テニス ボレー

ストローク

鋭いスライスって、どうやって打つ?

鋭いスライスが、武器の選手。

これは、ベテランやシニアのプレイヤーのみなさんなら、ピンと来るはず。

ほぼフラットのような鋭い当たりで、スライスで攻めて来るような相手は、実際草トーでも多い。

どうやって打つのか、みなさんもきっとコツさえ掴めば難しくないはずです。

 

鋭いスライスって、どうやって打つ?

 


 

1.意識したいのは、フォロースルー

ラケットでボールを当てて、そこからどうするのか。

ここで、意識したいフォロースルーは、「短め」ということ。

鋭いボレーを打ちたいなら、前に押し出す感じではありません。

パン!と弾いて、終わる感じ。

フォロースルーは、短くても良い、インパクトに集中することが大事です。

短く、ただしその一瞬はしっかりラケットを握って上から下にボールを押さえる。

この感覚、をしっかり養っていきましょう。

 

2.発射角度は、地面と並行に

正直、テニスってネットするのが怖いじゃないですか。

この恐怖心があると、どうしても軌道を上に持ち上げたくなります。

スライスも、そうです。

でも、これをやってしまうと、鋭さは出ない。

イメージしたい軌道は、地面とほぼ並行。

このままいくとネットスレスレ・・・くらいな感じで、ちょうど良いんです。

打点が低くても、ネットの白い部分を狙う感じ。

上に打ち上げたい気持ちを、グッとこらえましょう。

短いフォロースルーで、弾き出す。

その軌道を、しっかり自分の中で意識することが大事です。

 

3.ボールの下は打たない、後ろを打つ

2.を実行する為には、ボールのどこを打つのかが大事。

ほとんどの人が、ボールの下をこするようなスライス、になってしまうから鋭さが出ない。

ボールの下を打っているうちは、スライスで攻撃は出来ません。

ボールの後ろを打って、押し出していく。

そのために、どういうグリップなら良いのか。

これを真剣に考えていくことが大事、です。

下にラケットを入れてしまうのは、アナタ自身の恐怖心の問題です。

 



 

4.「スライスを武器にする」という意志を持とう

みなさんが、これから戦っていくうえで大事な武器になるショット。

それは、間違いなくスライスです。

粘りのショット?それは、粘りにも使えるというだけ、です。

良いスライス、鋭いスライスを打てば、相手は脅威ですよ。

バウンドしないで低く滑るスライス、これを生み出すフォロースルー、ラケットワークを一緒に練習していきましょう。

軌道のイメージさえ身に付ければ、あとはそれに近付けるように練習していくのみ、です。

 

5.お勧めの練習法

まず、フラットの打ち方、から入りましょう。

最初からスライス、ではなく最初はフラット気味にラケットでボールを打ってみる。

それを、徐々にスライスに変えていくように、ラリーしてみて下さい。

ボールの後ろを捕らえて、短いフォロースルーで打つスライスは、ほぼフラットに近い感じなんですよね。

普段のストロークラリーの中で、スピンだけでなくフラットも打ってみる。

そこから、スライスに調整していけると良いでしょう!

 

軌道を低く、最初はネットしてもOK。

山なりなスライス、をどこかで脱却する強い意志を持ちましょう。

フラット気味の当たりから入ると、鋭いスライスは身に付きやすいです。

ぜひ、意識してみて下さい!

ピックアップ記事

  1. 「HEADのボールって、実際どうなの?」の質問にお答えします
  2. テニス選手の筋肉に必要なプロテインは、ささみプロテインバーでの補給が最適
  3. 【読者の皆さまへ】アンケートのお願いです
  4. フットワークを磨きたい!なら、足指トレーニングは欠かせない
  5. テニスの試合に強くなりたい人が読んで欲しい漫画、「アルキメデスの大戦」

関連記事

  1. テニス ストローク

    ストローク

    ストロークに力強い伸びが欲しい人は、アレを止めてみよう

    自分のストロークに、「力強い伸び」が足りないと感じている人。た…

  2. ストローク

    「あなたは好きな打点を選べますか?」試合でとっさにコースを変えるテニスの技術、磨きましょう

    20代前半の若かりし頃、俺は超ハードヒッターだった。上手くなり…

  3. ストローク

    低く浅い球をスピンで持ち上げるより、そのままスライスで前へ押し出そう

    アプローチショット、と肩に力を入れる必要はありません。しっかり…

  4. テニス フットワーク

    ストローク

    低い打点のストロークのミスが多い人は、「伸び上がって頭がグラグラ」になっている人が多い

    低い打点のストローク、難しいですよね。特に身長が高い人、身体が…

  5. テニス ストローク

    ストローク

    テニスの試合で「回り込みフォアハンド」を活かす為に意識したい5つのポイント

    現代のテニスで大きな武器の一つが、回り込んでのフォアハンド。錦…

  6. テニス ストローク

    ストローク

    攻撃的なストロークの基本となる、バックハンド側に高く弾むボールを身に付けるコツとは?

    相手のバックハンドストローク、の高い打点は弱点である可能性が高い。…

特集記事

  1. テニス ボレー

    ボレー

    試合の緊張した場面では、「勝負はあくまでネットプレー」で!
  2. テニス メンタル

    戦術

    テニスの試合、「弱い側から動く」ことが出来ないから勝てないんです
  3. テニス ポジショニング

    スマッシュ

    「この練習、意味あるの?」テニスのスマッシュ練習でネットタッチを入れる意味は?
  4. テニス ダブルス

    テニススクール

    テニススクールで「これがカッコイイ!」と思われる仕草5つ
  5. テニス メンタル

    メンタル

    試合でリードしているときに新しいことをする、から成功体験を積める
PAGE TOP