ボレー

バックボレーのメリットは、ポジションがずれないこと

試合をしていて、気が付けば自分のポジションがおかしい・・・という人。

こんな場所に立っているつもりは無かったのに・・・となるのは、恐らくフォアボレー頼みになっているからでしょう。

普段から、出来るだけバックボレーを使うこと。

これが意識出来れば、ネットプレーでも隙の無いポジショニングが出来るでしょう。

 

バックボレーのメリットは、ポジションがずれないこと

 


 

1.ダブルスで勝てない、典型例は・・・

プレー中に、端に端に、勝手に寄っていってしまう人。

みなさんの周りでもいませんか?

こういう人は、「なぜポジションがずれてしまうのか?」に気付いていない。

恐らく、身体の正面あたりのボールを無理やりフォアボレーで打っているから、なんです。

身体を逃がして打つ、だからどんどんズレていく。

ズレていく、コートの端に寄っていけば、それだけセンターが空いてしまう。

これは、ダブルスなら致命的な弱点になってしまうんです。

 

2.センターには、速く鋭いボールが来る

テニスの試合、ダブルスでなぜセンターを守らないといけないのか。

繰り返しになりますが、この理由は明白です。

センターには、低く、速く、鋭いボールが来るから。

相手にここに打たせてはいけないからです。

2人で距離を近くして、コートの中心を守る。

両端は、腕を伸ばして触るような意識が大事。

バックボレーで身体の正面のボールをさばければ、ポジションはずれない。

自分の身体の位置を変える必要は無いですからね。

 

3.「打ちやすいから」を変えていこう

「でも、フォアボレーが打ちやすいから・・・バックボレーは苦手で。。」という声が、聞こえて来そうですね。

それは、アナタ自身が打ちやすいから、ですよね。

その選択を、変えていかないといけない。

誰だって、最初に変える時には打ち辛いところから入っていく。

で、それを克服して、テニスの試合で勝てるショット、ポジショニングに変わっていく。

「打ちやすいから、この打ち方」というのは、卒業していきましょう。

 

4.ポジションを優先した方が、最後は打ちやすい

バックボレーをメインで使うこと、最初は大変だと思います。

でも、慣れると楽です。

何より、テニスは「良いポジションに立って打つこと」が大事ですから。

この方が、圧倒的に全体としては打ちやすい。

ポジショニングがずれてしまうと、結果的に苦しくなるのは自分たち。

コートの端、端に寄っていくようなフォアボレー、危ないです。

意識出来た人から、試合でも勝てるようになっていくでしょう。

 

普段から、バックボレーを多く使うこと。

構えからバックボレー、フォアボレー側に来ても対応出来るように。

毎日の小さい意識、短い練習でも、確実に意識は変わります。

必要性を自覚したら、あとはやるだけですね!

ピックアップ記事

  1. 多動力こそ、これからの時代のテニス選手に必要だと思う
  2. テニスの試合に強くなりたい人が読んで欲しい漫画、「アルキメデスの大戦」
  3. 【ご協力をお願いします!】テニス動画・プロ選手に関するアンケート
  4. ヨネックスの新作ラケット、Vコアのハイスピンテクノロジーによる超高弾道は本物だっ…
  5. HEADラケットのスタンダードモデルを使い続けて、気付いたことまとめ

関連記事

  1. テニス

    ボレー

    ボレーのときに身体が開く人は、胸から突っ込んでいるケースが多い

    女子ダブルスの試合だと、4人全員でボレー、のような形ありますよね。…

  2. テニス リターン

    ボレー

    ボレーは「グリップの握り込むタイミング」で伸びが変わる!意識したいポイントは?

    ボレーに苦手意識がある人は、まずグリップの握るタイミングを意識してみる…

  3. ボレー

    低い打点でのボレーは、フラット気味でも良いと思う

    ローボレー、難しいですよね。何が難しいって、まず低い位置からボ…

  4. テニス ボレー

    ボレー

    ポーチボレーのコントロールは、「先にラケット面を作ってから動く」に限る

    ポーチボレーの基本、それはシンプルに打つこと。相手のリターン、…

  5. テニス ボレー

    ボレー

    テニス初心者でも理解しておきたい、「グリップを握る強さ」について

    勘の良い人は、気付いているこの件。グリップを握る強さ、皆さんは…

  6. テニス ストローク

    ボレー

    脱・ネットプレー中級者、の為には「打った方向へ詰める基本」を再度徹底しましょう!

    ネットプレーはどうも苦手、という方は、ラケットワークに意識がいき過ぎて…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. シングルス

    相手を恐れていては、シングルスは勝負出来ない
  2. その他

    試合の後に、相手に感想を聞く時のマナーについて
  3. テニス サーブ

    サーブ

    明日からサーブのコントロールを良く出来る、一瞬の瞑想の儀式とは?
  4. テニス サーブ

    サーブ

    「ゲームカウント4-5、30-40で打つセカンドサーブ」こそ、実力が問われる
  5. 食事

    戦術

    「テニスの醍醐味、味わってる?」テニスの試合で必要なパワーに頼らない戦術の考え方…
PAGE TOP