テニス ボレー

ストローク

鋭いスライスって、どうやって打つ?

鋭いスライスが、武器の選手。

これは、ベテランやシニアのプレイヤーのみなさんなら、ピンと来るはず。

ほぼフラットのような鋭い当たりで、スライスで攻めて来るような相手は、実際草トーでも多い。

どうやって打つのか、みなさんもきっとコツさえ掴めば難しくないはずです。

 

鋭いスライスって、どうやって打つ?

 


 

1.意識したいのは、フォロースルー

ラケットでボールを当てて、そこからどうするのか。

ここで、意識したいフォロースルーは、「短め」ということ。

鋭いボレーを打ちたいなら、前に押し出す感じではありません。

パン!と弾いて、終わる感じ。

フォロースルーは、短くても良い、インパクトに集中することが大事です。

短く、ただしその一瞬はしっかりラケットを握って上から下にボールを押さえる。

この感覚、をしっかり養っていきましょう。

 

2.発射角度は、地面と並行に

正直、テニスってネットするのが怖いじゃないですか。

この恐怖心があると、どうしても軌道を上に持ち上げたくなります。

スライスも、そうです。

でも、これをやってしまうと、鋭さは出ない。

イメージしたい軌道は、地面とほぼ並行。

このままいくとネットスレスレ・・・くらいな感じで、ちょうど良いんです。

打点が低くても、ネットの白い部分を狙う感じ。

上に打ち上げたい気持ちを、グッとこらえましょう。

短いフォロースルーで、弾き出す。

その軌道を、しっかり自分の中で意識することが大事です。

 

3.ボールの下は打たない、後ろを打つ

2.を実行する為には、ボールのどこを打つのかが大事。

ほとんどの人が、ボールの下をこするようなスライス、になってしまうから鋭さが出ない。

ボールの下を打っているうちは、スライスで攻撃は出来ません。

ボールの後ろを打って、押し出していく。

そのために、どういうグリップなら良いのか。

これを真剣に考えていくことが大事、です。

下にラケットを入れてしまうのは、アナタ自身の恐怖心の問題です。

 



 

4.「スライスを武器にする」という意志を持とう

みなさんが、これから戦っていくうえで大事な武器になるショット。

それは、間違いなくスライスです。

粘りのショット?それは、粘りにも使えるというだけ、です。

良いスライス、鋭いスライスを打てば、相手は脅威ですよ。

バウンドしないで低く滑るスライス、これを生み出すフォロースルー、ラケットワークを一緒に練習していきましょう。

軌道のイメージさえ身に付ければ、あとはそれに近付けるように練習していくのみ、です。

 

5.お勧めの練習法

まず、フラットの打ち方、から入りましょう。

最初からスライス、ではなく最初はフラット気味にラケットでボールを打ってみる。

それを、徐々にスライスに変えていくように、ラリーしてみて下さい。

ボールの後ろを捕らえて、短いフォロースルーで打つスライスは、ほぼフラットに近い感じなんですよね。

普段のストロークラリーの中で、スピンだけでなくフラットも打ってみる。

そこから、スライスに調整していけると良いでしょう!

 

軌道を低く、最初はネットしてもOK。

山なりなスライス、をどこかで脱却する強い意志を持ちましょう。

フラット気味の当たりから入ると、鋭いスライスは身に付きやすいです。

ぜひ、意識してみて下さい!

ピックアップ記事

  1. 何度でも消して使える、ウェアラブルメモはテニスでも使えそう
  2. 都内でラケットバッグを持ち歩くのは辛い!人は、「ecbo cloak」でラケバを…
  3. これからの暑い時期にあると便利な、「高速製氷機」とは?
  4. ベイビーステップ 46巻 は、シングルスの試合の駆け引きの描写が秀逸
  5. 汗でグリップが滑りやすい人は、「Prince Grip Plus」がオススメ

関連記事

  1. ストローク

    ネットプレイヤーに対して、ロブ頼みを卒業しないと

    毎年、大事な大会で3回戦止まり。来年こそは、この壁を打破した…

  2. ストローク

    テニスの試合で、「コントロール良くストロークを打ち続ける」為に必要なターゲット意識とは?

    テニスの試合でコントロールが良い人、絶対に強い。うらやましいく…

  3. テニス メンタル

    ストローク

    将来テニスコーチを目指す人は、片手バックハンドをしっかり使えるようになろう!

    最近頂いたご質問の中で、「大学生になったらテニスコーチのアルバイトをし…

  4. テニス コート

    ストローク

    「ラリーをつなぐことが楽しい!」レベルを卒業したら、テニスはもっと楽しくなる!

    テニスを始めて半年、くらいの方はまず、ラリーがつながることから楽しさを…

  5. テニス メンタル

    ストローク

    「実はこれが究極のショット」テニスの試合の勝敗は、バウンド後の軌道が肝!

    テニスの試合が始まると、相手を観察しないといけない。どういう攻…

  6. ストローク

    スライスが苦手な人は、「ボールが当たる場所、解放していく」場所を作ってみよう

    スライス回転、ストロークでしっかりかかっていますか?「俺はスピ…

特集記事

  1. テニス 部活

    戦術

    相手も自分も調子が良い、なんてテニスの試合は年に数回くらいなはず
  2. テニス メンタル

    スマッシュ

    「ベースラインからのグランドスマッシュ」は、しっかり練習しておかないと試合で恥ず…
  3. テニス メンタル

    その他

    テニス部を「引退」していく学生の皆さんに、私から伝えたいメッセージ
  4. ストローク

    シングルスの試合で基本となる、サーブからのバックハンド狙いの展開
  5. テニス 練習

    水分補給

    「まだまだ暑くなる夏に向けて、さぁ準備」しっかり準備対策を取れば、熱中症は防げる…
PAGE TOP