テニス 準備

戦術

リードしている相手だって、「実は苦しい」ことに気付けると、挽回の芽は見えてくる

テニスの試合、リードして、されての繰り返し。

つい、リードされたまま終盤を迎えると・・・「もうダメかな」と思いがち。

でも、それって実は勿体ない話なんですよ、実は。

だって、リードしている相手だって苦しいんですから。

皆さんも、自分がリードしている時のこと、思い出してみて下さいよ。

結構余裕無い、ことないですか?

 

リードしている相手だって、「実は苦しい」ことに気付けると、挽回の芽は見えてくる

 

1.リードしている選手だって、余裕は無い

私はいつも、こう考えるようにしています。

いや、実際は余裕・・・な相手もいるでしょうね。

そういう相手には、どっちみち勝てないでしょう。

どんな相手でも、「きっとリードしているけど、そんなに余裕は無いはず」と思って、見る、観察する。

すると、結構勝ち急いだり、試合を終わらせようとしていることに気付く。

そうなると、挽回の芽が見えてくる。

相手が、隙を見せてくれるんですよね、リードしていても。

意外と余裕無いんだな、と。

そう気づければ、折れそうなメンタルも持ち返してくれるでしょう。

 

2.試合を終わらせようとしてくる相手、を予測しよう

1セットマッチなら、5ゲーム目を取るともう「終わり」が見えてくる。

そこで普通の相手なら、試合を終わらせようと結構強引なショットが増えて来る、ような気がします。

こういう時には、まずしっかり粘ること。

少し下がって、自分から変なミスはしない。

相手に攻めさせる、くらいの意識で良いでしょう。

緊張して、ミスしてくれる可能性も高い。

勿体ないのは、アナタ自身が負けるプレッシャーに押されて、ミスしてしまうこと。

相手にだって、大きなプレッシャーはかかっている。

そう考えて、挽回のチャンスを常に狙っていきましょう。

 

3.苦しい相手には、とことん苦しんでもらおう

「勝てそうで勝てない」ことは、かなり苦しい状況。

テニスって、毎回ゲームは0-0からスタートする。

だからこそ、取れそうで取れない最後のゲーム、は絶対にリードしている相手にとって苦痛なんですよ。

こういうシチュエーション、どんどん繰り返して苦しんでもらいましょう。

競ったゲーム、30-30のような場面では絶対にリードしたい。

2.では粘る、と書きましたが、ゲーム内でリードしたり拮抗したときには、思い切った攻撃の作戦も大事ですよ。

手負いの熊、の怖さをしっかり相手に見せつけていきましょう。

 

4.死にぞこないの選手が、一番怖い

ちょっと言葉が悪いですが、テニス選手ってそういうモノ。

「もう、負けた・・・」と思っても、蘇る選手っていますからね。

死にぞこないの選手が蘇ると、強いですよ。

何せもう、諦めた試合ですからね、失うものは何もない。

だからこそ、相手も焦る。

「こいつ、諦めたんじゃなかったのかよ!」と思って、焦る。

アナタ自身、リードしている相手を客観視する。

負けているときでも、「さて、これから苦しんでもらおうかな・・・」という気持ち、大事にしてください。

挽回の芽、きっと見えて来ますから。

 

これも経験、なんですよね。

一回経験すれば、快感になるし挽回も現実的に考えられるようになる。

私も、2-5から挽回するのが楽しくて仕方ありません。

だって、自分がやられてきたことだから。

リードしている選手は、とっても苦しい。

そう気づければ、アナタはもう立派な粘り強いテニス選手です。

ピックアップ記事

  1. テニスのルールの基本を学びたい人にお勧めの書籍「テニスのルール 審判の基本」
  2. これからの暑い時期にあると便利な、「高速製氷機」とは?
  3. 晴雨兼用のビッグパラソルは、テニス選手なら欠かせないアイテム
  4. テニスに必要な筋力トレーニング、リストウェイトが効果的です
  5. 筋肉痛が毎回酷い人は、「フォームローラー」で身体の表面をほぐしてケアしよう

関連記事

  1. テニス チャンス

    戦術

    成功を掴む人は、いつだって初回、初級、に勝負をかけている

    みなさんに、ぜひ意識して欲しいこと。それは、チャンスを逃してい…

  2. テニス メンタル

    戦術

    「自分たちのテニスをする」って、何種類持ってますか?

    昨日決勝戦を行った全国高校サッカー選手権大会。青森山田高校の強…

  3. テニス リターン

    戦術

    テニス選手の中で、「武器を活かせる選手とそうでない選手」の違いはどこにあるのか?

    テニス選手にも、同じ環境でもスピードの違いに差が出るのが面白いところ。…

  4. テニス 不安

    戦術

    試合に勝てる選手になるのに必要な一つ前の段階、それは「負けにくい選手」になることです

    試合に出て悔しい想いをするたびに、「勝てる選手」になりたい、と誰もが思…

  5. テニス メンタル

    戦術

    ピンチでコースを張って逆を突かれたら、全力でウォッチ&ジャッジを

    私たちの試合は、ほとんどがセルフジャッジ。その中で、結構多いミ…

  6. 戦術

    真剣勝負の現場では、ボディに打つし、打たれるのが日常茶飯事

    野球の試合を観ていると、たまにこんなシーンありませんか?デッド…

特集記事

  1. テニス メンタル
  1. テニス シングルス

    シングルス

    シングルスの練習こそ、チームで取り組むから成果が出る
  2. テニス ボレー

    ダブルス

    並行陣が難しいと感じる人は、ミニ雁行陣だと思えば良い
  3. テニス メンタル

    その他

    人に何かを伝えたいなら、「違う言葉での表現力」が求められる
  4. ボレー

    ネットに詰めてアングルボレーは、ボールを横からビンタする感じ
  5. テニス リターン

    メンタル

    出る杭を伸ばすチームと、自分自身の心を
PAGE TOP