リターン

余裕が無い時のリターン、意識したい5つのポイント

相手のサーブが速い、コースも良い。

そんな余裕が無いときに、どうやってブレイクの足掛かりを作っていくのか。

このポイント、しっかり真剣に考えておかないと、3回戦以上を勝ち抜くことは難しいでしょう。

女性の試合でも、速いサーブは来るもの。

余裕が無い時に、自分でどんなリターンが出来るのかを考えておきましょう。

 

余裕が無い時のリターン、意識したい5つのポイント

 

1.ケアするコースを絞る

相手の速いサーブは、どこに入るのか。

基本は、センターにしか速いサーブは入り辛いのがテニスです。

ワイドなら、回転系のサーブが増える。

相手によって、速いサーブが入るコースには特徴があるはず。

まず、その速いサーブがよく入るコースをケアして、つぶしておきましょう。

相手の打つ前に動いても良い、とにかく先回り。

触れる場所で待つこと、がリターンの基本です。

 

2.ボレーのグリップでスライスリターン

これも、速いサーブへの対応策の基本。

しっかり、ボレーの感覚で相手のサーブをまずは触って返す。

ロブでも良い、とにかく、振ってしまう癖をグリップから変えてみましょう。

スライスリターンなんて、ちょっとダサい・・・と思っている男性の方も多いと思いますが、まず返せないと自分に余裕が生まれない。

強引なリターンだけ、だと相手を楽にさせていくだけですよ。

 

3.テイクバックを小さくする

リターンが安定しない時には、テイクバックを小さくする。

私も試合では、「後ろを小さく!」と自分に声をかける。

そして、肘の位置が後ろにいかないように、しっかり意識する。

これだけで、かなりコンパクトなリターンになって、安定感が増すでしょう。

余裕が無いのに、自分で更に余裕を無くしてしまうのはテイクバックが大きいから。

相手のファーストサーブでは、本当に致命的な問題になりかねないのです。

 

4.相手前衛を、気にしない

ダブルスの試合では、相手の前衛も厄介な存在。

リターンで余裕が無いのに、更に相手の前衛までケアするとなると・・・難しいですよね。

まずは、気にしないこと。

相手前衛に触られてもOK、気にしないで、まずは相手コートに返さないと何も始まらないですから。

とにかく気にしないで、自分のリターンに集中する。

だんだん入るようになってきてから、相手の前衛対策は練っていきましょう。

 

5.リターン後のパターンを決めておく

リターンに余裕が無い時には、あえてこれを大事にして欲しい。

「リターンの後、どうするのか?」を決めておく。

これが決まっていないから、リターンの余裕も無くなっていくんです。

返すのが精いっぱいだったら、何とか返球して下がる、のでも良いと思います。

リターンから思いきって前に出る、のも有りでしょう。

リターンに集中する為にも、しっかりその後の流れを確認しておくこと。

これが、アナタ自身の余裕にもつながっていくはずです。

 

リターンで余裕が無い人は、なかなか試合でもリズムに乗れない。

相手のサーブが良いと、焦りも生まれて来ますからね。

でも、そういう相手を倒してこそ、のテニスですから。

ぜひ、たくさんの手立てを持って試合の臨みましょう。

ピックアップ記事

  1. テニスの試合、急な怪我でも安心!準備しておきたい応急処置グッズ5つ
  2. 飲んだらコンパクトに!パックアップボトルを持って試合に出かけよう
  3. 真夏のテニスの試合に必要な、熱中症対策のマストアイテム5つ
  4. テニスの試合に強くなりたい人が読んで欲しい漫画、「アルキメデスの大戦」
  5. 「最近使い始めた、ホワイトボードみたいなのって何ですか?」のご質問

関連記事

  1. テニス メンタル

    リターン

    ダブルスのリターンをストレートに打つ、ときこそ身体の開きを抑えよう

    リターンのとき、どんなときにミスが増えるのか・・・といえば、やはり身体…

  2. テニス ロブ

    リターン

    下がってリターンすれば、大きく打てるメリットもある

    リターンの基本は、前に踏み込むこと。でも、全仏オープンの試合を…

  3. テニス 客観視

    リターン

    ダブルスの試合では、「相手がクロスにしかリターン出来ない場面」を考えよう

    ダブルスの試合、いかに前衛が動くのか・・・は大事。何度も書いて…

  4. テニス リターン

    リターン

    ポイントを50-50でスタートする、ことをリターンの合格点に設定してみよう

    相手のサーブが強力で、なかなかリターンからの展開がイメージ出来ない。…

  5. テニス リターン

    リターン

    ビッグサーバーを崩すには、まず「ブレイクポイントを作る」ことから始まる

    サーブが強力な相手に、どう戦うのか。なかなかチャンスを作れない…

  6. テニス サーブ

    リターン

    威力が無い羽子板サーブは、ドロップショット扱いでリターンすれば楽に攻撃出来る!

    リターンで攻撃したい、でも相手のサーブが・・・遅いしよく分からない回転…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス メンタル

    日々の雑記

    「自分はテニス初心者で、申し訳無い」なんて思ってるのは、日本人だけかも
  2. テニス ストローク

    フットワーク

    「かかとから踏みこもう」苦手なテニスのショットも、下半身が使えるようになると変わ…
  3. テニス 練習

    練習メニュー

    部活でのラリー練習が、「ミスばかりで全く続かない」チームが意識すべきこととは?
  4. テニス ストローク

    フットワーク

    アナタが試合で勝てないのは、「時間を稼ぐショット」を使えないだけかも知れない
  5. テニス メンタル

    ストローク

    「高めのバックハンド」の対策が無いと、テニスの試合でのストローク戦は戦えない
PAGE TOP