リターン

余裕が無い時のリターン、意識したい5つのポイント

相手のサーブが速い、コースも良い。

そんな余裕が無いときに、どうやってブレイクの足掛かりを作っていくのか。

このポイント、しっかり真剣に考えておかないと、3回戦以上を勝ち抜くことは難しいでしょう。

女性の試合でも、速いサーブは来るもの。

余裕が無い時に、自分でどんなリターンが出来るのかを考えておきましょう。

 

余裕が無い時のリターン、意識したい5つのポイント

 


 

1.ケアするコースを絞る

相手の速いサーブは、どこに入るのか。

基本は、センターにしか速いサーブは入り辛いのがテニスです。

ワイドなら、回転系のサーブが増える。

相手によって、速いサーブが入るコースには特徴があるはず。

まず、その速いサーブがよく入るコースをケアして、つぶしておきましょう。

相手の打つ前に動いても良い、とにかく先回り。

触れる場所で待つこと、がリターンの基本です。

 

2.ボレーのグリップでスライスリターン

これも、速いサーブへの対応策の基本。

しっかり、ボレーの感覚で相手のサーブをまずは触って返す。

ロブでも良い、とにかく、振ってしまう癖をグリップから変えてみましょう。

スライスリターンなんて、ちょっとダサい・・・と思っている男性の方も多いと思いますが、まず返せないと自分に余裕が生まれない。

強引なリターンだけ、だと相手を楽にさせていくだけですよ。

 

3.テイクバックを小さくする

リターンが安定しない時には、テイクバックを小さくする。

私も試合では、「後ろを小さく!」と自分に声をかける。

そして、肘の位置が後ろにいかないように、しっかり意識する。

これだけで、かなりコンパクトなリターンになって、安定感が増すでしょう。

余裕が無いのに、自分で更に余裕を無くしてしまうのはテイクバックが大きいから。

相手のファーストサーブでは、本当に致命的な問題になりかねないのです。

 

4.相手前衛を、気にしない

ダブルスの試合では、相手の前衛も厄介な存在。

リターンで余裕が無いのに、更に相手の前衛までケアするとなると・・・難しいですよね。

まずは、気にしないこと。

相手前衛に触られてもOK、気にしないで、まずは相手コートに返さないと何も始まらないですから。

とにかく気にしないで、自分のリターンに集中する。

だんだん入るようになってきてから、相手の前衛対策は練っていきましょう。

 

5.リターン後のパターンを決めておく

リターンに余裕が無い時には、あえてこれを大事にして欲しい。

「リターンの後、どうするのか?」を決めておく。

これが決まっていないから、リターンの余裕も無くなっていくんです。

返すのが精いっぱいだったら、何とか返球して下がる、のでも良いと思います。

リターンから思いきって前に出る、のも有りでしょう。

リターンに集中する為にも、しっかりその後の流れを確認しておくこと。

これが、アナタ自身の余裕にもつながっていくはずです。

 

リターンで余裕が無い人は、なかなか試合でもリズムに乗れない。

相手のサーブが良いと、焦りも生まれて来ますからね。

でも、そういう相手を倒してこそ、のテニスですから。

ぜひ、たくさんの手立てを持って試合の臨みましょう。

ピックアップ記事

  1. 多動力こそ、これからの時代のテニス選手に必要だと思う
  2. 会社にも持っていける、社会人にオススメのラケットバッグ
  3. テニスの試合で勝ちたい男子選手に、オススメのゲームウェア
  4. フットワークを磨きたい!なら、足指トレーニングは欠かせない
  5. 筋肉痛が毎回酷い人は、「フォームローラー」で身体の表面をほぐしてケアしよう

関連記事

  1. テニス サーブ

    リターン

    相手のサーブは、いわゆる球出しです

    リターンでどうしても、調子が上がらない時。こういう発想を持てる…

  2. テニス リターン

    リターン

    ビッグサーバーを崩すには、まず「ブレイクポイントを作る」ことから始まる

    サーブが強力な相手に、どう戦うのか。なかなかチャンスを作れない…

  3. テニス ストローク

    リターン

    リターンが安定しない人が、簡単に改善出来る方法とは?

    リターンが難しいと感じている人。回転も読めないし、コースも読め…

  4. テニス ストローク

    リターン

    ハッキリとリターンの立ち位置を変えると、メンタルまで変わる

    リターンで攻撃的にいきたい。錦織選手の試合を観ていると、本当に…

  5. テニス ストローク
  6. テニス メンタル

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス メンタル
  1. テニス ボレー

    ロブ

    ミックスダブルスの試合に勝てるペアの、ロブの使い方はココが違う!
  2. テニス Q&A

    戦術

    テニスの試合での「いやらしいプレー」は、ボールを打っていない間に起きている
  3. テニス セルフジャッジ

    その他

    セルフジャッジの試合では、「相手に聞こえる声でコールする」のが基本ルールです
  4. ボレー

    ネットプレーって、要は相手に選択を迫る行為
  5. テニス ボレー

    ボレー

    ネットに出てストロークを沈められるのが嫌なら、「ネットにベタ詰め」を一度経験して…
PAGE TOP