ボレー

バックボレーのメリットは、ポジションがずれないこと

試合をしていて、気が付けば自分のポジションがおかしい・・・という人。

こんな場所に立っているつもりは無かったのに・・・となるのは、恐らくフォアボレー頼みになっているからでしょう。

普段から、出来るだけバックボレーを使うこと。

これが意識出来れば、ネットプレーでも隙の無いポジショニングが出来るでしょう。

 

バックボレーのメリットは、ポジションがずれないこと

 


 

1.ダブルスで勝てない、典型例は・・・

プレー中に、端に端に、勝手に寄っていってしまう人。

みなさんの周りでもいませんか?

こういう人は、「なぜポジションがずれてしまうのか?」に気付いていない。

恐らく、身体の正面あたりのボールを無理やりフォアボレーで打っているから、なんです。

身体を逃がして打つ、だからどんどんズレていく。

ズレていく、コートの端に寄っていけば、それだけセンターが空いてしまう。

これは、ダブルスなら致命的な弱点になってしまうんです。

 

2.センターには、速く鋭いボールが来る

テニスの試合、ダブルスでなぜセンターを守らないといけないのか。

繰り返しになりますが、この理由は明白です。

センターには、低く、速く、鋭いボールが来るから。

相手にここに打たせてはいけないからです。

2人で距離を近くして、コートの中心を守る。

両端は、腕を伸ばして触るような意識が大事。

バックボレーで身体の正面のボールをさばければ、ポジションはずれない。

自分の身体の位置を変える必要は無いですからね。

 

3.「打ちやすいから」を変えていこう

「でも、フォアボレーが打ちやすいから・・・バックボレーは苦手で。。」という声が、聞こえて来そうですね。

それは、アナタ自身が打ちやすいから、ですよね。

その選択を、変えていかないといけない。

誰だって、最初に変える時には打ち辛いところから入っていく。

で、それを克服して、テニスの試合で勝てるショット、ポジショニングに変わっていく。

「打ちやすいから、この打ち方」というのは、卒業していきましょう。

 

4.ポジションを優先した方が、最後は打ちやすい

バックボレーをメインで使うこと、最初は大変だと思います。

でも、慣れると楽です。

何より、テニスは「良いポジションに立って打つこと」が大事ですから。

この方が、圧倒的に全体としては打ちやすい。

ポジショニングがずれてしまうと、結果的に苦しくなるのは自分たち。

コートの端、端に寄っていくようなフォアボレー、危ないです。

意識出来た人から、試合でも勝てるようになっていくでしょう。

 

普段から、バックボレーを多く使うこと。

構えからバックボレー、フォアボレー側に来ても対応出来るように。

毎日の小さい意識、短い練習でも、確実に意識は変わります。

必要性を自覚したら、あとはやるだけですね!

ピックアップ記事

  1. 「HEADのボールって、実際どうなの?」の質問にお答えします
  2. 準備しておいて絶対に損は無い、試合会場でのトイレ事情について
  3. iphoneでテニス動画を撮影するなら、三脚ホルダーのスマホスタンドを使おう!
  4. 夏の男性の日焼け止めは、「ギャツビー パーフェクトUV スプレー」が便利
  5. 夜のランニングのマストアイテム、蛍光色グッズで安全にトレーニングを

関連記事

  1. テニス コントロール

    ボレー

    試合で使えるネットプレーでのコントロールは、「コート全体の1/64」を最低限の目安にして、自分に厳し…

    テニスの試合で「コントロールが良い」とは、どの程度を指すんでしょうか?…

  2. テニス ストローク

    ボレー

    テニスのネットプレーで必要な、「速いストロークのボールに対しては、上半身のひねりだけでブロック」する…

    ネットプレイヤーが少ない、育たないと言われて久しいですが、その原因はど…

  3. テニス ボレー

    ボレー

    相手の足下、の次はハイボレーをしっかり準備しておこう

    構え直しの重要性を何度も書いて来ましたが、それは特にネットプレーの時に…

  4. テニス ボレー

    ボレー

    片手バックボレー、打ち終わった後の「左手」の形が大事

    ボレーの打ち方が綺麗な人って、特にバックボレーが乱れない。安定…

  5. テニス ボレー

    ボレー

    厳しいリターンに対するファーストボレーは、グリップを握り過ぎないことが第一

    最近のダブルスの試合、プロ選手の試合では「並行陣」が確実に減りつつあり…

  6. テニス ボレー

    ボレー

    テニスにおける攻撃的なボレーは、全てを「2本で1セット」の考えで詰めていく意識が大事

    ネットプレーは攻撃的に!ですが、1本で決めようとするとミスも増…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス メンタル
  1. テニス ダブルス

    ダブルス

    ダブルスの試合、ハンデ戦はこうやれば盛り上がる!
  2. テニス ラケット

    テニス知識

    これからテニスを始める人でも知っておきたい「ラケット選びの5つのポイント」
  3. テニス メンタル

    メンタル

    何かを信じ切っている人に、アイデアは生まれない
  4. テニス メンタル

    ボレー

    試合中の「ネットプレーでのミス」を、相手は絶対引きずっている
  5. テニス ダブルス

    練習メニュー

    初打ちテニス後は、練習メニューと自分自身の整理を
PAGE TOP