットと、前に詰める動作は一緒、一つにつなげて考えることが大事です。

打って様子見、で前に出るでは遅い。

たった1メートル、50cmでも、前にいるのといないのでは、相手にかかるプレッシャーが全く違います。

足下の処理、に対してテニスではプレッシャーをかけるとすごくミスをもらえる。

苦しい状況を、更に苦しくしていく。

容赦無いポジショニング、が今のアナタには求められてるんです。

 

5.もしも浮いてしまったら、そこは仕方ない

「でも、足下に沈まらなかったら・・・」と考えても、そこは仕方ない。

切り替えて守備、しかないでしょう。

でも、不思議と前に詰める動作を入れていると・・・浮いたボールも結構、相手はミスしてくれますよ。

動いて向かって来る相手、は、やっぱりプレッシャーになる。

試合慣れしていない人、は特にそうですね。

ハイボレーでも力が入ってアウトしてくれるかも知れない。

ですので、守備の意識としっかりウォッチしてアウトボールを触らないような意識、も大事ですね。

 

ちょっとした動き、にその人のテニス選手としての強さが隠れている。

今回の話も、すごく地味な話じゃないですか。

でも、強い選手はそこをさぼらない。

足下に打って、相手がボールに触る前にポジションを上げていく。

これは本当に、テニスのフットワークの基本です。

良いショット、が打てているのに勝てない人は、このあたりの意識から見直してみると良いでしょう。

もしかしたら、すぐに勝てるようになるかも知れませんよ。

ピックアップ記事

  1. バランスクッションを使って、テニス選手に必要なバランス感覚を養おう
  2. ミズノ社製のアイスマットを使えば、夏場の厳しい試合も乗り越えられるはず
  3. テニス選手に必要なプロテイン摂取は、便利なブレンダーボトルで
  4. テニス選手としての「肩の痛み」を改善するには、寝る時の姿勢を変えないと
  5. スピンサーブ習得の秘密兵器に、「スピンサーブマスター」を使ってみない?

関連記事

  1. テニス ストローク

    フットワーク

    テニスの試合のプレーのほとんどは、「反応」でしかないという事実

    テニスの試合、フットワークが鋭い人って・・・反応が鋭い?いや、…

  2. テニス フットワーク

    フットワーク

    相手の大チャンス、ダメ元で予測して動くときには「利き腕側」に動くと覚えておこう

    今回は、とっておきのテニスの裏ワザ、お伝えします。経験則、から…

  3. フットワーク

    あのスプリットステップ、にも弱点はある

    普段、何気なくやっているステップ。テニスの基本、スプリットステ…

  4. テニス ポジショニング

    フットワーク

    「ココに打たれたら仕方ない」という場所は、あえて作っておこう

    相手のナイスショット。それには、2種類あります。アナタ…

  5. フットワーク

    なぜ、オープンスタンスは守備範囲が拡がるのか?

    前に足を踏み込まない、オープンスタンス。これを武器に、粘るスタ…

  6. フットワーク

    「ナイス反応!」にはポイントがある!テニスの試合で必要な反応における大原則

    「反応をよくする方法、教えてもらえますか?」そういう質問をよく…

特集記事

  1. テニス ミス

    ストローク

    グリグリなストロークのボールに圧力を感じるのは、備えが無いから
  2. テニス 居場所

    テニス知識

    テニスのセルフジャッジの試合では、「アウト!」ではなくまずは「ウォッチ!」が正し…
  3. テニス 練習

    テニススクール

    テニススクールでは教えてくれない、試合で本当に使える4つの技
  4. テニス ガスケ

    リターン

    セカンドサーブを叩くこと、がファーストサーブの力を削ぐことにつながる
  5. テニス ストローク

    ストローク

    ストロークのテイクバック、「差し込まれた状態」を脱却出来ない人へ
PAGE TOP