リターン

余裕が無い時のリターン、意識したい5つのポイント

相手のサーブが速い、コースも良い。

そんな余裕が無いときに、どうやってブレイクの足掛かりを作っていくのか。

このポイント、しっかり真剣に考えておかないと、3回戦以上を勝ち抜くことは難しいでしょう。

女性の試合でも、速いサーブは来るもの。

余裕が無い時に、自分でどんなリターンが出来るのかを考えておきましょう。

 

余裕が無い時のリターン、意識したい5つのポイント

 


 

1.ケアするコースを絞る

相手の速いサーブは、どこに入るのか。

基本は、センターにしか速いサーブは入り辛いのがテニスです。

ワイドなら、回転系のサーブが増える。

相手によって、速いサーブが入るコースには特徴があるはず。

まず、その速いサーブがよく入るコースをケアして、つぶしておきましょう。

相手の打つ前に動いても良い、とにかく先回り。

触れる場所で待つこと、がリターンの基本です。

 

2.ボレーのグリップでスライスリターン

これも、速いサーブへの対応策の基本。

しっかり、ボレーの感覚で相手のサーブをまずは触って返す。

ロブでも良い、とにかく、振ってしまう癖をグリップから変えてみましょう。

スライスリターンなんて、ちょっとダサい・・・と思っている男性の方も多いと思いますが、まず返せないと自分に余裕が生まれない。

強引なリターンだけ、だと相手を楽にさせていくだけですよ。

 

3.テイクバックを小さくする

リターンが安定しない時には、テイクバックを小さくする。

私も試合では、「後ろを小さく!」と自分に声をかける。

そして、肘の位置が後ろにいかないように、しっかり意識する。

これだけで、かなりコンパクトなリターンになって、安定感が増すでしょう。

余裕が無いのに、自分で更に余裕を無くしてしまうのはテイクバックが大きいから。

相手のファーストサーブでは、本当に致命的な問題になりかねないのです。

 

4.相手前衛を、気にしない

ダブルスの試合では、相手の前衛も厄介な存在。

リターンで余裕が無いのに、更に相手の前衛までケアするとなると・・・難しいですよね。

まずは、気にしないこと。

相手前衛に触られてもOK、気にしないで、まずは相手コートに返さないと何も始まらないですから。

とにかく気にしないで、自分のリターンに集中する。

だんだん入るようになってきてから、相手の前衛対策は練っていきましょう。

 

5.リターン後のパターンを決めておく

リターンに余裕が無い時には、あえてこれを大事にして欲しい。

「リターンの後、どうするのか?」を決めておく。

これが決まっていないから、リターンの余裕も無くなっていくんです。

返すのが精いっぱいだったら、何とか返球して下がる、のでも良いと思います。

リターンから思いきって前に出る、のも有りでしょう。

リターンに集中する為にも、しっかりその後の流れを確認しておくこと。

これが、アナタ自身の余裕にもつながっていくはずです。

 

リターンで余裕が無い人は、なかなか試合でもリズムに乗れない。

相手のサーブが良いと、焦りも生まれて来ますからね。

でも、そういう相手を倒してこそ、のテニスですから。

ぜひ、たくさんの手立てを持って試合の臨みましょう。

ピックアップ記事

  1. 素振りでパワーアップを図るなら、「バナナウェイト」を使ってみよう
  2. 「プリンス キャスター付きボールカゴ」が、やっぱり一番使いやすい
  3. テニスの合宿・遠征に大活躍なのは、消臭ランドリーバッグ
  4. 塗り直し不要で、男性にもお勧めの日焼け止め 「ビオレUV アクアリッチ」
  5. テニス選手に必要なトレーニングは、「重り付き」縄跳びでしっかり身に付く

関連記事

  1. テニス リターン

    リターン

    リターンミスが多い人は、〇〇だけ意識しよう

    リターンが安定しない人は、フットワークがちょっとおかしい。普通…

  2. テニス ロブ

    リターン

    テニスのダブルスの試合で必要な、「リターンをシンプルにストレート方向へ流す」ためのコツ4つ

    ダブルスの試合では、上のレベルになればなるほど、前衛のポーチが激しくな…

  3. テニス サーブ

    リターン

    左利きの鋭く曲がるサーブは、とにかく「前」で触ることに集中しよう

    スライスサーブに関しては、右利き相手でも同じですが・・・これが基本。…

  4. テニス リターン
  5. リターン

    「レシーブ構えている時」に意識したいテニスの試合で使える相手への印象付けテクニック

    サーブとレシーブ。これはテニスの試合の中で一番大事な場面だ。…

  6. テニス 準備

    リターン

    サーブの調子が良い相手には、遠慮なくロブリターンを

    試合で勝ち上がっていくと、相手のサーブはどんどん強力になる。ブ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス スライス

    ストローク

    チャンスと思ってスピンやフラットで打ち込むの、スライスに変えてみない?
  2. テニス サーブ

    サーブ

    サーブこそ、最近の自分を動画で見ておかないといけないショット
  3. テニス ダブルス

    戦術

    大一番でこそ、理想を捨てる勇気を
  4. テニス メンタル

    練習メニュー

    練習から、「負けたまま」で終わる癖を付けないようにすることが大事
  5. テニス 戦術

    戦術

    テニスの試合で、「相手の得意パターンにはまらない」為に必要な意識4つ
PAGE TOP