テニス サッカー

フットワーク

フットワークにスランプは無い、というのは本当です

テニスの試合、調子が良い悪い、はどうしても出て来ます。

気にしないようにしても、特に負けている時には言い訳としてもつい、気になってしまいますよね。

調子が悪い、というのは言い訳でしかない。

でも、実際に悪い日は起こる・・・と考えると、それに「影響されない、何か」が無いかを考えてみる。

言われてみれば当たり前かも知れませんが、この部分、アナタ自身意識して損は無いですよ。

脚が速い学生さんに向けた話、では無いです。

 

フットワークにスランプは無い、というのは本当です

 

1.フットワークに、スランプは無い!

もちろん、体調によって若干・・・はあるでしょうが。

調子が悪いから足が遅い日、というのは無いでしょう、基本。

テニスの各ショットは、どうしてもちょっとしたズレ、気温や高低差、ガットの摩耗具合、で変わってきます。

これに対応出来ないときに、調子が悪い・・・ということになっていくだけ。

アナタ自身の足、は毎回変わらないですからね。

怪我でもしていない限りは、きっと調子は維持出来る。

良いときも無いけど、悪いときも無い。

そんな自分のフットワーク、について、もっと自信を持って良いと思います。

 

2.「でも自分は、足が遅いから・・・」という人ほど、有効な考え方

足が遅い人、言い方は悪いですが少し体重が重めの人には、関係無い話でしょうか?

それは、違います。

テニスは、よーいドンの短距離走じゃない。

今回書いたフットワークとは、自分の「走力」だけじゃないんですよ。

速く走れなくても、フットワークを効果的に運ぶ方法はたくさんあります。

テニスでは、まずどこに立っても良い、ポジショニングの自由が有りますよね。

それから、相手が打つ前にコースを予測する、打つ瞬間にはラケット面をしっかり見る、グリップも見る。

これは、私はフットワークの一部、だと思っています。

どんなに足が速い選手でも、相手が打った後に動き続けていては絶対に間に合わない。

試合のレベルが上がるほど、これは顕著になっていくでしょう。

 

3.フットワークなら負けない、という意識を強く持つこと

フットワークなら負けない、自分にはスランプが無い、と考えると試合でも前向きになれる。

足は速くないけど、予測と反応で勝負出来ると思ったら、相手にプレッシャーを与えていこうという気持ちになりますよね。

何より、こういう動きは「毎回のポイントで、実行出来る」から強いんです。

サーブの調子がいくら良くても、1回もブレイク出来ないと試合には勝てない。

でも、フットワークが安定していると試合全体を作ることが出来る。

その要素に、調子の波は無い。

ちょっと、自分が強くなれたような気がしませんか?

 

4.ショットの調子が悪ければ、泥臭くいくしかない

試合で、この割り切りも大事です。

私なんて、サーブの調子が悪いときには・・・もう、走って前に出て、またはしって・・・を繰り返す。

とにかく体を動かして、予測してはプレッシャーをかけて、余計なことは考えない。

こうやって、足で稼いだポイント、というのはテニスでは大きいですよ。

ただ粘るだけ、ならマラソン選手で良い。

でもテニス選手なら、そこに動き方、ポジショニング、予測・・・と、要素を足していきましょう。

「よく分からないな・・・」という人は、まずポジショニングですかね。

なるべく前、ベースラインよりも下がらない。

ダブルスの前衛だったら、どんどん前に詰める。

これを大胆にやっていくことが、スランプの無い、良いフットワークへの第一歩です。

 

フットワークに調子の波、スランプは無い。

こう言い聞かせて、コートに入ってみて下さい。

きっと、走ることに対して、すごく責任感が生まれると思うんです。

あと1歩、を出せないのは、調子とかじゃなくて実力。

アナタのテニスそのもの、です。

フットワークはどうしても、テニスの技術の中で見落とされがちな要素。

スランプが無いなら、徹底的に鍛えてみませんか?

ピックアップ記事

  1. テニスのフットワークを支える足元の秘密は、スーパーフィートのインソール
  2. 男子シングルスの試合を戦い抜くなら、大量発汗にも耐えうるタオルチョイスを
  3. 水で濡らして絞って振れば、何度でも冷たくなるタオルが使える
  4. 「第1回 読者ミーティング」を開催します
  5. テニスのニューボールの状態を維持出来る、「ボールキーパー」って?

関連記事

  1. テニス ストローク

    フットワーク

    横に流れるランニングショット、打った後に反対側をカバー出来てますか?

    オムニコートで、ザザザザーーっと滑っていく選手。前にも横にも、…

  2. テニス ストローク

    フットワーク

    テニスで守備力が高い選手は、「キャッチ力が高い」だけでは無い

    守備力が高い選手は、何が上手いのか?ラケットでのキャッチ力?…

  3. テニス 攻撃

    フットワーク

    弾まないオムニコートでは、ポジションを前に!

    皆さんは、練習は毎日同じコートでも、試合は異なるはず。いや、練…

  4. テニス ストローク

    フットワーク

    カウンターテニスの基本は、下がることじゃなくて要所で「前に入る」ことで強くなれる

    テニスをしていて、皆さんが「やり辛い・・・」と感じる相手、どんなタイプ…

  5. テニス スライス

    フットワーク

    テニスにおける「ネットプレーで広い守備範囲」を身に付ける為に必要なフットワークのポイント4つ

    ネットプレーが苦手・・・という方は、特に初中級のプレーヤーで多いように…

特集記事

  1. テニス メンタル
  1. サーブ

    安定感のあるスピンサーブを身に付けたいなら、「ボールを捉えてから手のひらを外側に…
  2. テニス ストローク

    ストローク

    ストロークのスピン回転の基本は、早めのラケットヘッドダウンから
  3. テニス アイシング

    テニス知識

    ミズノ社製のアイスマットを使えば、夏場の厳しい試合も乗り越えられるはず
  4. テニス ボレー

    シングルス

    シングルスの試合で恥ずかしくない、「ネットプレーを入れて勝ち切る」実践アイデア5…
  5. テニス ストローク

    ストローク

    ストローク戦で相手のボールに押されていると感じるのは、「自分の打つ場所と打点がギ…
PAGE TOP