その他

自分の試合の中で、「ここでテニスのギアを上げたい!」と思ったときに実践出来ること5つ

錦織選手、見事にリオオリンピックで銅メダルを獲得してくれましたね。

最後にナダル選手を破った試合では、上手くペースを上げ下げして、試合のペースを握っていたように思います。

テニスの試合では、自分の中で「ここでギアを上げたい!」と思ったときに、より攻撃的にプレーしたい。

その為に必要な具体策、アナタは準備出来ていますか?

今回は私がいつも意識しているポイントをまとめてみましたので、参考になればと思います!

 

自分の試合の中で、「ここでテニスのギアを上げたい!」と思ったときに実践出来ること5つ

 

1.打点を前にして踏み込んでいく

自分のポジションを少し上げて、前で打っていく。

相手からするとワンテンポ速く、ボールが返球されるようになるので時間を奪われているような感覚になるはず。

ライジングショットで相手が戻る時間を与えない、だけでも有効な攻撃になるはずです。

決して力任せに速いショットに変える、ではなくタイミングを変えていくのをオススメします。

 

2.サーブ&ボレーを繰り出す

今までサーブの後にステイしていた、のであればサーブ&ボレーも効果的です。

相手からすると、不意を突かれたような感覚になり、つなぐだけのリターンになってくれる可能性大。

自分自身、ギアを上げるときには「はっきりと違う作戦」を皮切りにすると、スッキリと思い切れる。

そんな意味でも、サーブ&ボレーはオススメです!

 

3.ダウンザライン方向への展開を増やす

ややリスクが伴いますが、ダウンザライン、ストレートへの展開を増やして攻撃的にいくのも手です。

シングルスでもダブルスでも、クロスからダウンザライン方向へのショットが速いタイミングで混ざると、試合が一気に動きますよね。

エースを狙わなくても、相手を走らせるくらいの感覚でOK。

あまりライン際は狙わず、今までのクロス方向のショットを活かす、くらいの感覚で展開していきましょう。

 

4.リターンエースを狙う

ここは勝負、と思ったらセカンドサーブでしっかりチャージしましょう。

リターンエース、狙ってみて下さい。

相手が入れに来るサーブであれば、踏み込んで前で捕らえて攻撃的に打てるはず。

力で押し込むのでなく、打点を前にしてポジションも前、タイミングでエースが獲れると良いですね。

それだけで、相手は嫌だしプレッシャーになる。

例えエースにならなくても、そのままネットに詰めて攻撃的に終える、ことを実践してみて下さい。

 

5.声を出す、ガッツポーズを出す

大きな声を出す必要はありませんが、自分を鼓舞するような動きは必要。

小さく「よし!」と言って、自分に向けたガッツポーズを繰り返す。

これだけでも、ギアを上げていく大事な要素になります。

周りも巻き込んで、雰囲気から変えていくのもテニス選手の実力のうち。

自己表現が苦手な人も、ぜひトライしてみましょう!

 

ギアを上げるときには、自分の中で「決意」が必要です。

試合の終盤、必ず相手も自分も苦しい時間帯はあります。

そんなときに、何が出来るのか、何をすべきなのか・・・は、しっかり考えて準備しましょう。

今回紹介した内容は、あくまで一つのアイデア。

アナタ自身で、どんどん新しく作り上げていって下さい!

ピックアップ記事

  1. 「HEADのボールって、実際どうなの?」の質問にお答えします
  2. あらゆる場面で活躍できる「万能タイプスポーツサプリメント」凌駕BCAA+
  3. これからの梅雨の時期に、準備しておきたいラケバ用レインカバー
  4. 大事なテニスウェアを汚したくないなら、シャープの超音波ウォッシャーを持ち歩こう
  5. これからの暑い時期にあると便利な、「高速製氷機」とは?

関連記事

  1. テニス 客観視

    その他

    テニスの大会を運営している人には、感謝の気持ちを忘れずに

    試合に出続けているみなさんに、ぜひ、意識して欲しいこと。少し、…

  2. テニス ボレー

    その他

    「こっち側には絶対来ない!」と思い切れるかどうかが、テニスの試合では予測力の差になります

    テニスの試合で反応が良い選手、予測が鋭い選手、試合で強いですよね。…

  3. その他

    「花粉症で喘息発作」で辛いときも効果的な呼吸法とは?

    花粉症に苦しむ毎日を送っているが、遂に花粉症の症状に加えて喘息発作も出…

  4. その他

    最近テニス部の練習で、「競争の度が行き過ぎて、部内の雰囲気が悪い‥ときの解決策とは?

    私自身、苦い経験があります。みんなが上手くなりたい、という想いが少…

  5. その他

    「秘訣はニュートラルグリップ」テニスの試合で幅のあるプレーをする為に

    トップスピンのストロークでアプローチしてボレーで決める・・・なんてこと…

  6. テニス ミス

特集記事

  1. テニス メンタル
  1. その他

    「甘ったれるな!トレーニングしろよ!」テニスのトーナメントを勝ち抜くには持久力は…
  2. テニス メンタル

    戦術

    テニスの試合は、「自分の力だけで勝てる試合なんて1試合も無い」と思っておこう
  3. テニス ストローク

    ストローク

    「フワーっとした緩くて深いボール」は、結局どう処理すれば良いの?
  4. テニス ストローク

    ボレー

    沈められたボールを深くボレー、って、いつもアウトばかりじゃないですか?
  5. テニス ストローク

    サーブ

    サーブに必要な下半身の土台は、「トスを低め」にすることで安定する可能性が大
PAGE TOP