テニス ボレー

ボレー

ネットプレイヤー相手には、「まず足元に打って前にチャージ」していけば、勝手にミスしてくれる可能性大

ストローク同士の打ち合い、に慣れ過ぎていると弊害が多い。

その一番典型的な例は、ネットプレイヤーを相手にしたときでしょう。

相手がボレーで返球してくる・・・というだけでプレッシャーに感じてしまう人は、まずは相手の足元に返球する癖を付けましょう。

ボレーでもストロークでも、その癖さえ付けておけば精神が安定します。

 

ネットプレイヤー相手には、「まず足元に打って前にチャージ」していけば、勝手にミスしてくれる可能性大

 


 

■足元のボレーは、強打出来ない

当たり前ですが、足元のボールは攻撃していくのが難しい。

ボレーであればネットが近い、まずそのネットの高さまでボールを上げないといけませんので、速いボールは打てないですよね。

そう考えると、気持ち的にすごく楽になる。

慌てずボレーヤーに対しては足元に打てばOK、という選択肢を持っておくと、試合でもすごく楽に戦えます。

そして打った後はしっかり前に詰めて、ドロップショット系のケアを行うようにしましょう。

前に詰めるフットワークを見せることで、相手はきっとプレッシャーに感じてミスをしてくれるでしょう。

 

■弱く打つ、のではなく回転量でボールの飛びを調整する

足元に打とうとして、スウィング自体が弱くなる人が多くいます。

これだと、試合の緊張した場面では調整が効き辛い。

ラケットはしっかり振る、回転量をしっかり多くして速度を抑えて相手の近くで失速する、ような打球を目指してみましょう。

スライスがとても有効ですので、ぜひ試してみて下さい。

しっかり回転をかけるショットを、まずは打ってみて軌道を確認する。

必ずどこかで失速して、沈んでくれるはずですので、その距離感を養えるように練習していきましょう!

 

■相手が察して前に詰めてきたら・・・?

さすがに相手も、沈められてばかりだと勘付く。

勘付いてネットと自分の距離を縮めてくることも、試合では十分に考えられます。

そんなときにこそ、同じ構えからのロブが有効ですよね。

相手も沈むボールがあるからこそ、ロブをケアし辛い。

この2種類のショットがしっかり使い分けられるようになれば、ネットプレイヤーは恐れることはありません。

 

相手の足元に打つ、ということに普段から慣れておく。

そして打った後の動き、にも慣れておきましょう。

しっかり足元に打つ、のと前に詰める動きをセットで行えるように。

テニスは打った前後、ボールを触っていないときの動きが大事。

ネットプレイヤーを攻略していくイメージ、沸いてきましたか・・・?

ピックアップ記事

  1. Zatous(ザータス)の大容量バッグインバッグは、ラケットバッグと相性ピッタリ…
  2. テニスフリークなら必携のタオルは、「作戦ボードタオル」で決まり!
  3. 学生さんや社会人プレイヤーにもお勧め!「タッチ系テニス」に適したガット3選
  4. 急激に乾燥する季節に、喉とオーラルケアは欠かせない
  5. iphoneでテニス動画を撮影するなら、三脚ホルダーのスマホスタンドを使おう!

関連記事

  1. テニス ボレー

    ボレー

    ダブルスの試合で必須な技術、「相手リターンでのストレートアタックに備えるブロックボレー」を身に付けよ…

    ダブルスでストレートアタック、をされたときに、しっかり返球出来るかどう…

  2. ボレー

    ブロックボレー、そして攻撃するボレー!

    深いボールは、まず返すこと優先。浅いボールを攻撃していく。…

  3. テニス ボレー

    ボレー

    前に詰めてのドロップボレー、はなぜ決まりやすいのか?

    ドロップボレーが甘くなる、なかなか決まらない・・・と、悩んでいるみなさ…

  4. テニス ボレー

    ボレー

    ネットから距離があるポジションでのボレーでは、「ハーフボレーになる準備」を必ずしておくこと

    「テニスが上手い!」と言われる人、色々な要素があると思います。…

  5. テニス スライス

    ボレー

    テニスの試合では、「相手にドロップを警戒させて深く打つ」スライスが有効です!

    まず初めに、これはかなり難しい技術です。スライスショットを浅く…

  6. テニス ダブルス

    ボレー

    ダブルスの試合ここ一番で、「ポーチをしっかり決め切る」には、ラケットヘッドを立ててネットに近づくこと…

    ダブルスの試合、自分が前衛で後衛がストロークに頑張っていれば、「なんと…

特集記事

  1. テニス メンタル

    メンタル

    テニスの試合に負ける理由を、「いつまでもメンタルの弱さ」のせいにしているから、成…
  2. テニス 指導

    その他

    「規律と平等」が無いテニスチームには、強い選手は育たない
  3. テニス 準備

    その他

    テニスの「ラケットでの球出し」にはテクニックが必要!その為に、身に付けたい技術に…
  4. テニス ダブルス

    練習メニュー

    テニスの素振りは、高い打点で行うことが大事
  5. テニス ストローク

    シングルス

    シングルスの試合で必要なストロークの展開力について、「同じ構えから前後に打てる」…
PAGE TOP