ストローク

エグいスライスは、腕の振りを〇〇で!

試合で相手を追い込む、鋭いスライスを打ちたい。

エグいスライスを打ちたいなら、ちょっとしたコツがあります。

これ、もしかしたらやると基本と違う、ちょっとコーチからは怒られてしまうような類のモノ、かもしれません。

でも、実際に強い人は使っているコツ。

ただし、習得には少し時間がかかります。

長い目で見て、育てていって欲しいテクニックです。

 
 

腕の振りを、速くする

これ、大事です。

スライスですから、少しだけ上から下に、フォロースルーは前に出していくようなフォームで打つと思います。

その腕の振り、を速くしてみる。

特に、ボールに当たる前、しっかり加速させてからボールに当てたいんです。

ゆったり当てる、という方もいるでしょうが、これだと鋭さが出ない。

短く鋭く切る、ようなイメージで、スライスを打ってみて下さい。



打点をブラさない為には、前足体重で

しっかり、鋭く振るには下半身が固まっていないとダメ。

下半身を固定して、しっかり振りに鋭さを出しましょう。

打点をブラさない、という強い意識が大事です。

前足体重で、ボールがラケットに当たる少し前から一気に加速する。

ここでボールにしっかりと回転をかける。

スライス回転、回転量が多い中で前に押し出していけると、相手コートでも低く滑る良いスライスになるはずです。



力は要らない、必要なのはラケットの重さ

ラケットの重さ、を感じながらスライスを打つ。

これが出来れば、もうバッチリです。

当然、自分でも力を加えていきますが、ラケットの重さを重力を使いながら、しっかり感じることが大事です。

グリップを強く握ると、その重さって感じることが出来ないじゃないですか。

力は要りません、ですから女性でもコツさえ掴めば楽にボールを飛ばせるでしょう。

両手バックハンドのスライスも、基本は一緒。

利き腕ではない方の腕、を意識して使えると最高ですね。



片手バックハンドスライスの方は、胸を張ってパワーアップ

片手でバックハンドスライス、を使う方はしっかり反対の腕も使いましょう。

後ろに引いて、胸を張るような感じでパワーを加える。

これも、ラケットを加速させる一つのサポートになりますね。

ラケットを振るんだけど、実際に利き腕の力ってそんなに使いません。

重力や、反対の腕の力、を使って打つイメージでOK。

もっとパワーが欲しい!余裕がある時には、しっかりと肩を入れて相手方向に背中を向けるようなイメージで打つのも良いでしょう。



お勧めの練習法

自分でボールを前にトスして、ワンバウンドでスライスを打ってみる。

この時に、低く鋭く球足が伸びていくのか、を確認しましょう。

打点の高さは、腰から膝くらいの高さで。

上からボールを抑える時に、しっかりラケットを速く振る、動かす。

上から下への動作ですから、鋭さが欲しいところ。

ぜひ、意識して練習してみて下さい。



スライスが変われば、試合は変わる。

攻めのスライスは、もっと大胆にラケットを振る速さを出して良い。

ちょっとした意識で、伸びのあるスライスは女性でも、シニアの方でも打てるようになります。

いつもよりも少し、速く振ってみて下さい。

「おぉ!」となるはずですよ。

ピックアップ記事

  1. テニス部・テニスサークルとして勝てる集団になりたいなら、「スコアシート」は欠かせ…
  2. 読者のみなさんへ、アンケートのお願いです
  3. 「最近使い始めた、ホワイトボードみたいなのって何ですか?」のご質問
  4. ヨネックスの新作ラケット、Vコアのハイスピンテクノロジーによる超高弾道は本物だっ…
  5. 男子シングルスの試合を戦い抜くなら、大量発汗にも耐えうるタオルチョイスを

関連記事

  1. テニス ストローク

    ストローク

    引っ張るようなストロークでは、いつまでもクロス方向へ打てない

    クロス方向への、ストローク。これってシングルスでもダブルスでも…

  2. テニス ボレー
  3. テニス フットワーク

    ストローク

    重たいスライスの返球に、必要なアイデア4つ

    重たいスライス。テニスの試合で、これほど厄介なモノは無いでしょ…

  4. ストローク

    錦織選手のような、「空中で止まって見える」トップスピンロブを打つ為に必要な4つのポイント

    最近のプロテニス界で、改めて注目されているショットの一つに「トップスピ…

  5. テニス ストローク

    ストローク

    テニスではストロークもボレーも「後ろから力で、勢いを付けよう」とすると上手くいかない

    テニスを始めた当初、皆さん「ホームラン」に悩まされませんでしたか?…

  6. テニス スライス

    ストローク

    「スライス限定で試合をしないといけない」と考えると、テニスの幅がグッと拡がります

    スライスを覚えたいけど、どうしてもスピンに頼ってしまう。そんな…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス 気付き
  1. テニス メンタル

    メンタル

    試合で落ち込むレベル、は確実に上がっているはず
  2. テニス ストローク

    フットワーク

    シングルスの試合では、毎回コートの真ん中に戻り過ぎても疲れるだけ
  3. テニス 準備

    日々の雑記

    感動出来る、という素敵な才能
  4. テニス メンタル

    ストローク

    テニスの試合で力が入ってミスばかり・・・の人は、ポイント奪取の考え方を変えましょ…
  5. ダブルス

    ダブルスの試合、サーブがめちゃくちゃ速い相手への作戦について
PAGE TOP