テニス 準備

ボレー

オープンスタンスでのボレーの時に、しっかり「ドロップボレーの準備」も頭にイメージしておくこと

自分がネットに出ていて、相手のパッシングショットが厳しいコースに飛んで来る。

まさに絶対絶命、通常ならなんとか深く返球して、態勢を整えて・・・と思いますよね。

それが基本の選択、です。

ですが、もし少しだけ相手を見る余裕があれば、きっとこういう発想もボレーで生まれてくるでしょう。

厳しい局面でも、ある種の「攻撃性」は失いたくない。

ボレーって、ストロークと違ってこういう切り返し、が出来ますからね。

 

オープンスタンスでのボレーの時に、しっかり「ドロップボレーの準備」も頭にイメージしておくこと

 

1.オープンスタンスのボレーって?

皆さん、イメージ出来ますか?

ボレーは通常、余裕があると横向きで前に踏み込む形で打っていきますよね。

でもその時間が無い、余裕が無いような場面だと、きっと手を出すだけ、足は出さない、という感じのときも多いと思うんです。

相手がしっかり打って来るとき、は時間も余裕も無いですしね。

そういうときに、足は横に開いたまま、ですので自然にオープンスタンスのような打ち方になる。

このときに、横に腕を出して打つ・・・形で、相手のパッシングショットをなんとか防ぐ。

シングルスでもダブルスでも、守備範囲が広いネットプレイヤーはこういう技術が得意ですよね。

 

2.オープンスタンスのボレー、無理しないことが一番

まず、このときに無理しないこと。

相手がしっかり打って来るストローク、なら深く返球しようと力む必要は無いでしょう。

グリップを握り過ぎると、ボールはどんどんアウトしていきます。

相手の力を、吸収していなしていく。

このイメージが、すごく大事になってきます。

勢いを止めてあげる、ブロックボレーで良い。

そうなると・・・「前に落とす、ドロップボレー」も簡単だと思いませんか?

 

3.コツは「先に罠を仕掛ける」発想

プロ選手の試合を観ていて、「あんなに厳しいパッシングショットなのに、よくドロップで切り返せるよな・・・」と、思いませんか?

これには、しっかりした理由があります。

以前にも書きましたが、「ここに打たれたら、こう切り返そう」というのがしっかりイメージ出来ている。

お約束通りの返球、しかしていないんですよね。

もちろん、技術的には難しいですよ。

でも、やることが決まっていてそれを実行しているだけ、と考えると結構楽。

厳しいコースに来たら、当てるだけで前に落とせば良い、と考えてみる。

どうでしょう、アナタの試合でも使えるような気になって来ませんか?

 

4.ラケットヘッドを立てて、罠を張ろう!

さぁ、あとはどんどんやってみましょう!

パッシングショットのコースを予測して、そこに来たら「ドロップボレーで返球する」だけ、です。

ラケットヘッド、ラケットの先をしっかり立てて、ボールの勢いをクッションのように吸収する意識で待ってみる。

相手のパッシングショット、低い所に打たれる可能性も高いので、少しだけ山鳴りなドロップボレー、のイメージで。

気持ちで絶対に引かない、相手のボールの勢いを積極的に利用していく感覚で罠、を張りましょう。

この、「罠」という言葉がミソなんですよね。

しっかり罠にかかったら、仕留めましょう!

 

オープンスタンスのボレー、試合の中では結構打つ機会あると思います。

でも、それをずっと守備的なイメージでとらえていては、成長が難しい。

ストロークが強力な相手は、どんどん増えてくる。

だからこそ、ネットプレーもどんどん進化させていかないと。

やってみると、意外と簡単だったりすると思いますよ。

やらない人はもったいない。

それくらい、オススメの技術です!

ピックアップ記事

  1. 「HEADのボールって、実際どうなの?」の質問にお答えします
  2. テニスで肩が上がらない・・・と、苦労する人は「ピイラティス・ポール」がオススメで…
  3. 学生さんや社会人プレイヤーにもお勧め!「タッチ系テニス」に適したガット3選
  4. 「最近使い始めた、ホワイトボードみたいなのって何ですか?」のご質問
  5. フットワークを磨きたい!なら、足指トレーニングは欠かせない

関連記事

  1. テニス ダブルス
  2. テニス 大学

    ボレー

    「ソフトテニス経験者の強みを活かす!」為に必要な、硬式テニスでのネットプレーの意識とは?

    中学でソフトテニスを経験して、高校から硬式を始める・・・という方も、多…

  3. テニス ボレー

    ボレー

    身体近くのバックハンドボレーは、「逆クロス方向」に流せばポイントを取りやすい

    ボディに近い位置でのボレー、難しいですよね。「正面のボレーは、…

  4. テニス ボレー

    ボレー

    「あえて、前に踏み込まない」ボレーを鍛えておくと、粘り強いネットプレーヤーになれる

    ボレーはしっかり、足を踏み込んで横向き!は、確かに基本です。…

  5. テニス リターン

    ボレー

    ボレーの試合で「速いボールに対しても、安定感あるボレー」を継続する為に気を付けたい、手首の角度とは?…

    安定感のあるボレー、試合で使えるようになると「ネットに出よう!」という…

  6. テニス 準備

    ボレー

    「ドロップボレーの8割は、相手が打つ前に決めている!」技術的には出来るのに、試合で打てない人へ

    結論から言いましょう。ドロップボレーは、相手が打つ前にいかに罠…

特集記事

  1. テニス メンタル
  1. テニス 目

    その他

    相手の速いショットを返球出来ない人は、「速いボールを見るコツ」を意識してみよう!…
  2. テニス ボレー

    ストローク

    「スライスのアプローチショットで、ネットに出る」のが、有効な理由とは?
  3. リターン

    余裕が無い時のリターン、意識したい5つのポイント
  4. テニス メンタル

    メンタル

    自分への疑いが晴れれば、自信に変わる
  5. テニス 練習

    練習メニュー

    テニスが上達するに従って、「テニスの練習自体」も上達しているだろうか?
PAGE TOP