テニス メンタル

シングルス

テニス選手として一気に成長したければ、「次の大会は本気で戦う」と周りに宣言してみよう

少し早いですが、今年ももうすぐ終わり。

アナタ自身、どんな一年を過ごしてきましたか?

私が問いかけたいことは、たった一つ。

「本気で、本音で、テニスと向き合って来ましたか?」ということ。

みんなこれが出来ないから、成長出来ないのです。

 

テニス選手として一気に成長したければ、「次の大会は本気で戦う」と周りに宣言してみよう

 

■「本気を出す」ことの怖さ

学生の皆さんも、社会人、ベテランで頑張る皆さんも、一様にこれが言えます。

「自分は本気で、テニスをやっている」ということが、怖くて言えない。

本気を出すことを周りにアピールすれば、それはその人の限界値だと思われる。

怖いから、黙って少し斜に構えてテニスをしている「フリ」をする。

もちろん、それなりに頑張ってはいますが、周りに宣言するくらいのリスクは冒さない。

それってすごく、勿体ないことだと思うんです。

 

■本気でした失敗、負けなら、それは「成功」と呼んで良い

「次の試合は、本気で戦う!」と、誰にでも良いので宣言してみて下さい。

そこから全てが始まります。

結果的に負けても、何も言わないでこっそり負けるより100倍以上の価値がある。

宣言したからには、本気で工夫するし準備する、試合中も諦めないでしょう。

だってそれが、アナタの「本気」になってしまうのですから。

こういう環境に、いかに自分から自分自身を移行出来るかが、テニスの成長には大事です。

 

■残り2か月で、やるべきことを書き出してみよう

2016年も残り2か月。

まだ、やり残したことがあれば間に合います。

試合も1つ、くらいの出場予定として残っているでしょう。

周りに何か宣言して、自分を追い込んでみませんか?

きっと全てが、変わるはず。

そしてその過程こそ、失敗しても成功につながる糧になることは間違いありません。

 

テニス歴、練習環境、持って生まれた体格やセンス。

私は全部、興味ありません。

その人のテニスを観れば、その人の人格であり努力、考えは分かる。

上辺だけで人を判断しない、されない為には、強い意志が求められる。

親しい人、にでも良いので宣言してみましょう。

本気のテニス、自分で約束してみて下さい。

ピックアップ記事

  1. テニス部・テニスサークルとして勝てる集団になりたいなら、「スコアシート」は欠かせ…
  2. バランスクッションを使って、テニス選手に必要なバランス感覚を養おう
  3. 夜のランニングのマストアイテム、蛍光色グッズで安全にトレーニングを
  4. テニスの試合に必要なフットワークトレーニングに、ラダーは必需品
  5. これからの冬のテニスに最適な、ネックウォーマー4選

関連記事

  1. テニス ボレー

    シングルス

    強いシングルプレイヤーは、ポジショニングがすごく細かい

    シングルスの試合で、結果を出したい。と思って強い選手を色々観察…

  2. テニス メンタル

    シングルス

    シングルスの試合でも、実際は「クロスコート半面」での勝負が多い

    シングルスの試合、にチャレンジしているみなさん。きっと、ダブル…

  3. シングルス

    テニスのシングルスの試合は、「自分一人でコツコツ練習していれば強くなる」と信じている人、危険です

    テニスの醍醐味は、ある種個人戦にあるとも言える。自分の好きに試合し…

  4. テニス ダブルス

    シングルス

    対戦相手がテニスのギアを上げてきたときに、実践出来る効果的な対策4つ

    対戦相手が、急にペースを上げてくる。試合の終盤には、きっとそう…

  5. テニス 戦術

    シングルス

    シングルスの試合でミスが早い人は、オープンコートを意識し過ぎかも

    シングルスの試合は1対1で戦う分、オープンスペースが広く感じてしまう。…

  6. テニス 準備

    シングルス

    シングルスの試合、例えば「4-4 30-30」のように絶対に獲りたいポイントのときは・・・?

    少し、イメージしてみて下さい。勝てばアナタは優勝、シングルスチ…

特集記事

  1. テニス ダブルス

    ダブルス

    勝ち続けるダブルスペアが、試合中に考えている5つのこと
  2. テニス リターン

    フットワーク

    テニスのラリーでは、「速いショットほど上半身で合わせにいかない」ことを意識すると…
  3. テニス知識

    汗でグリップが滑りやすい人は、「Prince Grip Plus」がオススメ
  4. テニス サーブ

    リターン

    サーブが入って「ホッ」とする瞬間を、見逃してはいけない
  5. テニス ボレー

    ストローク

    強く跳ね上がるサーブ、ストロークは、どうすれば上手く返せるだろう?
PAGE TOP