テニス サーブ

サーブ

サーブに頼る者、サーブに泣いて負けていく

1ゲーム目から、ものすごいサーブを打ち込まれる。

そうなると、戦う気力も失せていく・・・こと、ありますよね。

でも、大丈夫です。

そういう相手ほど、テニスの試合では絶対に崩しやすいのですから。

 

サーブに頼る者、サーブに泣いて負けていく

 


 

1.ビッグサーバー、ビッグフォアハンド、全く怖く無いその理由とは?

皆さんも、対戦した経験はあるはずです。

一発の強力なショットを持っている人は、確かに怖い。

でも、そのショットは「決まったコース」しか飛んで来ないはず。

凄いショットを打ち分けられるなら、とっくにその選手はもっと上のステージにいるはず。

特定のコースにしか打てないのなら、凄いショットではない。

思い切って、山を張りましょう。

そして、なぜ一発のショットに頼る選手が怖く無いのかといえば・・・。

 

2.その凄いショットに、甘えているから

ビッグサーバー、凄いショットを持っている選手は、何も考えていない。

だって、考える必要無いですからね。

力でねじ伏せる、自分が打って返球出来る相手が少ないうちは、考えなくても勝てる。

だからこそ、弱点になっていくんです。

自分のショットに甘え、駆け引きや緩急が使えない相手は、怖く無い。

淡泊なテニスしか出来ない選手には、さっさと敗退してもらいましょう。

 

3.「自分の最高のショット」が返球されてからが、勝負

こういう美意識の高い選手は、自分の最高のショットにこだわりが強い。

「これが返球されたら、もう今日は俺の負けで良いよ・・・」と思っている。

本当、情けないですよね。

どれだけのショットを持っているつもりなのか、知りませんが。

最高のショット、って自分で思っているだけなのに、気付いていない。

確かに速いサーブやショットは武器になりますが、それに頼っていると、そのショットに泣いて負けていく。

アナタにはそうなって欲しくないんです。

 

考えなくなる、というのはとても怖い。

もし、アナタがチームのトップの実力、だったらその可能性がある。

「何も考えないでも、勝てる相手」と試合をしていても、何の経験値も積めない。

このことだけは、心に留めておいて下さい。

ピックアップ記事

  1. テニス部・テニスサークルとして勝てる集団になりたいなら、「スコアシート」は欠かせ…
  2. テニスラケット ピュアドライブの新作は、「攻撃的な大人のテニス」に最高の武器にな…
  3. 【出張企画やります!】関西在住のみなさんへ
  4. テニスの試合で勝ちたい男子選手に、オススメのゲームウェア
  5. テニスのフットワークを支える足元の秘密は、スーパーフィートのインソール

関連記事

  1. テニス サーブ

    サーブ

    シングルスの試合でのサーブ&ボレーに、ファーストサーブは要らない

    シングルスのサーブ&ボレー、皆さん実践出来てますか?すごく時代…

  2. テニス ガット

    サーブ

    試合で良いサーブを打った後に、「次の攻撃に備えてグリップチョイス」が出来てますか?

    サーブからの攻撃、3球目でしっかりポイントが獲れる・・・。これ…

  3. サーブ

    勝負所での、ワイドのサーブが効く!

    みなさんは、「勝負どころでのサーブ」を持ってますか?サーブの力…

  4. サーブ

    ポジションに着く前に、トスアップ練習を

    サーブのトスアップの重要性。これを感じている人は、本当に試合に…

  5. テニス サーブ

    サーブ

    【保存版】テニスの試合でのセカンドサーブに悩む方へ贈る人気のTOP7記事

    テニスの試合、やってて辛いのがダブルフォルト。セカンドサーブを…

  6. テニス メンタル

    サーブ

    「遅くても良いからコースをしっかり狙えるテニスのサーブ」を身に付ける5つのポイント

    トーナメントに出て試合をしている皆さんの中には、「速いサーブ」よりも「…

特集記事

  1. 戦術

    大事な試合に、どう臨むのか?
  2. テニス 練習

    テニス知識

    テニスの試合、大会に必要な危機管理項目7つ
  3. テニス メンタル

    メンタル

    誰かのアドバイスを耳で聞くのか、心で聴くのかでは、天と地ほどの差
  4. テニス ダブルス

    ダブルス

    ダブルスでチェンジプレー、失敗すると・・・?
  5. テニス チャンス

    練習メニュー

    「テニスの試合の現場で必要なもの」から優先して練習していけば、結果は自然について…
PAGE TOP