テニス ボレー

ボレー

自分がネットに出たときに「ボディ正面を突かれたとき」の為に、対処ボレーを覚えておくと便利!

ネットプレーに苦手意識のある方の多くが、「身体の正面」に来たボールの処理が怪しい。

そもそも、ストローク側がパッシングの必要が無い=アナタのボレー技術が無い、と判断されると、試合ではココを狙われてしまいます。

まずは普段の練習から、どんどん正面のボディに来るボールをさばく回数を増やして、練習していきましょう。

 

自分がネットに出たときに「ボディ正面を突かれたとき」の為に、対処ボレーを覚えておくと便利!

 


 

■ラケットは極力動かさない!

正面のボレーは、速いボールの場合はノーステップでバックボレー。

これが基本になります。

ポイントは、慌てて「ラケットを動かし過ぎない」こと。

正面にセットして構えてあるラケットで、そのままボールの少し下を捕えれば確実に返球できます。

 

■難しいコースに打たない、正面にきたボールは、相手の正面に返球でOK

相手に攻撃されている場合は、角度を付けたり、厳しく展開するのは難しい。

よほど余裕が無い限りは、しっかりつなぎましょう。

相手の正面に返球できれば、深いボールであればそれだけで形勢逆転も。

相手の狙いは、アナタからミスを誘うこと。

テニスの試合においては、苦しい時にはまずは粘って返球することを心がけましょう。

 

■慣れてくれば、ドロップボレーでの切り替えしを

正面のボールも慣れると、反撃できるようになります。

バックボレーの面を作り、肩を少し入れてドロップボレーにしてしまうのがお勧めです。

女性で両手バックボレーの方は、思い切って打った後に片手になるくらいでOK。

右利きの方であれば、左手を解放することでラケットワークが取りやすくなります。

 

最初にも書きましたが、「普段の練習からいかに正面のボールをさばいているか」が、試合で如実に現れます。

ボレーボレー、ボレーとストロークのラリーで、意識してお互いの正面に打つようにしましょう。

その際に、とにかく慌てずシンプルな動作を心がけること。

試合で落ち着いて出来るように、まずは数をこなしましょうね。

ピックアップ記事

  1. いつからヨネックスのシューズは、こんなにカッコ良くなったんだろう
  2. 雨が多い時期の試合は、防水スプレーは必須アイテム
  3. 真夏のスポーツ観戦には、超軽量・小型の折り畳み傘は必需品
  4. テニス選手として必要な、「オーラルケア」と栄養素について
  5. テニス選手としての「肩の痛み」を改善するには、寝る時の姿勢を変えないと

関連記事

  1. ボレー

    テニスのネットプレーでは、「相手がいる位置よりも空きスペース」を意識してラリーすることが大事です

    ネットプレー、ボレーでなかなかイメージ通りのプレーが出来ない人は、もし…

  2. ボレー

    クロスでのボレー対ストローク、のボレーヤー側の基本スタンスについて

    クロスでのボレー対ストローク、みなさんもよく練習するメニューだと思いま…

  3. テニス ダブルス

    ボレー

    テニスの試合では、「ネットスレスレ付近を通過するボール」は対応が難しい

    特にネットプレー、ボレーのときに、ですね。皆さんも経験があるん…

  4. テニス 戦術

    ボレー

    テニスの試合における攻撃の基本は、「相手を動かして、戻る時間を与えない」から有効なんです

    テニスの試合に出ている人の中で多い質問が、「シコラーに勝てないんです!…

  5. テニス リターン

    ボレー

    ボレーで身体が回転しない、だけで安定感は見違える

    ボレーのコントロールが安定しない人は、今一度この基本を。しっか…

  6. テニス ボレー

特集記事

  1. テニス メンタル

    ダブルス

    ポジションを上手く移動出来れば、相手は勝手に自滅してくれる
  2. テニス ボレー

    ダブルス

    後衛が攻撃するタイミングで、前衛は守備の意識を捨てていこう
  3. テニス サーブ

    戦術

    試合結果は、目の付け所で価値が変わる
  4. テニス 準備

    その他

    今年も開幕した、「全国選抜高校テニス大会を観戦される方」に事前にチェックしておく…
  5. ストローク

    テニスの試合で、「自分よりも実力は下」と判断したら徹底したバックハンド攻めで序盤…
PAGE TOP